×CLOSE
CB400SS HONDA


ホンダの シングル400CC CB400SSです。
硬派なバイクが多いCBシリーズにおいてCB50並にナンパなバイクです。
SR400の対抗馬としてホンダが送り出したって聞いていたのですが、
乗っている感覚ではそういう印象を受けませんでした。
シングル、400CC、クラシカルでシンプルなスタイルと共通点は多いですが、

キャラクターは対照的で SRのような 気難しさはなく 反面、SR的な味わいは希薄です。
結局の所、対象ユーザーとしてみた場合、不便さも情緒として受け入れられる人はSR
現代的便利さを求める人はCB400SSだと思います。

エンジンは知らないうちに回っちゃうタイプで、そもそも回転域が4気筒より狭いこともありますが
どこでもスロットルを回せば軽くレッドゾーンまで吹き上がってしまいます。
ブレーキは前輪ディスクで後輪ドラム やはりディスクブレーキは扱いやすくて良いです。
反面リアのドラムはブレーキの感覚が掴みづらく、気を抜いているとロックしてしまいます。

燃費はシングルらしくとても良くて25km/l くらい走ります。
50CCの2stスクーターが大体30km/l なので燃費は殆ど原チャリ並です。

エンジンスタートはキックのみ
最初は大丈夫かな と思ったけど、オートデコンプが付いているので軽い力ですんなり回ります。
チョークの引き方含めてコツが要りますが、コツさえ掴んじゃえば女性でも乗りこなせそう。
そう言えば、車体も軽いです。詳しくはスペック表を見て貰うとして250ccバイクと比べても軽い方です。

足つきはシートが低く両足ぺったりなのですが、足置きのアームが干渉しちゃうのが気になりました。
ズボンの裾を引っかけてしまったりするとひやっとします。
あと、クラッチは軽いのですが、クラッチアームが遠いように思いました。
指を伸ばさないとクラッチが届かない・・
クラッチ自体はそんなに大きく動かさないと行けない訳じゃないので
単純にクラッチアームの形状の問題っぽいです。

 

CB400SS スペック

空冷4ストローク単機筒ピストン397cc、最高出力29ps/7000rpm、最大トルク3.2kg-m/5500rpm。全長2165mm、全幅780mm、全高1125mm、乾燥重量139kg 

オーナーコメント

マフラーがかなり静かです。
静かすぎて三速あたりから風切り音に負けてエンジン音がきこえなくなります。
振動で大体の回転数は分かるけれど、気を抜くとレッドゾーンに突っ込んでます。
もうちょっとまともに音が出るマフラーに変えるつもり

×CLOSE TOP