翻訳記事のみを表示しています。全てのジャンルを表示

≪古い  新しい≫ 最新 

即訳 GoogleI/O 申し込みページ

Google I/Oの抽選申し込みページが公開されました。
We\'re accepting applications until February 27th, 5PM PST.

2017/2/23

Google I/O 2016で発表される事三日目

Google I/O 2016で発表される事三日目
今年はI/Oが3日間行われます。去年までの2日間と比べ日付だけみると1.5倍ですが、同時セッション数も増えているのでセッション数の比較で言うと、いま発表されているだけでも3倍以上増えています。
全体的な特徴としてはAndroidが多いのは去年と同じながら、Progressive WebとFirebaseのセッションが増えていること。

2016/4/23

Google I/O 2016で発表される事 二日目

Google I/O 2016で発表されること二日目です。
今年は3daysになったこともあっててんこ盛り感がありますね
内容は5/6時点の内容です。

2016/4/23

Google I/O 2016で発表される事 初日

Google I/O 2016の暫定スケジュールが公開されました。
まだ流動的ですが、5/3時点でのヘッドラインを紹介します。
>Google I/O 2016で発表される事 初日

2016/4/23

開発者向けAndroid Nの情報 API概要

今月初めにAndroid Nの開発者プレビューが突然発表されました。
Androidの新バージョンについてはI/Oで発表されることが多く、
L、MとGoogleI/O時に発表されていたのでまさかこのタイミングでの発表があるとは驚きです。

2016/3/26

Google I/Oへの参加情報を訳してみました

Google I/Oへ参加するための情報を訳してみました。
今回は交通の便が悪いマウンテンビューでの開催のため、選択するホテルや移動手段について注意深く確認する必要があります。
内容については保証できませんので、正確なところは公式サイトを見てください。

2016/3/9

GoogleI/O 2016申し込みページの和訳

予告通りにGoogleI/Oの申し込みページが公開されました。
申し込みにあたってアンケートがたくさんあるので翻訳してみました。
内容については保証できませんので、正確なところは公式サイトを見てください。

2016/3/9

即訳 GoogleI/O 2016の公式サイトが公開されました。

GoogleI/O 2016の公式ページが解説されました。
急ぎ足で即訳してみました。
セッションの情報などはまだないのですが(例年も1ヶ月切るあたりで公開されているので4月後半に公開されるものと予想しています。)、参加申し込みについての概要とFAQが公開されています。

2016/3/2

Android6.0の新機能API

Android 6.0(M)はアプリ開発者とユーザーに新機能を提供します。
このドキュメントでは注目のAPI群について紹介します。

2015/10/13

既存アプリに影響するAndroid 6.0での変更点

Android6.0では多くのAPIに変更が加わりました。
もっとも大きな変更点はRuntime Permissionでしょうが、それ以外にも様々な変化が含まれています。
ここでは、既にAndroidアプリを公開している人向けに、既存のアプリにどのような影響が及ぶかについて説明されています。

2015/10/8

Google I/Oの申し込みページ和訳

Google I/Oの申し込みページが公開されました。
申し込み締め切りは20日 朝9時までです。
今回は割とアンケートが長い上に英語なので、ざっくり和訳してみました。

2015/3/18

Android5.1 API概要

原文
ひっそりとAndroid5.1がリリースされましたね。
AndroidはわりとVer0.1の更新幅が大きいのですが今回は不具合修正が主で新機能はそう多くはありません。

2015/3/11

Autoのためのメッセージ

原文
Android Auto向けのアプリを作る目次
Auto向けメッセージングを提供するテキストメッセージにより繋がり合い続けられることは多くのドライバーにとって重要です。

2014/12/24

Autoのためのオーディオ再生を提供する

Auto向けの音楽再生機能を提供する。
原文

2014/12/23

Autoを始める

原文
Android Auto向けのアプリを作る目次
Android AutoはAndroidプラットフォームを車の中まで広げます。ユーザーがAndroid5.0以上の携帯デバイスを互換性のある自動車に接続するとAutoは自動車のスクリーンに自動車に最適化されたAndroidエクスペリエンスのインターフェイスを提供します。ユーザーは互換性があるアプリやサービスと音声アクションと自動車の入力コントロール(タッチスクリーンやダッシュボードのボタンなど)を通じて対話できます。

2014/11/20

Android Auto向けのアプリを作る

Android AutoのAPIが公開されました。
ここではAndroid Trainingの情報を翻訳していきたいと思います。
Autoについては安全基準もあり出来ることは限られた状態でスタートするようです。

2014/11/20

Android 5.0 API概要

Android5.0のAPIについて正式な情報がアップされたため翻訳してみました
流石にメジャーバージョンアップだけあってAPIの変更は多岐に渡ります。
以前のL Developer Preview API 概要から更新された部分も多々あります。

2014/10/25

Android Lollipopの概要

GoogleI/Oで発表され「L」と呼称されていたAndroid5.0 Lollipopに関して、より詳しい情報が発表されました。
Android5.0は幅広いアップデートにより2011年のAndroid4.0以来実に3年ぶりとなるメジャーバージョンアップです。
Androidの場合メジャーバージョンはかなり慎重に行われており、従来で言えばマルチタッチを採用した2.0、タブレットに向けて幅広いUIの改良が行われた3.0、そしてそれのスマートフォンへのフィードバック版と言える4.0とユーザーに多大なインパクトを及ぼす場合のみにバージョンアップが行われました。

2014/10/20

Android Wearのためのスタイル

Android Wearのためのデザイン 目次
原文
Android Wear特有のデザインについて、いくつか熟考すべきことを紹介します。

2014/8/8

Android WearのUIパターン

Android Wearのためのデザイン 目次
原文
Android Wearは最小限な対話性で使われるために、ユーザーが既に慣れているデザインパターンに合わせることが大切です。

2014/8/7

Android Wearのアプリ構造

Android Wearのためのデザイン 目次
原文
ユーザーはアプリを起動するのにアイコンをタップしてきました。Android Wearでは異なります。典型的なWearアプリは状況に関連した瞬間にカードをストリームに加えます。それは下記のように高速で最低限の対話性のためにフルスクリーンビューを開くボタンを持っているかもしれません。(持たないことも出来ます)

2014/8/7

Android Wearのデザイン原則

Android Wearのためのデザイン 目次
原文
このデザイン原則ではAndroid Wearアプリのデザインを企画して評価する方法について、簡単な発見的教授法を紹介します。

2014/8/7

Android Wearの設計思想

Android Wearのためのデザイン 目次
原文
Android Wearデバイスは正しい情報を正しい時に渡すことで、ユーザーの仮想世界と現実世界をもっと関連をもたせる事ができるようにします。素晴らしいAndroid Wearの経験は

2014/8/7

Android Wearのためのデザイン 目次

原文
Android wearで動くウェアラブルデバイス用アプリの設計は電話やタブレット向けに設計するのとは大きく異なります。能力が異なり、利用形態が異なり、人間工学が異なります。デザインを開始する前に、Android Wearエクスペリエンスの全体的なビジョンとエクスペリエンスにフィットしてエクスペリエンスを改善できるアプリはどのようなものかを理解する必要があります。私達はあなた自身で使うことが出来るUIリソースのもととなるファイルもdownloadセッションで提供します。
Downloads

2014/8/7

データレイヤーイベントを取り扱う

ウェアラブル向けアプリを作る 目次
原文
データレイヤーを使って呼び出しをする時、完了時に呼び出しの状態を受け取ることが出来て、リスナーにより終了時のあらゆる変更を受け取ることも出来ます。

2014/8/6

メッセージの送信と受信

ウェアラブル向けアプリを作る 目次
原文
MessageApiを使用してメッセージを送り以下のアイテムをメッセージにアタッチする。

2014/8/6

Assetsを転送する

ウェアラブル向けアプリを作る 目次
原文
画像データのような大きなバイナリーのblobデータをBluetoothで転送するためにAssetをData itemにアタッチして replicated data storeにputします。

2014/8/5

Data itemを同期する

ウェアラブル向けアプリを作る 目次
原文
Data itemはシステムが携帯端末とウェアラブル間でデータを同期するときに使うインターフェイスを記載します。DataItemは通常以下のアイテムを含みます。

2014/8/5

ウェアラブルデータレイヤーにアクセスする

ウェアラブル向けアプリを作る 目次
原文

2014/8/5

データの送信と同期

ウェアラブル向けアプリを作る 目次
原文
ウェアラブルデータレイヤーAPIはGoogle Play serviceの一部で、携帯端末とウェアラブルアプリの通信チャンネルを提供します。APIはシステムが送ることが出来るデータオブジェクトのセットと、ワイヤー上での同期、データレイヤーで重要なイベントを通知するリスナーで構成されています。

2014/8/5

Bluetooth経由のデバッグ

ウェアラブル向けアプリを作る 目次
原文
開発マシンに接続された携帯端末からデバッグを出力するルーティングによりウェアラブルはBluetooth経由でデバッグが出来ます。

2014/8/5

パッケージングウェアラブルアプリ

ウェアラブル向けアプリを作る 目次
原文
ユーザーはウェアラブル上で直接アプリを見つけてインストール出来ないため、ユーザーに公開するにはウェアラブルアプリを携帯端末向けアプリの中にパッケージングする必要があります。正しくパッケージされていれば、ユーザーが携帯端末向けアプリをダウンロードした時にシステムは自動的にペアリングされたウェアラブル端末にウェアラブルアプリを送信します。

2014/8/5

音声入力の機能を追加する

ウェアラブル向けアプリを作る 目次
原文

2014/8/4

カスタムレイアウトの作成

ウェアラブル向けアプリを作る 目次
原文

2014/8/4

ウェアラブルアプリの作成と実行

ウェアラブル向けアプリを作る 目次
原文
ウェアラブルアプリはウェアラブルデバイス上で直接実行され、ウェアラブルのセンサーやActivity、Servicesなどの低レベルハードウェアにアクセスできます。

2014/8/4

ウェアラブルアプリを作る

ウェアラブル向けアプリを作る 目次
原文
ウェアラブルアプリはデバイス上で直接動き、センサーやGPSなどのハードウェアにアクセスできます。それは基本的に他のAndroid SDKを使ったデバイス向けに作られたアプリと同様ですが、デザインとユーザビリティが大いに異なり、加えていくつか提供される機能が異なります。

2014/8/3

Notificationを積み重ねる

ウェアラブル向けアプリを作る 目次
原文

2014/8/2

Notificationにページを追加する

ウェアラブル向けアプリを作る 目次
原文

2014/8/2

Notificationで音声入力を受け取る

ウェアラブル向けアプリを作る 目次
原文
もし、携帯端末のNotificationにemailに返信するなどのテキスト入力アクションが含まれているなら、携帯端末上でテキストを入力するために普通にActivityを起動するべきです。しかし、通知がウェアラブル上に表示されるとき、そこに入力用のキーボードはありません。そこで、RemoteInputを使用してユーザーに返信を喋らせたり予め用意されたテキストメッセージを提供することが出来ます。

2014/8/2

Notificationを作る

ウェアラブル向けアプリを作る 目次
原文
ウェアラブルにも送られる携帯端末Notificationを作るためにNotificationCompat.Builderを使用します。このクラスを使ってNotificationを作ると、システムはNotificationが携帯端末もウェアラブルのどちらにも正しく表示されるように配慮します。

2014/8/1

Notificationにウェアラブルの機能を追加する

ウェアラブル向けアプリを作る 目次
原文
Android携帯端末(電話やタブレット)とAndroidWearableが接続されている時、ハンドヘルドは自動的にウェアラブルとNotificationを共有します。ウェアラブル上ではそれぞれのNotificationがコンテキストストリームの中で新しいカードとして表示されます。

2014/8/1

ウェアラブル向けアプリを作る 目次

Android wearの正式版が発表されました。
色々可能性を感じるデバイスであるものの、現状はアプリ不足などでまだその本領を発揮しているようには思えません。
Android wear向けのアプリを作るためにAndroid developerのTraining building Apps for Wearablesを訳していこうと思います。

2014/8/1

L Developer Preview Notification向けデザイン

L Developer Preview目次
原文

2014/7/30

L Developer Preview マテリアルデザイン - 互換性

L Developer Preview目次
原文
新しいマテリアルデザイン(マテリアルテーマやactivity transition)はAndroid L Developer Previewのみで有効です。しかしながら、既存のAndroidと互換性を保ったままAndroid L Developer Previewが動く端末ではその機能を使ったアプリを設計することが可能です。

2014/7/15

L Developer Preview マテリアルデザイン - アニメーション

L Developer Preview目次
原文
マテリアルデザイン内でのアニメーションがユーザーのアクションに対するフィードバックとアプリ内でユーザーと対話するときの視覚的な一貫性を提供します。マテリアルテーマは標準でボタンとactivityの移り変わりのために複数のアニメーションを提供し、Android L Developer Previewが提供する追加APIはそれらのアニメーションをカスタマイズし、新しいアニメーションを作ることが出来ます。

2014/7/15

L Developer Preview マテリアルデザイン - ビューと影

L Developer Preview目次
原文
Viewのelevationが影のサイズを決定します。より大きなZ値を持つViewはより大きな影を落とします。ビューは正射投影法 でz=0の平面にたいして影を落とします。(それ以外のZ値を持つビューに対して影の大きさは変化しません)

2014/7/11

L Developer Preview マテリアルデザイン - UI Widget

L Developer Preview目次
原文
L Developer Preview内のサポートライブラリーには2つの新しいWidgetとしてRecycleViewとCardViewが含まれています。これらのWidgetを使って複雑なリストやカードをあなたのアプリに表示できます。これらのWidgetは標準でマテリアルデザインスタイルを使用します。

2014/7/1

L Developer Preview マテリアルデザイン - マテリアルテーマ

L Developer Preview目次
原文

2014/7/1

L Developer Preview マテリアルデザインを始める

L Developer Preview目次
原文

2014/6/30

L Developer Preview マテリアルデザイン

L Developer Preview目次
原文

2014/6/30

アクセス解析