Java関連の日記のみを表示しています。全てのジャンルを表示

≪古い  新しい≫ 最新 

Wear2.0の概要とスタンドアローンアプリの作りかた

この記事は Androidその2 Advent Calendar 2016 の7日目の記事です。
Android WearGoogle I/O2016にてAndroid Wear2.0がアナウンスされました。

2016/12/7

Android Wear2.0 Watch face Complicationsを作る 多データ型対応編

前回はスマートフォンからデータを取得してSHORT_TEXTを出力するData Provider を作成しました。
基礎編で紹介したとおり、Complicationsのデータ型にはいくつかのタイプがあります。
Data Providerは複数のデータタイプを提供することができ、一方でWatch Faceも複数のデータタイプをサポートできます。

2016/11/20

Android Wear2.0 Watch face Complicationsを作るDataSync編

前回はWear単独で動いてランダムな値を表示するだけのWatch face Complicationを作成しましたが、もちろんこれでは何の訳にもたちません。
そこで今回はより実践的なスマートフォン上で入力したデータをWatch face Complicationに表示する機能を追加してみます。
スマートフォン側の処理を作り変えると天気予報やツイート数など好きな情報をWatch face Complicationに表示できるようになります。

2016/10/12

Android Wear2.0 Watch face Complicationsを作る 基礎編

Android Wear2.0 Watch face Complicationsを作る
はじめにこの記事はAndroid Wear2.0 Preview3を元にかかれています。実際のリリース版ではAPIの挙動が変わる可能性があります。

2016/10/3

開発者向けAndroid Nの情報 API概要

今月初めにAndroid Nの開発者プレビューが突然発表されました。
Androidの新バージョンについてはI/Oで発表されることが多く、
L、MとGoogleI/O時に発表されていたのでまさかこのタイミングでの発表があるとは驚きです。

2016/3/26

DroidKaigi2016に行ってきました

2/18-19の二日間、大岡山で行われたdroid kaigi2016に行ってきました。
結論から言うと 最高でした。

2016/2/24

Android Wearアプリ開発入門 書評

著者の神原さんよりAndroid Wearアプリ開発入門(電子版)を献本いただきました。
Wearの現状私は、外出時ほぼ毎日AndroidWearを身につけています。

2016/2/8

Watch Faceを作る その他Tips

Android WearのWatch Faceを作る 目次
連載Watch Faceを作ろう最終回はWatch Faceを作る上でよくあるTipsを集めました。

2015/12/7

Watch Faceを作る コンパニオンアプリの作成

Android WearのWatch Faceを作る 目次
今回はWearのWatchFaceと連携するスマートフォン側アプリを開発します。

2015/12/2

Watch Faceを作る 設定画面の作成

Android WearのWatch Faceを作る 目次
今回は針の動きを滑らかにして設定画面の作り方を見ていきます。

2015/11/27

Watch Faceを作る 画像を使ってオリジナル時計を作る

Android WearのWatch Faceを作る 目次
前回はサンプルコードの仕組みを詳しく追っていきました。

2015/11/18

Watch Faceを作る サンプルのコードを読み解く

Android WearのWatch Faceを作る 目次
前回は環境構築とチュートリアルに従って雛形を作成しました。
今回は前回作成したモジュールを元に、どのようにWatch Faceが動いているか読み解いていきます。

2015/11/13

Watch Faceを作る 5分で作るWatch Face

Android WearのWatch Faceを作る 目次
今回からWatch Faceのテストを行うための環境構築を行って実際にWatch Faceを作ってみます。

2015/11/12

Android WearのWatch Faceを作る(概念編)

Android WearのWatch Faceを作る 目次Watch Faceを作る(概念編)
5分で作るWatch Face
サンプルを読み解く

2015/11/11

ここが凄いよ AndroidStudioとGradle

Androidの開発環境はここ2年でものすごく変わり始めていますが、
もっともインパクトが大きい変化はEclipseからAndroid Studioへの移行でしょう。
Eclipseの開発環境は今後サポートされなくなることが告知されているので早めにAndroid Studioへ移行する必要があります。

2015/10/15

Android6.0の新機能API

Android 6.0(M)はアプリ開発者とユーザーに新機能を提供します。
このドキュメントでは注目のAPI群について紹介します。

2015/10/13

既存アプリに影響するAndroid 6.0での変更点

Android6.0では多くのAPIに変更が加わりました。
もっとも大きな変更点はRuntime Permissionでしょうが、それ以外にも様々な変化が含まれています。
ここでは、既にAndroidアプリを公開している人向けに、既存のアプリにどのような影響が及ぶかについて説明されています。

2015/10/8

Android 6.0のRuntime Permissionに対応する

Android 6.0ではRuntime Permissionという概念が取り入れられました。
それまでのアプリでは動作に問題が出ることが有ります。

2015/10/4

@UiThreadが効かない時

Android Annotationには@UiThreadという便利なAnnotationが有ります。
例えば次のようにするだけでどんなスレッドから呼ばれてもこのメソッドはUiThreadで実行されます。

2015/7/23

Android5.1 API概要

原文
ひっそりとAndroid5.1がリリースされましたね。
AndroidはわりとVer0.1の更新幅が大きいのですが今回は不具合修正が主で新機能はそう多くはありません。

2015/3/11

Autoのためのメッセージ

原文
Android Auto向けのアプリを作る目次
Auto向けメッセージングを提供するテキストメッセージにより繋がり合い続けられることは多くのドライバーにとって重要です。

2014/12/24

Autoのためのオーディオ再生を提供する

Auto向けの音楽再生機能を提供する。
原文

2014/12/23

Autoを始める

原文
Android Auto向けのアプリを作る目次
Android AutoはAndroidプラットフォームを車の中まで広げます。ユーザーがAndroid5.0以上の携帯デバイスを互換性のある自動車に接続するとAutoは自動車のスクリーンに自動車に最適化されたAndroidエクスペリエンスのインターフェイスを提供します。ユーザーは互換性があるアプリやサービスと音声アクションと自動車の入力コントロール(タッチスクリーンやダッシュボードのボタンなど)を通じて対話できます。

2014/11/20

Android Auto向けのアプリを作る

Android AutoのAPIが公開されました。
ここではAndroid Trainingの情報を翻訳していきたいと思います。
Autoについては安全基準もあり出来ることは限られた状態でスタートするようです。

2014/11/20

独自のBackgroundでRipple Effectを使用する

Android LollipopでRipple Effectというタッチした場所から波紋状に広がるエフェクトが追加されました。
これにより、従来selectorで設定していたクリック時のエフェクトなどが簡単かつ効果的に適用できます。
Ripple Effectはタップした場所を中心に波紋状のエフェクトを掛ける効果で、Lollipopのアニメーション効果を示す1つとなっています。

2014/11/19

既存のAndroidアプリにMaterial Themeを適用する方法

Android LollipopではMaterial Designが本格的に採用され、Material Designを実現するために、Material Themeという新しいテーマが用意されました。
Material Designに関しては非常に挑戦的かつ包括的な内容のため、アプリ全体の見直しが必要になりますが、まずMaterial Themeを適用することでその第一歩を始めることが出来ます。
新規でLollipop向けのアプリをつくるには良いのですが、既にアプリを公開済みのものに対してMaterial Themeを適用するにはいくつかの注意点が有ります。

2014/11/16

AndroidStudioでVolleyを使う方法

VolleyがバージョンアップしてAndroid Studioで使いやすくなりました
以前はgitからサブモジュールとしてcloneしてbuild.gradleを修正して・・・ といろいろ面倒なことをやらないといけなかったですがgradleに対応したので
build.gradleのdependenciesに

2014/11/13

Android 5.0 API概要

Android5.0のAPIについて正式な情報がアップされたため翻訳してみました
流石にメジャーバージョンアップだけあってAPIの変更は多岐に渡ります。
以前のL Developer Preview API 概要から更新された部分も多々あります。

2014/10/25

Android Lollipopの概要

GoogleI/Oで発表され「L」と呼称されていたAndroid5.0 Lollipopに関して、より詳しい情報が発表されました。
Android5.0は幅広いアップデートにより2011年のAndroid4.0以来実に3年ぶりとなるメジャーバージョンアップです。
Androidの場合メジャーバージョンはかなり慎重に行われており、従来で言えばマルチタッチを採用した2.0、タブレットに向けて幅広いUIの改良が行われた3.0、そしてそれのスマートフォンへのフィードバック版と言える4.0とユーザーに多大なインパクトを及ぼす場合のみにバージョンアップが行われました。

2014/10/20

Android StudioにてFailure [INSTALL_FAILED_OLDER_SDK]となる問題の対応

Android StudioにてFailure [INSTALL_FAILED_OLDER_SDK]となりアプリを実行できない場合の対応方法を紹介します。
この問題はcompileSdkVersionおよびtargetSdkVersionがインストールされていない場合に発生します。

2014/8/21

データレイヤーイベントを取り扱う

ウェアラブル向けアプリを作る 目次
原文
データレイヤーを使って呼び出しをする時、完了時に呼び出しの状態を受け取ることが出来て、リスナーにより終了時のあらゆる変更を受け取ることも出来ます。

2014/8/6

メッセージの送信と受信

ウェアラブル向けアプリを作る 目次
原文
MessageApiを使用してメッセージを送り以下のアイテムをメッセージにアタッチする。

2014/8/6

Assetsを転送する

ウェアラブル向けアプリを作る 目次
原文
画像データのような大きなバイナリーのblobデータをBluetoothで転送するためにAssetをData itemにアタッチして replicated data storeにputします。

2014/8/5

Data itemを同期する

ウェアラブル向けアプリを作る 目次
原文
Data itemはシステムが携帯端末とウェアラブル間でデータを同期するときに使うインターフェイスを記載します。DataItemは通常以下のアイテムを含みます。

2014/8/5

ウェアラブルデータレイヤーにアクセスする

ウェアラブル向けアプリを作る 目次
原文

2014/8/5

データの送信と同期

ウェアラブル向けアプリを作る 目次
原文
ウェアラブルデータレイヤーAPIはGoogle Play serviceの一部で、携帯端末とウェアラブルアプリの通信チャンネルを提供します。APIはシステムが送ることが出来るデータオブジェクトのセットと、ワイヤー上での同期、データレイヤーで重要なイベントを通知するリスナーで構成されています。

2014/8/5

Bluetooth経由のデバッグ

ウェアラブル向けアプリを作る 目次
原文
開発マシンに接続された携帯端末からデバッグを出力するルーティングによりウェアラブルはBluetooth経由でデバッグが出来ます。

2014/8/5

パッケージングウェアラブルアプリ

ウェアラブル向けアプリを作る 目次
原文
ユーザーはウェアラブル上で直接アプリを見つけてインストール出来ないため、ユーザーに公開するにはウェアラブルアプリを携帯端末向けアプリの中にパッケージングする必要があります。正しくパッケージされていれば、ユーザーが携帯端末向けアプリをダウンロードした時にシステムは自動的にペアリングされたウェアラブル端末にウェアラブルアプリを送信します。

2014/8/5

音声入力の機能を追加する

ウェアラブル向けアプリを作る 目次
原文

2014/8/4

カスタムレイアウトの作成

ウェアラブル向けアプリを作る 目次
原文

2014/8/4

ウェアラブルアプリの作成と実行

ウェアラブル向けアプリを作る 目次
原文
ウェアラブルアプリはウェアラブルデバイス上で直接実行され、ウェアラブルのセンサーやActivity、Servicesなどの低レベルハードウェアにアクセスできます。

2014/8/4

ウェアラブルアプリを作る

ウェアラブル向けアプリを作る 目次
原文
ウェアラブルアプリはデバイス上で直接動き、センサーやGPSなどのハードウェアにアクセスできます。それは基本的に他のAndroid SDKを使ったデバイス向けに作られたアプリと同様ですが、デザインとユーザビリティが大いに異なり、加えていくつか提供される機能が異なります。

2014/8/3

Notificationを積み重ねる

ウェアラブル向けアプリを作る 目次
原文

2014/8/2

Notificationにページを追加する

ウェアラブル向けアプリを作る 目次
原文

2014/8/2

Notificationで音声入力を受け取る

ウェアラブル向けアプリを作る 目次
原文
もし、携帯端末のNotificationにemailに返信するなどのテキスト入力アクションが含まれているなら、携帯端末上でテキストを入力するために普通にActivityを起動するべきです。しかし、通知がウェアラブル上に表示されるとき、そこに入力用のキーボードはありません。そこで、RemoteInputを使用してユーザーに返信を喋らせたり予め用意されたテキストメッセージを提供することが出来ます。

2014/8/2

Notificationを作る

ウェアラブル向けアプリを作る 目次
原文
ウェアラブルにも送られる携帯端末Notificationを作るためにNotificationCompat.Builderを使用します。このクラスを使ってNotificationを作ると、システムはNotificationが携帯端末もウェアラブルのどちらにも正しく表示されるように配慮します。

2014/8/1

Notificationにウェアラブルの機能を追加する

ウェアラブル向けアプリを作る 目次
原文
Android携帯端末(電話やタブレット)とAndroidWearableが接続されている時、ハンドヘルドは自動的にウェアラブルとNotificationを共有します。ウェアラブル上ではそれぞれのNotificationがコンテキストストリームの中で新しいカードとして表示されます。

2014/8/1

ウェアラブル向けアプリを作る 目次

Android wearの正式版が発表されました。
色々可能性を感じるデバイスであるものの、現状はアプリ不足などでまだその本領を発揮しているようには思えません。
Android wear向けのアプリを作るためにAndroid developerのTraining building Apps for Wearablesを訳していこうと思います。

2014/8/1

L Developer Preview Notification向けデザイン

L Developer Preview目次
原文

2014/7/30

L Developer Preview マテリアルデザイン - 互換性

L Developer Preview目次
原文
新しいマテリアルデザイン(マテリアルテーマやactivity transition)はAndroid L Developer Previewのみで有効です。しかしながら、既存のAndroidと互換性を保ったままAndroid L Developer Previewが動く端末ではその機能を使ったアプリを設計することが可能です。

2014/7/15

アクセス解析