可也山、火山林道体験

前日の台風がうそのように天気だったので恵ちゃん(My KSR80)で林道体験に行くことにした。
「そういえば家の近くは山ばっかりなのにあまりオフロードを体験したことが無い。これはもったいない。」 と思ったのだ。
そこで一番近い山「可也山」に行ってみることにした。
このやまは標高365メートル、あまり大きくないがあるところから見ると富士山に似ているので「小富士」と呼ばれてたりする。
さらにふもとには実際に「小富士」という地名が存在する。

さて、実はこの山、頂上まで上れるらしいという話は聞いていた。ただし上ったことのある人が「かなり急な坂道だよ」と言っていたのでバイクでは無理かもしれない。っていうか無理だろう。ハイキングコースだし。
だが「じもっちー」であるにもかかわらずどこから登るのかもよく知らないのは恥ずかしいではないか。
なので行けるところまで行ってみることにした。

大体めぼしをつけていたので適当に山道っぽいところを登っていくと・・・・
あった。あっさり発見してしまった。

左のほうを見てもらうとわかるようにかなり細い道のりだ。これは楽しそう!
心うきうき山道に突っ込んでいく。
ここからはダートコース。しかも前日の雨で地面はゆるい。

ズリズリと後輪はすべるのだが、がんばって走らせる。
すでに2速でもきつい状態。しかもスピードを出せないからなお大変。

さて、ここでミニダート知識。急な坂道でとまろうとする時は斜面の下側のタイヤ(登ってるなら後輪ね)のブレーキを踏まないと留まりません。
ずるずるすべって落ちていくだけ。気をつけましょう。ちなみに降りるときは前輪ブレーキです。

 

話は戻りまして、どんどん進んでいくと・・・

げげ・・・階段かよ・・・
写真ではちょっと見えにくいがかなり急なうえ、段差も高い。
無理やり登ることはできるかもしれないが、(前に歩道橋を登ったことがある。) 降りるのは大変そう・・・。
というわけで早くも断念。
やはりハイキングコースは無理だった。w

とりあえず記念に一枚。(^^)
バイクが滑り落ちていきそうで立たせるのに苦労しました。

 

さて、しかしここで終わっては面白くない。可也山がだめなら隣の山だ!!ということでお隣へ。
お隣の山は「火山(ヒヤマ)」と呼ばれ可也山より低いが、たしか車で登れるような道があったはず!!
というわけで移動。

ところが途中でヤギを発見してしまった。w
川の土手につながれていました。

なんと隣にはひつじも。w
しかもこのひつじ、写真撮ろうとすると「め〜」と返事をしてくれました。

 

さて、着きました。火山。
これは結構長く続いてそうな道。
果たして頂上までいけるのか??

ちなみに同じ位置から下界を見渡したところ。けっこうすでに登ってます。
右の山が先ほどの可也山。

あまり惠ちゃんの写真をとってないことに気付き、ぱちり。

さらに登っていくとダートコースの始まり。
だけどまだカブでも登れるような道。w

とちゅうで竹が道をふさいでいました。車だとつかえちゃいますがバイクなのでしゃがんでくぐってOK。
さらに進みます。

またしても倒木・・・ならぬ倒竹発見。でもこれぐらいな踏み越えていきます。
とおもったらこの先20メートルぐらいのところで道がなくなっていました。残念。
どこからか頂上まで登れる道があったはずなんだけどなぁ・・・
今度リベンジです。
ちゃんと地図見て道確かめてから来ようっと。

時間にしてやく1時間ぐらいの探検だったのですが、かなり楽しかったです。
お金もかからないし、いい趣味を発見してしまいました。
今後いろいろなところに行って林道発見しまくってきます。
次回は雷山かな。(^^)

さいごにちょっと味のある場所を見つけたので写真をぱちり。

Firespeed top