海外旅行に行くスーツケースは高いほうが良いのか安いほうが良いのか

2018/1/8 616hit

Twitterで旅行中にスーツケースが破損して中身の電子機器が壊れたというつぶやきを見た。

国内旅行ではあまり聞かないが、海外旅行でスーツケースが破損するという話は割りと聞く。


ちなみに僕も被害にあったことがある。


海外の空港でのスーツケースの扱いは酷いもので、文字通りぶん投げて積み込みしている。
Youtubeで「スーツケース 投げる」とかで検索するとすぐ出てくると思う。

アレを見ると新品の高級スーツケースを持って海外に行くのが馬鹿らしくなるのではないかと思う。


ということで僕が海外向けのスーツケースを買う時にポイントとしているのは以下の3つである。

・高級すぎない(どうせ投げられるし)
・ある程度頑丈で軽い
・修理できるメーカーである



上2つは良いとして、結構重要だと思っているのが3つ目の「修理できるメーカーかどうか?」だ。

というのも、破損した場合 破損手荷物申告書 というのを作ってもらって航空会社の保険なり自分で入った海外旅行保険なりで直すことができるのだが、

修理は10万円まで。
修復が無理な場合は現金で保証するがスーツケースの代金を元に、購入1年後は50%、2年後だと25%・・・

というような仕組みになっているのだ。(もちろん保険の内容によって多少違いはあると思うが。)


つまり10万のスーツケースを買って翌年に壊されても、書い直そうと思ったら5万しか保証してくれないし、2年後だったら2万5千円までしか出してくれないのだ。
だったら10万かかってでも修理したほうが手出しがない分お得だと思う。


ちなみに僕は TORINOのCARGOというシリーズをたまたま選んでいたのだが、
30センチぐらいのクラックが2箇所ほどを、見た目全くわからないように修理してくれた。

たしか35000円ぐらいで買ったスーツケースの修理代が30000円ぐらいかかったけど、保険で直せたので手出しは無かった。





次壊れたら流石にサヨナラだなぁと思いながら愛着が湧いてなんやかんやで10年以上使っている。

次買うとしたらまた同じシリーズがいいなぁと思って久々にサイトを見てたら、アルミ版のシリーズがあるらしい。
これもリモワみたいでカッコイイなぁ。




海外旅行に必要なもの、要らなかったもの一覧はこちらにまとめました。
海外旅行に持っていくと便利なもの、要らないもの2017

前:経営者はなぜマラソンが好きなのか 次:AirPodsはランニング中に本当に落ちないのか?

関連キーワード

[旅行]

コメントを投稿する

名前URI
コメント