iPhone5のスリープボタンが故障、修理費27800円のところを約1000円で自分で修理したレポート

2014/1/10 7828hit
このエントリーをはてなブックマークに追加

iPhone5のスリープボタンの効きが悪くなってしまいました。

アップルストアに持って行くと保証切れでして、27800円で新品交換とのこと。


もったいないので自分で直せないか調べてみたら、なんとアマゾンでパーツが売ってました。





え?こんなに安いの?

社外品とはいえ、驚きの安さです。


あと、分解に必要な道具もアマゾンで購入します。




それからばらしたネジを無くさないようにこんなのもあるといいんですが、100均で売ってます。





さて、肝心のばらし方は
http://www.ifixit.com/Device/iPhonehttp://www.ifixit.com/Device/iPhone
を参考にしました。

ただ、このサイトだけだと、ちょっと省略されているんですよね。。

なのでこの辺の動画も参考にするいいかもしれません
http://www.youtube.com/watch?v=HI6jj8mw8y0


初めに吸盤を使って画面を外すんですが、その時にちょっと力が必要です。
うまいことプラスチックのヘラつかって外してください。



あとは基本的にネジを外してコネクタを外してばらしていくだけ。


最後のケーブル交換時にちょっと細かい作業で苦労しました。




約2時間から3時間ぐらいで作業完了。

プラモや電子機器をばらした経験のある人だったら問題無いと思います。

あとで気づいたんですが、ついでにバッテリーも交換すればよかったなーと。




バッテリーの持ちが悪くなってきたら変えてみたいと思います。

もちろん保証は効きませんので自己責任で。

前:スマホ最強のカメラアプリは○○だった! 次:iPhotoのサムネイルがずれるときの対処法

関連キーワード

[iPhone]

コメントを投稿する