シンガポール旅行2日目(前半) ツアーでめぐります。

2010/11/18 5526hit
このエントリーをはてなブックマークに追加

二日目は朝からツアー観光。

食事はホテルの1階のカフェでバイキングです。
カレー料理がうまかった。


あと、中国人の団体が押し寄せてきて、「中国人つえーなー」と思った。そんな朝御飯でした。



ホテル内は草履で移動。
スリッパじゃないんですね





やってきたのはシンガポール国立植物園

シンガポールは正解で一番『蘭』の輸出の’種類’が多いそうです。
つまりそれだけ蘭の養殖に成功してるということらしい。

たしかに気候はバッチリですね。












他にもたくさんの蘭の写真を撮ったけど、あまりに多すぎて割愛。
是非行って見てきてくださいな。

ちなみにおみやげコーナにはこんなのが。

本物の蘭を金でコーティングしたものだそうです。

お土産に大人気だとか。




植物園自体がジャングルの中に有るようなところなので、これまた植物がデカイ。
気分は完全にアバターでした。





移動中に一枚。
植物のデカさがわかるんじゃないでしょうか。



次に行ったところは『Mount Faber』。
マウントと言っても標高100mぐらいしかない丘です。でもシンガポールでは一番高い山。

高い山がないから川もなく、水も綺麗じゃない。
シンガポールは水も自給自足できてないらしく、お隣りのマレーシアから買ってるそうです。

また、川が無いから魚も取れない。海も綺麗じゃないから漁業者もいない。ジャングルはあるけど林業やってる人もいない。
そして天然資源も全く取れないそうで・・・・

つまり第一次産業をやってる人は全くいないらしく、必要なものは全て輸入だとか。
うーん。すごい国です。



さて、丘の上から見るシンガポールの風景はそれこそ90度変われば別世界。

南を見れば豪華客船。




住宅街もあれば・・・




蛇使いのオッサンもいます。w

後ろはタンカーだらけの港が。


そしてここにシンガポール政府が認めた5体のマーライオンのうちの1体が置いてありますw

初のご対面。水は吐いてません。





さて、移動中にガイドさんからシンガポールの話を色々聞きます。

『土地』


シンガポールは淡路島ぐらいの広さしか無いため、土地の物価は超バブリー。
普通にマンション買うと1億円は下らないそうです。

最近ではセントーサ島のリゾート地で、23億円の家が売れたとか。

買ったのは中華系のビジネスマンだそうです。ありえないですね。23億円。

じゃぁ普通の人はどこに住んでるかというと、政府が公営住宅をたくさん作ってるのでそこに住むそうです。


日本人と違ってあまり土地を所有したいという欲は無いらしく、公団で普通に満足するんだとか。

しかも政府から結構お金が出るので、住宅ローンや家賃で生活が圧迫されてる人は余りいないそう。

なるほど。日本と随分違うね。


そして、公営住宅がまた、すごい。

こんなのが普通に公営住宅らしいです。




日本と違って台風も地震もないので、高層ビルが立ち並ぶ。そんな国です。シンガポール。

一応後で調べたところ建物の高さの制限もあるみたいなんですが、「280m以内」とからしいので、あってないような制限です。(笑)

福岡タワーが234Mでしたっけ?

福岡タワー級の建物が立ち並んでます。


かと思えばこんな可愛らしい建物も。建築物を見てるだけで飽きません。





さて、ツアー一行は『ラッフルズ卿上陸跡地』へ。
ラッフルズ卿はシンガポールの生みの親だそうです。シンガポールでは功績をたたえて、高級なものには「ラッフルズ」とついているそうな。




周りは高層ビルが立ち並びます。




ビルの上に船のっけてみました。



地元の人は「ドリアンドーム」と呼ぶらしいです。確かに似てる。w




さて、いよいよやってきました。
シンガポールのシンボルマーライオン。



一時期は『世界三大がっかり』なんて汚名をつけられていたらしいですが、数年前にお色直しをし、
水を吐き出すポンプも日本製にして故障しなくなったとかで、徐々に人気を取り戻しているようです。

たしかにこの日も結構な観光客で賑わってました。






すぐ後ろには「ミニマーライオン」もいます。




お土産屋もこのとおり。マーライオンだらけ。




元々マーライオンがいたところは橋になったとかで、その為移動したそう。
その橋を下からパシャリ。




しかしこれだけ都会でも、熱帯植物がところどころ生えてます。それがなんか不思議。





どこにでもいる、ご当地キューピー。ついにシンガポールまで。






といったところで前半終了。
お昼を食べて、午後の部に向かいます。


続く

前:シンガポール旅行1日目 次:シンガポール旅行2日目(後半) 市内買い物とナイトサファリ

関連キーワード

[写真][旅行]

コメント

名前:kenz|投稿日:2010/11/19 01:29

ビルすげいし木もすごいね
でも、一番驚いたのは水を輸入しているって事
日本って資源無いって言われるけれど、清潔な水があるだけでも恵まれているって思った。
カナダの人がやたらと日本の自給率を気にしていたのを、その時は別に輸入すれば良くない? 位にしか感じなかったけれど
今、気持ちが解った。

名前:kyo|投稿日:2010/11/19 10:09

マレーシアとシンガポールを結ぶ橋には、水を運ぶパイプが3本繋がってて、うち2本は水を輸入。残りの一本は浄水してやってまたマレーシアに輸出だってよ。

もうね、日本と感覚がぜんぜん違う。

ちなみに水問題は2060年ぐらいまでになんとかしないと、マレーシアが契約を切ったらしくて
シンガポールは今、
・生活排水を飲めるぐらいまできれいに浄化する
・貯水池を掘る。
・海水を真水に変える
方法で水自給率100%を目指してるそうな。

コメントを投稿する