家族の写真を共有するためにGoogleフォトを利用することにしました。

2016/12/7 932hit

技術の進化とともに写真のデータも増えていき、写真一枚一枚の容量もどんどん重くなってきます。
写真は残しておきたいけどHDDに入れておくだけだと不安です。
バックアップで2台体制にした所で、火事などで全部消失してしまう可能性もあります。
また、「去年のGWどこ行ったっけ?」というような、ちょっとした会話のときに写真を見直したい。なんて要望も。

長年の議題だったこの写真問題。いよいよどうしようかと家族会議が行われました。


お互いの主な要望は以下の通り。


・一覧で見れる状態にしたい。
 DVDに焼くなどの方法は対象外に。
・たまーに後から見直したい。
 「去年クリスマスはどこ行ったっけ」というようなときにさっと見直せると便利。
・いざという時外出先でも見れるようにしたい。
 オンラインストレージ
・そう簡単には無くならないであろうサービス。
 どこがやってるかわからないとそういうリスクが有りそう。
・複数人対応。(妻と僕)
 僕も妻も自分のカメラで写真を取るので、お互いの写真をそれぞれ共有な場所にアップロードしたい



というような要望を検討した結果
結果的に「Googleフォト」がいいんじゃないか?という事になりました。

Googleフォトって勝手に画質を勝手に調整したりするイメージがあり、
あまり良く思ってなかったのですが、改めて使ってみると意外と良いことがわかりました。






Googleフォトの利点


・上記の要望がほぼほぼ満たせる。
・ほぼ無料。「写真と動画のアップロードサイズを「高品質」に設定すれば、1600万画素の写真と1080p動画を無料かつ容量無制限で保存できます。」とのこと。これはすごい。
・PC、スマホ(アプリ)対応
・アプリは複数アカウントに対応。切り替えが出来る。
・プレビューが高速。
・顔検索ができる。


自分の写真をすべて上げてしまうのもどうかと思ったので、家庭用に一つGoogleアカウントを作り、そのアカウントでGoogleフォトを利用します。

IDパスワードは妻と共有。

スマホアプリではアカウントの切り替えが可能なので、夫婦や友達と旅行に行ったときは夫婦アカウントに切り替えてアップします。
よっぽど必要と思わない限り、一眼レフで撮ったRAWデータなども削除することにしました。

PCでは普段使わないSafariをGoogleフォト専用ブラウザにして、「アップロードする場合はSafariで」と決めた結果アカウント切り替えの手間が省けました。

そんなわけで古い写真もサルベージしながらGoogleフォトに移行中。
今のところ結構いい感じです。また進展がありましたらお知らせいたします。


前:車買い替えました。 

関連キーワード

[写真][IT]

コメント

名前:Kenz|投稿日:2016/12/09 01:33

機械学習で自動的に写真をタグ付けしてくれるので検索がすごい快適
肉とか山とかで検索できる。

あと、これはAndroidユーザーだけかもしれないけれどGPSついていないカメラで撮影した画像もスマートフォンの位置情報履歴を元に、後日取り込んでも自動的に位置情報を推測してセットしてくれるのが便利すぎる

コメントを投稿する

名前URI
コメント