AirTunesの設定とか音質とか

2008/5/22 10737hit

無線Lanの親機にAirMacExpressを導入したのでAirMacExpressのAirTunes機能を使ってみた。
これでThinkPad T61の音楽をリビングのミニコンポで再生しようって魂胆。
早速、AirMacExpressのイヤホンジャックとミニコンポの音声入力を繋いでみた。

設定は簡単でiTunesの出力先でAirMacExpressを選べばいいだけ
今までは選択項目なんてなかったのに、AirMacExpressを自動認識して勝手に設定項目が出来てる。
しかもWindowsでもiTunesさえインストールすれば特別なソフトが必要ないってのは凄い。

早速ThinkPad T61でiTunesを起動してAirMacを選択・・・ デキナイ
AirMacExpressは識別しているし、設定項目もあるんだけどいざ選択しようとするとエラーが出て選べない。
AirMacExpressのプラグを一度抜いて再起動させたら選択できるようになった。
怪しくなったら再起動がAirMacExpressの鉄則のようだ。 Windows95みたいなやつだな・・・
では再生。 コンポから音楽が再生されたよ!

音質はネット上では酷評されているけど、そんなに悪くない。
第五世代iPodよりちょっと劣る程度、一般的なPCのオンボードサウンドカードと同レベルかと
ThinkPad T61のヘッドホン端子から直接コンポに繋ぐよりかなり高音質。

残念なのはiTunes以外の音楽を飛ばせないこと
iTunesってWindowsMediaPlayer11とかWimAMPに比べると音が薄いんだよね。
(Windows版の話Mac OS版では音質良いらしいけどMac OS持ってないから不明)
WindowsMediaPlayer11の音楽も飛ばしたかったな。
あと、設定が悪かったのかもしれないけどiTunesでもPodcastはAirMacExpressに音が飛ばなかった。

音楽をLanで常時流すから、通信速度低下も気になったけど問題ないレベル。
そもそも、無圧縮のwavだって1.5Mbpsもない。AirMacExpressとPC間は44Mbps(実測)で繋がっているし、
ロスレス圧縮されているから占有率は少ないみたい。

有線LANで繋がっているPCの音楽もAirMacExpressから流せる。
AirTunesの設定が不要なのは無線も有線も同じなんだけど、
無線の場合は一応無線LANの設定をしないといけないのに対して
有線側は全く設定不要。ハブにAirMacExpress繋げてiTunesを起動したら勝手に設定が完了するのはスゲぃ。

ちなみに、今回繋いだミニコンポは10年以上前のKENWOOD製、
mp3どころか、MDすらついていない旧型をノートPCから無線でiTunes使って操作できるってのは不思議な感じ
当時それなりの値段しただけあって、音質も結構良い ただ、デジタル入力に対応してないから、アナログ接続ってのが残念
アナログ接続だとAirMacExpress内のD/Aコンバータを使うから音質的に不利だし、発熱の問題もある。

逆にデジタル接続が出来れば、PC内からコンポまでフルデジタルで接続できて
D/Aコンバータは専用に設計されたアンプ内で行えるから下手なサウンドカードより音質良くなるかも とか思った。
新型のAVアンプが欲しいな。

発熱して結構不安定だし、設置は大変だし、値段もそれなりにするけど、
AirTunesで許される気もした。
AirMacExpressのUSBにHDDを接続して簡易NASとしても使えるみたい
ThinkPadのHDD容量が厳しくなってきているので、曲データを転送してしまいたい。
後は故障しないことを祈るばかり

前:AirMacが欲しい 次:AppleMobileDeviceHelperは動作を停止しました。

関連キーワード

[Mac][IT]

コメント

名前:kensei|投稿日:2008/05/25 00:30

AirMac買ったらMacAirもセットでいかがでしょうか♪

名前:kenz|投稿日:2008/05/25 13:13

MacBookの方が好みかなぁ BokkAirとBookProはパームレストがかなり熱いとよ

名前:kyo|投稿日:2009/02/04 12:16

今更ながらこのAirMacExpressを自宅にも導入してみようかとおもってます

コメントを投稿する