Amazon BasicのUSB Type-C - Cケーブルが良い感じ。

2019/1/10 1019hit
このエントリーをはてなブックマークに追加

Amazon BasicのUSB Type-C - Cケーブルを買いました。
両方がUSB Type-Cのケーブルです。コレと言った特徴があるわけではありません。ただ一点を除いては

それがすごく短いということ。
このケーブルは長さが15cmしかありません。


え?それだけ?と思われるかもしれませんが、なぜだかこの長さで両方がUSB Type-Cというケーブルが他に見つからないんです。
Type-A - micro B やType-A - Cのケーブルだと普通にあるのですが、両方がType-Cとなった途端に見つからず、殆どが1m以上のケーブルばかりです。

短いと何が良いの?

ただ短いだけですが、ありがたい事が多いです。
例えばノートパソコンとスマートフォンを接続する時、1mのケーブルだとこんな事になってしまいます。

あまり机が広くないカフェや空港のラウンジでこんなことしたくないですよね。

それが15cmだとこの通り。
横に自然に置きつつ、ちょっと持ち上げて覗き見るにもいい長さです。


従来のAndroid端末では急速充電が独自仕様だったので、パソコンと接続時には急速充電が使えなかったのですが、Type-CのUSB PDに対応しているPixel3とMacBookの組み合わせの場合、急速充電しながら通信が可能になりました。
このケーブル特有の話ではないけれど、コレもかなり便利になりました。

GoProもバッテリーが弱く、長時間撮影するにはモバイルバッテリーとの接続が必須なのですが、それもこのケーブルならコンパクトにまとめることができるので、これなら卓上においてもそれほど目障りではないし、手に持って使うにも線がじゃまになりません。




余談なのですがGoProのケースは純正でついてくるケースではなく、こちらのケースを使っています。
純正ケースと違ってカバーを外すことなくそのままUSB端子部分を開くことができるので便利です。
ホントはGoProに三脚穴があいていればもっと便利なんですけれどね


そして、なんと言ってもありがたいのが外出時。
当然、ケーブルが短い分、ポーチを占有しません。ただそれだけじゃなく、1m級のケーブルではぐるぐる巻きにしないと入らなかったのが、

15cmならそのまますっと入ります。

いちいち巻かなくても良い。これって忙しいことが多い外出時はかなり助かります。
それにケーブルが短いので絡まることもないし取り出すときも取り出しやすいです。
両方Type-Cなのでコネクタ部分も細くてより引っかかったり他のケーブルと絡んだりしなさそうな感じです。

ここがいまいち。

と、良い感じなばかりのケーブルですがいくつか弱点があります。

USB 2.0止まり。
残念ながらUSB 3.0には対応していないので高速通信は出来ません。
なので、SSDを接続したり、カメラの写真を取り込むには力不足です。
なんといっても、このケーブル長だとPCと周辺機器を接続するのに便利なので3.x対応が望まれます。

15w止まり。
USB PDに対応していますが最大で15wまでしか対応していません。
スマートフォンなら充電できるけれどPC用として使うには力が足りません。
その分ケーブルは細くスリムなのですが、もともとケーブルが短く取り回して使うものでもないのでケーブルが太くてもいいからMacBookProで使える100w対応してほしいところ。

最近はスマートフォンやカメラはほとんどがUSB-C対応だし、ワイヤレスイヤホンなどもType-Cで充電するものが増えてきました。接続する機器が増えるほどにこの短いケーブルのありがたみが増えていきそうな気がします。

前:2018年 今年買ってよかったもの 次:Google I/O 福岡からサンフランシスコへ行く飛行機を調べてみた 2019年版

関連キーワード

[写真][旅行][モバイル][物欲][IT]

コメントを投稿する

名前URI
コメント