Google I/Oに当選(落選)したらやること

2017/2/28 1397hit

Google I/O2017の申込みが終わりました。間もなく3月1日までに合否の連絡が行くようです。
当選した場合と落選した場合に 今すぐ(一週間程度以内)にやるべきことを纏めました。

落選したら?

例年通りの場合敗者復活戦が行われます。
キャンセル繰り上がりなどで、自動で後から当選の連絡が来ることもあります。
去年は一週間程度前に連絡が来た人も居たそうです。(そうなると殆どの人が行けないでしょうが・・・)

それとは別に特別枠の募集も始まります。
特別枠はI/Oのサイト内に暗号が紛れ込まれていたり、イベントの賞品になっていたりと様々です。
すでにExperiments Challengeというイベントが告知されていて、4月13日より申し込み開始。
Android,Chrome,人工知能のコンテスト的な感じで。賞品は優秀賞3名にGoogleI/Oのチケット
準優秀賞3名にDayDreamとPixel Phoneが渡されます。
https://experimentschallenge.withgoogle.com/

その他にも特別枠が出ることがあるので、Google I/O GDG Japanに参加して情報を確認してください。

当選したら?

おめでとうございます。
当選しても、仕事や家庭の事情で行けるかわからない人が出てくると思います。

行けるかわからない場合

キャンセルは4月30日まで可能ですので、それまでに行けるか見極める必要があります。
宿や飛行機は早めに動いたほうが有利なので、見極めるのは早いほうが望ましいです。

行ける場合

行けると決まれば、急いでパスポートの申請、宿の確保、飛行機の確保を行う必要があります。

パスポートの申請

まずパスポートがない場合は急いで作ってください。
パスポートがある人は有効期限を確認してください。
パスポートの期限については、5年と10年がありますが、料金さがあまりないことや、アメリカのように2回めの入国から審査がゆるくなる国もあることを考えると10年をオススメします。

旅程の確定

思いっきり最短で行きたい場合は火曜日に日本を出発して、金曜日の夜に帰ってくるプランが最速です。
この場合は、土曜の夜から日曜日に日本へ帰ってこれます。
ただ、 I/O期間前後には様々なイベントがあるので、多少宿泊を伸ばしてそういうイベントに参加してみるのも楽しいと思います。
例えば、金曜日〜日曜日にかけてはMakerFaire BayAreaが開催されています。日本のMakerFaireとは違う広大な土地でのイベントを楽しむことが出来ます。
今年開催されるかはわかりませんが、ここ数年I/Oの前日にIntel Software - Day 0 Google I/O PartyというイベントをI/O参加者向けに行っていて参加者向けに高額なデバイスの抽選会を行ったりしています。
(私は2015年の参加時に現地でイベントのアンケートに答えたらCore i5入りのChromeBookをもらいました。)

宿の確保

旅程が決まったら宿を確保してください。


どの種類に泊まるか

安い順にAirBnbで格安に済ませる、他の人の宿に相部屋させてもらう、自分でホテルをとるなどの方法があります。
I/Oに参加する日本人もおおいため、旅程が近いひとと宿をシェアするというのも有りだと思います。
この場合二人なら宿代が半額になるので旅費を大幅に節約することが出来ます。
I/Oに行けることが決まって、宿を共有してくれる人を探したいという人はご連絡ください。

どこに泊まるか?

Google推奨ホテル(会場までのシャトルバスが期待できます)が4ホテル発表されています。
2017年のホテル一覧については地図にまとめているので参考にしてください。
青色が現在公開済みの推奨ホテル、灰色が2016年の推奨ホテルです。

すでに該当のホテルでは価格が高騰して、1ヶ月前の1.5倍〜2倍まで価格が跳ね上がっています。
推奨ホテル以外のホテルについてはそこまでは価格が上がっていないので、推奨ホテル以外を抑えてUberなどで移動するというのも手かと思います。
会場までUberで行くと値段もかかるし、入り口で時間がかかるので推奨ホテルまでUberで行ってシャトルバスに乗って会場まで行くのが良いかも

また、今年はサンフランシスコのホテルが安くなっています。
既にマウンテンビュー付近の半額という感じになっているので、早起きが得意な人はサンフランシスコのホテルに泊まってシャトルバスで移動というのも良いかもしれません。
去年はミルブレーとCalTrainのサンフランシスコ駅までシャトルバスが出たそうです。
初日と二日目は遅くなるため、サンフランシスコにとまる場合は、駅からあまり遠くないホテルにするのが良いかと思います。

宿の予約について

Google推奨ホテルはExpediaagodaを使うと日本語で取ることが出来ます。
ホテルの公式サイトで取るより安いこともあります。


宿のキャンセルについて

今年はI/O期間中にキャンセル可能な高いプランと、キャンセル不可能な安いプランを併設で用意しているホテルが多いようです。
AirBnBなど別の安いプランを探したいとか、共有する人が見つかったなどでキャンセルしたい場合、キャンセル不可能なプランであってもホテルに必ず連絡してください。
連絡なしでのキャンセルはホテル側に迷惑がかかりますし、追加料金が発生する場合があります。
まれに払い戻しを受けられることもあります。

飛行機の確保


飛行機は条件のいい格安航空券については早めに売り切れることがあるため、できるだけ早めに確保してください。
ただし、航空券によってはキャンセルが不可能だったり高額なキャンセル料が必要になることもあるのでご注意ください。
特に日系の航空会社はキャンセル不可が多いです。
日系の航空会社を使いたいけれど、不意なキャンセルに備えたいという人はUnitedでANA運航便を予約するという手もあります。
事前座席指定が出来ないなどの制約はあるものの、殆どのサービスをANA同等に受けることが出来ますし、ANAのマイルに加算することも出来ます。

飛行機のキャンセルについて

不意の事態によりどうしてもキャンセルしないといけなくなった場合は、払い戻し不可の格安航空券であったとしてもかならず航空会社に連絡するようにしてください。
税金や燃油サーチャージ分として数万円が戻ってくることが有ります。
また、航空会社によっては無断キャンセルの場合追加料金が発生すること有ります。


前:GoogleI/O 福岡からサンフランシスコへ行く飛行機を調べてみた 次:Google I/Oに当選したらやること 詳細編

関連キーワード

[IT][イベント]

コメントを投稿する

名前URI
コメント