地元でI/Oが楽しめるGoogle I/O Extendedが今年も開催

2016/5/9 2116hit

Google I/Oの周辺イベントであるGoogle I/O Extendedが今年も全世界で開催されます。
もちろん福岡でも開催しますが、今年は例年といろいろな変更点が有ります。
一番の変更点は、I/Oをパブリックビューイングする昨年までのI/O Extended ライブストリーミングに加えて後日に現地に参加した技術者が直接話すI/O Extended報告会が開催されます。
昨年までは同様のイベントをDevFest I/O報告会という名前で行っていましたが今年はI/O Extended報告会と名前を変え大幅にパワーアップします。


Google I/O Extended ライブストリーミング 2016

イベント概要

最初のI/O Extendedは昨年までのI/O Extendedと同様に現地の基調講演をYouTube Liveでパブリックビューイングします。
注:大変申し訳無いのですが今年は同時通訳を確保することが出来ませんでした。代わりにハッシュタグ #io16jp にて有志の翻訳を行う予定です。

日程

開演時間は日本時間で19日 午前2:00〜4:00まで開催予定の基調講演を含む時間帯で全国同時開催です。
詳細な開始終了時刻は会場により異なります。
福岡開場の開催日時は5月18日(水) 23:30〜19日(木)早朝
平日深夜ということでなかなか参加しづらいかもしれませんが、珍しい形態のイベントなのでぜひ参加してもらいたいです。
特に5時から始まるWhat's New Androidについては早起きすれば比較的参加しやすいかと思います。
現地の予定から言うと、19日 深夜2:00に基調講演が開始、5時にWhat's New Androidが開催される予定です。
現地の状況がわからないため確約はできないのですが、可能であればもっと早い時間に現地より会場付近の様子を伝える中継を行いたいと思っています。

開催場所

詳細な開催場所は各申し込みサイトを参照して下さい。
福岡会場はヌーラボ新社屋で開催します。
昨年まで開催していたAIP Cafeから変更になっているためご注意下さい。

参加申し込み

申し込みはオンラインで行えます。
福岡
大分
徳島
神戸
京都
上田
甲府
東京
函館
その他の地域についてはI/O Extended公式サイトをご確認下さい。

Google I/O Extended 報告会 2016

イベント概要

昨年までDevFest I/O報告会と呼ばれていたイベントについて今年はGoogle I/O Extended 報告会と名前を変えて大きくパワーアップします。
Google社員やGoogle Developers ExpertなどI/Oに参加した技術者がI/Oでセッションの紹介や技術の解説を行います。

今年は昨年までの全国同時中継をやめて全国を回るツアー形式とすることで、各会場に多くのスピーカーが直接訪問します。これによりスピーカーと直接交流することが出来ます。
現在会場ごとのスピーカーについては調整中ですがどの会場も豪華なゲストスピーカーを招待する予定です。

開催日時

6/4〜7/9にかけて全国で開催されます。
福岡での開催は6/25(土)です。

開催場所

場所は昨年までの九州産業大学からヌーラボ新社屋へと変更されます。

参加申し込み

申し込みは会場によって異なります。
現在まだ申し込みサイトが出来ていない会場も有りますが、全国8会場で開催予定です。
九州
四国
中国
京都
信州
東京
石巻
函館

前:Eマウントフルサイズ50mm SEL50F18Fショートレビュー 次:Google I/O 2016渡航記 出国編

関連キーワード

[Android][HTML5][IT][イベント]

コメントを投稿する

名前URI
コメント