Google I/O 2016で発表される事 初日

2016/4/23 1590hit

Google I/O 2016の暫定スケジュールが公開されました。
まだ流動的ですが、5/3時点でのヘッドラインを紹介します。
>Google I/O 2016で発表される事 初日
Google I/O 2016で発表される事 二日目
Google I/O 2016で発表される事 三日目

6月18日(日本時間19日)

10:00(日本時間 2:00)

基調講演

(昨年より30分遅くなっています)
皆一緒に。Google CEOのスンダ-ピチャイによるライブキックオフで始まり、Googleにおける製品とプラットフォームのイノベーションを紹介します。
生中継有り

13:00(日本時間 5:00)

Google Cloud Platform一回り

Google Cloud Platformの次を見つけに来てください。
このセッションでは最近行われたGoogleの進化からあなたのサービスがどのようによりパワフルかつ、信頼性が高く性能が出せるかについて学びます。製品アプリにおける企画、開発、配信、スケール、監視、診断の専門家からハンズオン、ライブコーディングやデモンストレーションが行われます。iOSとAndroid向けのゲームのためのスケール性の高いバックエンドの構築プロセスについてウォークスルーを行います。Vision APIを通じての機械学習、App Engineの柔軟な環境 StackDriverによる監視と診断のようなGoogle Cloud Platformが提供する最新のテクノロジーについて触れます。
あなたはGoogle Cloud Platformを使った「NEXT」を作る準備が出来るはずです。

Androidの何が新しくなったか

このセッションではプラットフォーム、API群、機能、パフォーマンスによる新しい開発者向けの特徴について見ることが出来ます。全てはここに(生中継有り)

14:00(日本時間 6:00)

RAILsにおけるDevTools

Paul IrishがDev Tools(更にそれ以上も)の新しいTipsやトリック、機能を紹介します。それらはサイトのパフォーマンスについてデバッグを支援します。主なユーザーとのインタラクティブを計測してボトルネックを診断することが大切です。さらにPaulは実際のサイトにおけるパフォーマンスについて最適な手法を紹介します。

ゲーム:Googleのアドバンテージ

ゲーム開発は挑戦的です。しかし、効果的にGoogleが提供するツールとサービスを効果的に使用することで優れた優位性を得ることが出来ます。Noah Falstein チーフゲームデザイナーはそれらのテクニックの概要を紹介します。それには最近公開されたGoogleテクノロジーを利用する方法についても含まれています。
Play Games ServicesのプロジェクトマネージャーであるBen FrenkelはGoogle Play Game Servicesの新機能と、開発者がどのようにゲームと収益性を向上させるためにそれを使用しているかの調査について話します。
最後にYouTube GamingのIna FuchsはYouTubeの最新の進化により観客を輝かせ、ゲームをハイライトする方法を紹介します。

Android開発者のための画像圧縮

巨大な画像は読込に時間がかかりダウンロードするためのコストが大きいです。画像がアプリの通信で多くの割合を占めるためこれは問題です。ユーザーを幸せにし、ユーザーの帯域を圧迫しないために画像の最適化とサイズの縮小は最優先で行わなくてはいけません。このトークでは画像縮小が著名な画像タイプにおいてどのような効果をもたらすかについて核心に入り、ユーザーのためにより小さなファイルを作る知識を教えます。この話はネットワークからビットパックを読み込む全てのAndroid開発者で適用できます。

ゲームのルール:アプリ開発者がゲームから学べること

ゲームがユーザーをつなぎとめマネタイズする鍵について学び、それをアプリに適合させる最適解を考えます。
ゲームが開発者によって使われている戦略を応用することでアプリを洗練させることが出来たいくつかの事例から着想を得てください。

15:00(日本時間 7:00)

Google I/O Webアプリを作る Google.ComにおけるProgressive Web Appのローンチ

Google技術者の20%がどのように一般的に使われているのと同じオープンソースのツールとテクニックを使用してGoogle.com上でProgressiveWeb Appを作っているかについて学びます。PolymerやWeb components, service worker Notifications, Googleログイン、Firebase, 新しいブラウザのAPIなどを使って実際にどのようにオフラインに対応した高速なWeb appを作ったかについても説明しますGoogleがAPIを作っているということは私たちはそれを使用しているということです。問題の解決策やTipsとトリックを得てください。

成功のための柔軟なデザインスプリントを行う方法

デザインスプリントはビジネスの重要な論点に答えを見つけ、正しいものを確実につくるのを助ける手法であることが分かっています。あなたのチームにスピードとイノベーションをもたらすために、最初にスプリントをどのように実行できるかを説明しているスプリントブックを使います。スプリント方法論は幅広い人が簡単に使用できます。Google内で私たちは様々な方法のスプリントを使用します。Google内の3つのチームがUXと開発者と製品でコラボレーションを改善するためにどのようにデザインスプリント方法論を適用しているかについて学びます。全体的な製品開発行程で取り組まれるあるスプリント戦略について深層を探ります。

安心して夜ぐっすり眠れるようになるStackDriver

StackDriver Monitoringはアプリケーションとシステムを監視するのを手助けするマルチクラウドツールです。ここではアプリケーションの稼働時間、エラー、遅延を監視する基本的なセットアップ方法を学びます。システムメモリーやディスクの使われ方に問題が有る可能性を監視する方法も学びます。最後にセットアップしてアプリケーションに合わせてカスタマイズする方法について話します。これらの技術により、あなたはアプリケーションが正しく動作していることを確認して安心して休むことができるようになるでしょう。

引き締まって高速: アプリのダイエット

インストールやアップデートを妨げる最初の理由はAPKサイズが大きすぎることです。あなたのAPKは更新されずに長期間使用されていませんか?APKをインストールする時間は決して楽しいものではありません。このセッションではAPKのサイズを小さくするテクニック集を学び、より多くのユーザーそして、大小さまざまなデバイスにリーチするテクニック集を学びます。

Firebaseへの移行

Firebaseは簡単に使用することが出来ます。しかし、あなたはこれが初めてのBackend as a Service(Baas)ではないかもしれません。Firebaseでお馴染みのコンセプトがどのように動くか、Firebaseの新しい方法であなたが抱えている問題をどのように解決できるかについて学びます。新規プロジェクトでFirebaseを使用することを検討している人のために、FirebaseとPurseの両方でアプリをどのように記述するかについて紹介します。既存のプロジェクトでFirebaseを使うことを検討している人のために、既存のバックエンドにFirebaseを追加したり置き換えたりする方法を紹介します。

ExoPlayerを使ったストリーミングメディア

動画を見たり音声ファイルを聞くことはAndroidモバイルやスマートテレビにおけるもっとも一般的な利用方法の一つです。このセッションではユーザーに素晴らしいメディアエクスペリエンスを届けるためのExoPlayerというストリーミングメディアライブラリの使い方を紹介します。ExoPlayesの設計と概要、MediaPlayerなど他のライブラリーと比べた場合の長所を教えます。ExoPlayerはDynamic adaptive streaming over HTTP (DASH)やCommon Encryption暗号化など多くの洗練された機能を提供します。それは簡単にカスタマイズしたり拡張できるため、カスタマイズ実装により多くのコンポーネントを置き換えることが出来ます。ExoPlayerはアプリケーションに組み込むライブラリーのため、アプリと同時に簡単にアップデートできます。このセッションに参加することでアプリにExoPlayerを導入する方法がわかります。MediaPlayerを置き換えるために使用する場合、すぐ簡単に統合することが出来ます。さらにExoPlayerのデザインや内部でどのように動作しているかを理解し、Playerが提供する先進性や、カスタムコンポーネントを使用してExoPlayerのインスタンスをつなぎ合わせることでパフォーマンスとUXを備えさせる方法、Playerが提供する洗練された機能をフルに活用する方法も理解できるでしょう。

あなたの居場所を理解する

人々は緯度経度ではなく、場所の名前や住所、電話番号などによって位置を指示します。私たちはこれらの方法で他人とやり取りしたり、待ち合わせを行います。Google Places APIはアプリやWebがこのような人間的な位置情報を使用できるようにします。このセッションではAPIの使い方を学び、位置を特定したり、電話番号から場所を調べる方法についても学びます。我々はWebやモバイルさらには最近リリースされたWeb widgetでどのように使用するかについての詳細と、モバイルデバイスでバッテリーライフを最適化する方法を紹介します。Places APIがどのように地図アプリを賢くできるかについて学ぶことができます。

Analyticsを使って素晴らしいアプリを作る

平均的なスマートフォンユーザーはタップやスワイプにより毎月1GBのデータを使用しています。あなたが素晴らしいアプリを作成するために、どうやってユーザーの行動を、有意義に深く理解出来るでしょうか?答えはAnalyticsです。このセッションでは実際の例を使用してアプリのライフサイクルを通じて知っておく必要がある重要な基準を紹介します。最初のリリースでユーザー数が増大するのについてれどのようにユーザーが喜び、嫌がっているかを調べビジネスを成功するためにアプリを良くする方法を紹介します。
生中継有り

16:00(日本時間 8:00)

Project Tangoの空間学習を紹介

モバイルデバイスでのモーショントラッキングは既に全く新しいエクスペリエンスを可能にしています。
しかし、Project Tangoデバイスがメモリーを持つことで新しい可能性を開けないでしょうか?Project Tangoは空間認識によりユーザーの周辺を見渡すだけではなく、ユーザーの周辺空間を思い出すことも出来ます。これによりアプリを再起動しても仮想的な物が現実世界の同じ場所に置いたままにするとか、各プレイヤー同士の正確な位置を把握できるマルチプレイヤーエクスペリエンスを設計したり、AR/VRを一時停止・再開したり、モーショントラッキングの揺らぎを解消するといったProject Tangoでの開発に新しい可能性が広がります。
Project Tango開発者のために空間学習の基本的な考え方とベストプラクティスを紹介します。


Google Playでアプリをよりよく公開し、素早く改良を続ける

成功のためにGoogle Play上のexperiments、高頻度なリリースの繰り返し、リリースコントロールツールを使用するための準備をしてください。これまでより簡単にアプリを実行させベータテストプログラムを管理する方法を学びます。正確なタイミングでのアプリのアップデート、プロモーションコードを持った優待ユーザー、ユーザーフィードバックの最大化、ユーザーからの情報をより多く取得してリスト化するなどのTipsや仕掛けについても聞くことが出来ます。

HTTPSの怪しい伝説:セキュリティ問題の都市伝説

progressive web appsではHTTPSが必須ですが、多くの人はこう言います。「それは私のアプリを遅くして、しかもとてもお金がかかるじゃないか そもそも本当にセキュリティーが保証されているの?」ここではHTTPSに関するよくある疑問と心配事について解説します。なぜProgressive web appsでHTTPSが欠かせない機能であるかを理解することが出来るでしょう。加えて、あなたのサイトに緑のアイコンを輝かさせるためのTipsとトリックを紹介します。

17:00(日本時間 9:00)

開発者としてのキャリアを成長させる

様々な場所で開発者のキャリアを成長させるために取り組んでいるGoogle Developer Relationチームについて学びます。インドでは200万人の開発者を訓練しました。Androidについて確実に学ぶための学習経路をさらにより多くの国へ届けようとしています。
専門家として成功するために開発者の学習がどのような流れであるべきかについてJP SouchakとPeter Lubbersの議論を聞きます。この話は開発者のための形式的な学習方法に興味を持った人だけでなく、新興国で開発者が仕事を見つけられるようにするためでも有ります。

Androidのバッテリーとメモリー使用量を最適化する

バッテリーを大量に消費したり、動作が遅いアプリは好まれません。私たちはNリリースにおいてDozeや新しいバックグラウンド最適化などバッテリーの最適化とメモリーの節約を狙ったプラットフォームの新機能を導入します。ベストプラクティスや電力消費を計測する方法、より簡単にアプリケーションのバッテリーを節約してメモリー効率を上げるAPI群などをレビューします。このセッションに参加してユーザーのためにバッテリーライフとパフォーマンスを改善しましょう。

優れたProgressive Web Appsのための優れたライブラリ

Progressive Web Appsはモダンブラウザー上で高速に読み込まれ、オフラインでも素晴らしく動き、革新的にエクスペリエンスを改善しなくてはいけません。このトークでは素晴らしいエクスペリエンスを作るために開発者を支援するGoogleが開発したツールとライブラリーについて紹介します。

Cloud VisionとSpeech APIを使用してsmart RusPi Botの作り方

Cluod Vision APIとSpeech APIはGoogleが完全に教育した機械学習による優位性をもたらします。これらの技術は携帯向けGoogle製アプリのGoogle Photosや音声検索で強力な検索を可能にします。このセッションではこれらのAPIを使って顔や物体を認識し音声コマンドが使用できる賢いラズベリーパイロボットの作り方を学びます。

Nearbyの紹介:アプリの内外にかかわらない物理的な近接

NearbyはBluetoothやWi-Fi,超音波を使ってアプリで複数のスマートフォン、デバイス、ビーコンを認識できるようになります。
Nearbyのクロスフォーム、ピアツーピアAPI、デバイス上のアクションでBLEビーコンと接続する機能について詳細を見ていきます。さらに、接続し、近づくことをトリガーとし、共有し、グループを作ったりすることについてAndroidとiOSの機能についても話します。

Fragmentってなに?

Android Fragentsは賛否両論で時に複雑です。どのようなときにFragmentを使用する必要があるでしょう?どうやって なぜ? このセッションでは新機能を使用してFiragmentを効果的に使用する方法を紹介します。新しい使い方を可能にしたり既存の使い方を改善する方法についても紹介します。

18:00(日本時間 10:00)

皆のためのAndroid Auto

Android Autoは車内でAndroidを使用できるようにして、毎週貴重な数時間を費して自動車を運転しているユーザーに開発者がリーチ出来るようにします。このトークでは既存のアプリケーションをAndroid Autoプラットフォームに適合させて車の中にいるより多くのユーザーに立直する方法を学びます。

Firebaseを使ったマルチプレイヤー間の対話を作る

異なるデバイス間でリアルタイムに同期した作業を行う機能を作ることはアプリ開発者が求め続けていた機能です。
Firebaseリアルタイムデータベースはデータを保存して同期するWeb, モバイル、Unityアプリケーションを数分でサーバーについて心配する必要なく構築することが出来ます。リアルタイムアスペクトと幾つかの既存の知識、強力な機能(トランザクションのような)によりマルチプレイヤーゲームを作ることも可能になります。このセッションではオンラインプレイヤー間でトラックを保持して、ゲームの状態を複数の接続された端末で同期し、チャットルームを作り、ゲームを開始するためにユーザーどうしをマッチングするためにFirebase Realtime Databaseを使う方法を学びます。

拡張されたMaterial designの動きについてのガイドラインを探る

動きはマテリアルデザインを活かすの重要な鍵です。マテリアルデザインはユーザーが階層について理解し、フォーカスの移り変わりを案内し、時にユーザーを驚かせて楽しませるために動きを使います。
マテリアルデザインチームは基本的なアニメーションの時間や加速度から自然な形状の変化や移動するエレメントの細かな動き方に至るまで全ての動きに関わる詳細を含めてモーションガイドラインを改良しました。
John Schlemmerが新しいデザインガイドラインのスクープを伝え、GoogleカレンダーやGmailのInboxのようなアプリで彼が行った動きのつけかたを共有します。ぜひご参加ください。

Vulkanによりモバイルゲームを光り輝かせ高速にする

Vulkanは完全に効率の良さと前例のないクラスプラットフォームでの利用され、コンピューターグラフィックにパラダイムシフトをもたらすために設計されました。しかし、既存のコードでValkanをサポートするために実際に導入するものはなんでしょうか?このトークではOpenGL ESからVulkanに移行するための理論と、技術のどちらもカバーします。加えてVulkanの長所を最大限に得る方法について一般的な話題も紹介します。


センサーと位置に基づくAndroidアプリ

電話の位置情報とセンサーにより様々なユースケースを可能にします。ビデオゲームにおいて車の向きを変えたり、フィットネスアプリで歩数を数えたり、さらには屋内や屋外にいるかを把握したり。
私たちはボトムアップで説明します。最初にAndroid上でセンサーがどのように動いているかを説明し、どのすれば最適なバッテリーやパフォーマンスでハードウェアの値を取得できるか、この情報をどのように使用してセンサーエクスペリエンスを最適に出来るかを説明します。Googleの強力な位置情報エンジンについてどのように動き、どのように効果的に使うことが出来るかについても詳細を説明します。

前:中洲にオープンしたゲームバーに行ってきました。 次:Google I/O 2016で発表される事 二日目

関連キーワード

[Android][IT][イベント][翻訳]

コメントを投稿する

名前URI
コメント