2015年買ってよかったデジモノベスト10

2016/1/2 3430hit

2015年もいろいろと買い物をしましたが、
特に外れ商品が少ない年でした。

そのなかでも、特に買ってよかったトップ10を紹介していきます。
10位 Anker Astro E1 5200mAh
それまでMacbook ProやMacbook Airを外付けバッテリー代わりに使っていたのですがスリープ時にUSBに給電するとバッテリーの減りが早くなったり、ちょっと充電したいという時にケーブルを取り出すのが面倒というのもあって思い切って買ってみました。
容量は大きくないけれどその分軽量で常に持ち歩きできるのが頼もしい。
Nexus5を2回完全に充電できるほどの容量を持っているので実際の使用で電池を使い果たしたことはありません。
給電能力は私が持っている充電器の中ではダントツに早い気がします。
ただ、モバイルバッテリー自体の充電にかなり時間がかかるのが唯一の難点。


9位 Nexus5交換バッテリー
完全にヘタっていたNexus5が蘇りました。
Android6.0にバージョンアップしてからバッテリーの持ちが改善されたことも有り、交換後10ヶ月たった今でも普通に使っていて1日以上電池が持ちます。
Nexus6やNexus6pも買ったけれど、SIMをnano SIMに交換するのが面倒なのでいまだにメイン端末はNexus5のままです。




8位Google Nexus Player
TVでYouTubeやhuluが見られるようになる端末です。
この手の端末はいろいろ買い替えていて、PS3に始まり、NexusQ、AndroidTV、Chrome BoxにChrome Castと乗り継いできましたが初めてストレスフリーにネットが見られる端末だと感じました。

今はFire TV Stickにその座を譲って開発部屋での作業用BGM+環境ムービー再生用として使っていますが、正直言ってNexus Playerに比べて細かい所が使いにくいのでNexus Playerに戻そうかと思っているほど。
長年リビング用の端末を出し続けたGoogleだけあってソフトウェア面での作りこみがしっかりしているなぁという印象を受けています。



7位 SONY ノイズキャンセル付きワイヤレスイヤホン MDR-EX31BN/R

あれ?これ買ってからまだ1年経ってないんだっけ? と思うくらい使い倒していて電車にのるときはほぼ確実にこれを付けています。
ノイズキャンセルや音質はそこそこですが、どこにも持っていけるコンパクトさとmicroUSBで充電できる手軽さ、NFCで簡単にペアリング出来ること、その割にやすかったこと(当時7,640円)で満足度高いです。
ただ今見ると2000円以上値上がりしていて これじゃおすすめしづらい・・・

追記:右のイヤホンからノイズが出るようになりNCもきかなくなりました。
どうも中の線が断線しているのではないかと思います。使ったのは1年半ほど、ちょっと壊れるのが早い気がします。

6位 Apple MacBookPro retina 15インチ
発熱とそれを冷却するためのファンが煩すぎるほかはあまり不満点が無いです。
画面は十分に綺麗だし、Retina運用しても13Airから推定解像度が減りません。
2段階クリックは全く使っていませんが、どこでも同じ力で押せるようになったトラックパッドは使いやすいと思います。
なにより、CPUパワーが強力になったおかげでAndroidアプリのビルド待ちが発生しなくなり作業への集中度が格段に上がりました。

5位 モトローラ Moto 360
既にGearLiverを持っているにもかかわらず、あえてそれより性能が低いMoto360を買ったのですが、
結果的に言うとスマートウォッチはMoto360しか使っていません。
丸型画面の金属削り出しのコントラスト深い質感がたまりません。
あと、Qiになって充電が楽になったのも嬉しいです。
性能が向上した第二世代も気になっています。



4位 Anker PowerPort 10
10台ものUSB機器を一度に充電できる充電ポート。
10台も有れば十分だろうと思っていたけれど、カメラやらイヤホンやらとUSBで充電するものが増えているので10本って全然大げさではありませんでした。

ポート数が増えている割に最大出力が6ポートと変わらないですが、全台同時に充電するということはまず無いので出力不足を感じたことはありません。


3位 THULE Paramount 29L
PC収納ができるバックパックです。
MacBookPro retina 15インチを持ち運ぶために購入したのですが、これが有るだけで行動の楽さが全然違います。
今年の夏に登山用のバックパックで出張して、冬にはTHULEでほぼ同じ装備の出張をしたのですが、荷物がしっかりまとまってくれるので体感的な重さがぜんぜん違う。
途中、Mac忘れてきたかも ってつい確認してしまったほどです。
ただ、収納力が普段使いには少々オーバースペックな感じはしています。


2位 ヤマハ AVレシーバー RX-V479(B)

やたらとコストパフォーマンスが高いAVアンプです。
なんといってもシーンボタンが便利で普段はシーンボタンしか触っていないというレベル。
4つのシーンはそれぞれ
Mac(DisplayPort経由)、Mac(光ファイバー経由)、Windows、NexusPlayerにつなげています。
この多機能と音質がこの価格というのが凄く嬉しい。


1位 LG 27型 4K 27MU67-B

凄く安い4K IPS液晶。
この解像度、一度味わうとそれまでのディスプレイに戻れません。
この前シネマディスプレイ(2,560x1,440)を使ったのですが画面が荒くて辛い と感じてしまいました。
画面が大きくなったことを利用して机の奥において距離をもたせるようにしたおかげで目の疲れも減ったように思います。
悪い点としてはデザインが地味過ぎたり、入力ポートの切り替えが面倒だったりする点ですが、それでもこの価格とクオリティのバランスを考えると十分無視できるレベル。
デザイン面が配慮された新型も出ているようです。

前:AppleのMagic Trackpad2レビュー 次:2015年 見た映画

関連キーワード

[物欲][IT]

コメントを投稿する

名前URI
コメント