プチ便利アイリスオーヤマのクリアケース

2015/10/30 2595hit

最近アイリスオーヤマのクリアケース(A4深型)を使っていてプチ便利だったので紹介します。


モバイルアプリ開発をしているとどうしても小物が増えてしまいます。
これまではそういう小物をかばんに納めていたのですが、かばんの奥深くにあるものが取り出しづらかったりして、モバイルバッテリー持ってくるの忘れたー と思って家に帰ったらかばんの奥底にあった。なんてことも多々。
ということで、グッデイで売ってたアイリスオーヤマのクリアケースを使っています。
アイリスオーヤマ ケース クリアケース CC-304S A4 浅型 仕切り付き


ご覧のとおり、特にこれといったへんてつもない普通のクリアケースです。
この中に小物類を収納しています。

中に入っているのはこんな感じ
中の物はその時の用途や使用状況により細かくアップデートしています。

USBケーブル

USBケーブル長 2本、USBケーブル短 2本(うち1本は高速充電用)

なんといってもアプリ開発で一番大事なのがUSBケーブル。
全体で4本ありますが、長いUSBケーブルはスマートフォンを手に持って開発する時(加速度センサーが必要なときとか)やポケットにモバイルバッテリーを入れた状態でスマートフォンを手に持ちながら充電する時などに使います。
AmazonのものとAnkerのものが2本入っていますが、長いケーブルはあまり使うことはなく優先的に短いケーブルから使うことが多いです。
短いケーブルのうち1本はSmartWatch2に付属していたケーブルで15cmしかなく、卓上でPCとスマートフォンをつなぐのにとても使いやすいです。
特段特徴がないケーブルですが、電気抵抗は長さに比例して増えていくので短いほうが充電効率も良くなりそうです。

残りの一本はルートアールの20cm
通信ができない充電専用で、給電側の事情関係なく強制的に高速充電になるので、若干注意が必要ですが、モバイルバッテリーと組み合わせるとものすごい速度で充電が完了します。

USBケーブルはMacBookPro本体のUSBケーブル2個と充電ポート2個の4ポートあるため4本持ち歩いています。(実はモバイルバッテリーがあるので実際には5台同時充電が可能なのだけれど)


USB充電器

Anker 20W 2ポート USB急速充電器
充電界隈では非常に人気が高いANKERのUSB急速充電器です。その中でも最もコンパクトな2ポートタイプを持ち歩いています。
ポート数は多くないですが、電源端子が収まってコンパクトに携行できるので常備しています。最近より高出力になった後継機やポート数が多い4ポートタイプもでたようで気になっています。


モバイルバッテリー

Anker Astro E1 5200mAh日頃ノートPCを持ち歩いていることも有り、何かアレばノートPCから取ればいいやという感じでモバイルバッテリーを使っていなかったのですが、去年頃Nexus5のバッテリーが異常消耗する症状に見舞われて毎回PCとつなぐのもストレスなので初購入。
そういう経緯もあるのでバッテリー容量は少なめで軽さを優先しました。
しかしながら、これでもNexus5を満充電するには必要十分で、しかもその充電速度が凄く早い。
特に抵抗が少ないことで有名なルートアールのケーブルと組み合わせるとコンセント以上に高速充電されるので便利です。
しかし、この組み合わせだと、充電が早過ぎるのか、スマートフォンがものすごい発熱するので電源を消しておくなり重たい処理をしない状態で風通しのいい場所においておかないといけないです。
その後Nexus5がアップデートされて電池持ちが良くなったことも有り、最近ではあまり出番が無いです。

電源タップ

プラグ収納式 マイクロタップ
イベントに行くと電源ポートが限られていることがあるので、他の人に迷惑にならないように電源タップを使っています。
コードがないので手に収まる小ささながら、4ポートもあるので必要十分。
古いホテルとかでテーブル上に電源がなく、テーブルスタンドを抜かないといけない みたいなときも便利。
あと、180度回転させられるのでMacのACアダプタ挿したら隣とぶつかる みたいなときにACアダプターをずらすのにも使えます。


LAN関連

Thunderbolt Ethernetアダプタ
ホテルの中にはwi-fiが飛んでおらずLANだけ使える場合などがあるので、その時のためにThunderboltに繋いで使えるEthernetアダプタとLANケーブルを持っています。
普通、この手のはUSB接続が多いのですが、2本しか無いUSBポートを消費したいですむThunderboltタイプが便利です。LANケーブルは取り立てて特徴がない、爪折れ防止がついたLANケーブルです。
ホテルでは盗難防止のためにLANケーブルをフロントに取りに行かないといけない場所も多いので自分で持っておくと便利です。


変換ケーブル

AndroidにつなぐとHDMIを出力できるMHL変換アダプタと、USBホストになる変換アダプタを持っています。
どちらも使うことはあまり無いですが、軽いのでとりあえず入れている感じ。

折りたたみドライバー

iHelp カラビナ付折りたたみドライバー
これもあまり使うことはないですが、ちょっと何かを直したいとかいうときに助かります。
構造的に本格的なドライバーほどテンションを掛けることが出来ないですが、このコンパクトさでプラスマイナス計6本使えるのは助かります。


Bluetoothイヤホン

SONY MDR-EX31BN
最近やたらIT界隈でユーザーが増えている人気のBluetoothイヤホンです。
出かけるときはほぼ必ず携帯しています。家に帰ったら充電した後、このケースに入れていますが外出時にはポケットに入れておくことのほうが多いです。
これはいいものです。


で、こういうのをガチャガチャ持ち運んでいたのですが、やはり邪魔だなぁということでクリアケースを購入。

ここがいい

かさばりにくい

A4サイズと薄くて広い形のため、かばんに入れた時に収納量のわりにかさばりにくいです。

探しやすい

クリアケースなので開けてみなくても中に何が入っているのか確認できるのもありがたい。
あと、全て開けてみることができるので、探すためにあれこれ取り出す必要が無いのも嬉しい。

開け閉めが楽

一番気に入っているのはチャック類と違って、開け閉めの手間が簡単なこと、片手でもすぐ出来る。
出しやすくて収納しやすい。
イベントに行くと話が弾んで会場の閉鎖ギリギリまで粘ってしまい、いますぐ出てください! みたいな話になることも有りますが、そういう時も中に放り投げて蓋閉めたらそのままかばんに放り込めるのが素敵。
cafeでの作業のような短時間作業でもすぐに準備して作業してぎりぎりまで作業してすぐに撤収出来るのがありがたい。


イマイチなところ

深さが足りない。

かさばらないのとトレードオフなんですが、
ビミョーなサイズの違いでMacBookProの電源アダプターが(ケーブル巻いた状態では)格納できない。
あとmoto360の充電台も無理すれば入るけれど、かなり無理がある感じ。

柔らかさはない

かばんに入れる時に外のタブレットなどを傷つけないか気を使います。
上面側は良いんですが、底面側は足が飛び出しているのでちょっと気をつけたいところ。

おすすめ度 50%

私みたいに小物が多い人だったら90%おすすめします。
使っていた時の周りの反応としては半数はポジティブな反応ですが、
一方で残りの半分は、怪しい物を見る感じで見てくることが有ります。
それ魚釣りのケースですよね? と言われることもまぁよく有ります。
魚釣りケースとして使っても別にいいと思います。


前:SlimBradeからIntuosに乗り換えてみた 次:大人が見てもハマる おさるのジョージの魅力

関連キーワード

[モバイル][物欲][IT]

コメントを投稿する

名前URI
コメント