今年も開催されますFutureSync

2015/5/3 3693hit

今年も開催されます。そして今年が最後になる予定なFutureSync Vol.5
公式サイトはこちら
思えばVol.1から関わらせてもらって、Vol.1は主催者として登壇もしたし、
Vol.2は一人の登壇者として参加。
Vol.3とVol.4は現地スタッフのひとりとして参加という感じでしたが、Vol.5で久しぶりにまた登壇者として発表することになりました。

私のセッションは最初の一発目(公式サイトの説明と違いますが時間が変更になる予定です)
13:00から笑われる未来 〜未来の目線に立つ〜 と題して
これから流行るものとその見極め方
新しいことにブレーキをかけるものたちの正体
Vol.2で行ったどのような製品がユーザーにとって価値があるかについてどうやって調べるか?という答え合わせ などを行う予定です。

日時:5/16(土) 11:30会場
場所:福岡大学8号館
参加費:1000円(学生無料)
参加登録:zusaar
現時点ですでに120人を超える人が参加登録されているようです。

FutureSyncってなにかを公式サイトから引用すると


それぞれが描く、異なる未来を同期する!
『Future Sync』は、ITに関わる様々な人々が集い、近い未来について語り合うトークイベントです。

それぞれが別々に思い描いている「近い未来(Future)」 について語り合い、
それらを多くの参加者と「同期(Sync)」することで理解を深め合いながら、
やがて来る未来への新たな可能性・アイデア・ 閃きを得られる大きな出会いの場にすることを目指します。

イベント当日は、多岐に渡るテーマのセッションが会場内の複数の部屋で一斉に進行していきます。どのセッションに参加するかは、あなたの選択次第です。

インクルーシブデザイン
音と振動を用いた演奏コミュニケーション
宇宙開発、月面探索ミッション
世界に向けた映像エンターテイメントの発信
UXデザインの実践
ウェアラブルとシンギュラリティ
農業 ☓ ICT
医療技術の最前線と未来
福岡の魅力を再発見

同じ考えや違う考えを持った人々から得られる熱いエネルギーを、共に感じてください!

だそうで、 いまいちよくわからないんですが、
要するに、色々と新しいことに取り組んでいる人たちが、今どんなことに取り組んでいるのか、どんな事をやってきたのかを講演します。

このイベントの面白いところは、その登壇者が特定の分野に限定しておらず幅広いという点です。
Android勉強会とかAWS勉強会とかとはそこが大きな違い。
なので自分の専門じゃない人たちに会って知見を広めることが出来ます。

自分の得意なことや、やりたいこととは別の専門分野の人たちに出会えることで、自分の能力と他の能力を組み合わせることが出きる。というのが「Future Sync」未来を同期するという名前の由来。

冒頭でも書いたけれど、今年が最後と言われています。大きな理由として既にFutureSyncも5回目を迎えて、主催者を含めた最初から参加している人たちの多くが自分たちの未来を見つけて歩み始めたことがあるのではないでしょうか?
当初主催者のほとんどがサラリーマンだったのですが、皆独立して会社を持ったりフリーランスで働くようになったのも特徴的。
そういう意味でFutureSyncの当初の目的は想像以上に達成されていて、今回のVol.5で一度きちんと終わらせようという意図があるように感じられました。

今、何が起きていて、何が実現可能で、どんなことが出来るのか、そして面白いことをやっている人たちに会いに行ってみてはいかがでしょうか?

前:MacBook店頭レビュー 次:Google I/O Extended in Fukuoka開催

関連キーワード

[IT][イベント]

コメントを投稿する