Nexus5のバッテリーを交換したよ

2015/2/21 28151hit

最近Nexus5のバッテリー持ちが悪いと思っていたのだけれど、いよいよ致命的な状態になってしまいました。
現象としてはバッテリーが残り60%の状態で突然電源が落ちて、そのまま起動しなくなるというもの。
充電を開始すると電池の残量が0%になってる。
どうもバッテリーが寿命を迎えたのではないかと。
正直ちょっとへたるのが早いんじゃないかと思うのですが、qiが正しく充電できずに発熱したままになっていたり動画をバシバシみたりというヘビーユースをしていたことでバッテリーの寿命を縮めてしまったようです。

新型に変えてもいいのですがNexus5のバッテリーがAmazonで安かったので自分で交換してみることに

※端末の分解を行うと保証その他がなくなります。また、端末の故障や怪我などの恐れもあります。
端末内には両面テープで固定されている部分があり元と同じだけの強度はなくなってしまいます。
以下自己責任にて行ってください。

必要な物は3つ。バッテリーとY字ドライバーとオープナー
バッテリーはLGの純正品をチョイス

Y字ドライバーはこちら
この2つは絶対にないといけません。


最後にオープナーですが、これだけ発送が遅かったのでオープナー無しで行いました。
オープナーがあったほうが楽で端末を傷つける恐れも減るでしょうが、オープナーがなくてもマイナスドライバーや薄いプラスチックの板があればなんとかなると思います。


ということで始めます。


全くの余談ですが、最近ガラス製のテーブルをやめて木製の作業台に変えました。
理由はいくつか有るのですが、一番はガラスだとPCやコップをうっかり落とした時割れてしまいそうだなぁと思ったこと。
他にはマウスパッドが要らなくなるとか(マウス使わなくなりましたが)冬場冷たくないとか、傷を恐れなくていいとか諸々です。

筐体を分解する。
それではまず筐体を分解します。Nexus5は最近の端末に多いバッテリー組み込みタイプ。
本体を開けるための取っ掛かつりなども有りません。そこで本体と裏蓋の間に爪をねじ込んで無理やり開きます。
爪を傷めるのが嫌な人はオープナーを使ってください。

まず開きやすい側面から開けます。爪を隙間にねじ込むように押し付けて、フタ側を強めに押すとぱっくり開きます。
なかなかすぐには開かないので開きやすい場所を探してみてください。


開いたら、何かの拍子に閉じてしまうのが嫌なので紙か何かを差し込んでおきます。


続けて本体上側、反対側と開いていきます。

蓋はよくしなるのですが、急いで開き過ぎると裏蓋が折れたりする危険があるので慎重に。
最後に底面を開きますが、ここは両面テープで止まっているのでゆっくりとテープを引き剥がすように開いていきます。
両面テープは本体の下、両側にL字型で張り付いています。


裏蓋が開いたら次はバッテリーのコネクターなどをカバーしている蓋のネジ6箇所をY字ドライバーで外します。

ネジは無くさないように一箇所に集めておきましょう。

ネジを外してもカバーはハマっているので指で軽く開きます。
カバーが外れるとコネクターが出てきます。

まずバッテリーの上を走っているケーブルのコネクタを抜きます。
力を入れ過ぎないよう気をつけて

次にバッテリーのコネクタを抜きます。

普通のデジタル機器ならここまで来るとほとんどゴールなのですが、Nexus5はここからが最大の山場です。
バッテリーは本体としっかり両面テープで止まっているのでこれをオープナーなどを使ってゆっくりと引き剥がしていきます。
なんせ相手が柔らかいリチウムポリマーバッテリーなので傷を付けないように注意しないといけません。
テコの原理で不用意に力が入ってしまわないように気をつけてゆっくりと場所を変えながら剥ぎ取っていきます。

バッテリーが外れました。
新品のバッテリーと比べると若干膨らんでいるようです。


さて、あとはバッテリーを変えて今までと同じ方法で組み直せばいいだけですが、いくつかポイントが有ります。
バッテリーのコネクターはかなり余裕を持った長さになっていて、そのままではコネクタと位置が合わないので奥に軽く折り曲げて長さを調整して差し込む必要があります。

ネジ止めした黒いカバーについては、強めに締め付けた後軽く押し込んでパチリと言うまで嵌めこむ必要があります。
これを忘れると裏蓋が浮いてQiで充電できなくなります。(対処法有り)

最後に裏蓋を閉じて完了です。電源をつけて各種動作チェックをしてみましょう。
もし、ここでQiが動かなかったら、裏蓋の浮きがないかチェックしてください。
特にnexusのsよりちょっと右側を押し込むとパチリという音とともに浮きが取れることが有ります。
全体の作業時間は写真を取りながら40分程度、かかった費用は3500円でした。
分解の難易度は比較的優しいように思います。
一番難しかったのがバッテリーを固定している両面テープで、これも技術というより根気よくやってく感じです。
分解作業はリスクを伴いますが、Nexus5の場合仮に壊れて買い替えても、2台分で他のスマートフォン1台分の値段という手ごろ感がうれしいです。

バッテリー交換後の寿命変化についてはまだ変えたばかりで見ることが出来ませんが追って報告したいと思います。
ただ、端末使用時の発熱は体感できるほど減ったように感じました。


前:2014年 見た映画 次:テキーラを飲むべき「12の理由」への反論

関連キーワード

[Android][モバイル][物欲][IT]

コメントを投稿する

名前URI
コメント