Android Wearのためのデザイン 目次

2014/8/7 5566hit
このエントリーをはてなブックマークに追加

原文
Android wearで動くウェアラブルデバイス用アプリの設計は電話やタブレット向けに設計するのとは大きく異なります。能力が異なり、利用形態が異なり、人間工学が異なります。デザインを開始する前に、Android Wearエクスペリエンスの全体的なビジョンとエクスペリエンスにフィットしてエクスペリエンスを改善できるアプリはどのようなものかを理解する必要があります。私達はあなた自身で使うことが出来るUIリソースのもととなるファイルもdownloadセッションで提供します。
Downloads

新しいフォームファクターは新しいUIモデルがふさわしいです。ハイレベルなAndroid Wear UIは提案と要求のコア機能を中心とする2つのメインスペースからなります。あなたのアプリに両方のスペースで役立つ重要な役割を持たせることが出来ます。
DownloadUI Toolkit, Flows, and Mocks

目次

設計思想
デザイン原則
アプリ構造
UIパターン
スタイル

提案:Context Stream

Context streamは便利だったりタイムリーな情報の一部を表すカードの縦方向リストです。Android携帯やタブレット上のGoogle Now機能に似ています。ユーザーは縦方向にスワイプしカードからカードにナビゲーションできます。一度に1枚のカードだけが表示され、追加の視覚情報を提供するために背景写真を使用します。カードを便利に使えると思われるときはアプリケーションで作ってストリームに入れることが出来ます。

このUIモデルによりユーザーは多くのアプリケーションを起動して更新を確認しなくても、簡単にストリームをチラッと見て重要な更新があるかチェックできます。

ストリーム内のカードは単なるNotification以上です。水平方向にスワイプして追加Pagesを表示したり、さらに水平方向にスワイプすればNotification上でユーザーがアクションを行えるボタンも表示できます。カードを左から右にスワイプすることでアプリが次に便利な情報を表示するまでの間ストリームから消すことも出来ます。


要求:Cue card

Context streamの提案にほしい情報がないとき、Cue cardによってGoogleに喋ることが出来ます。Cur cardは「OK Google」と喋るかホームスクリーンで背景をタップすることで呼び出すことが出来ます。Cue cardを上にスワイプすると推奨音声コマンドのリストを見ることも出来ます。また、個々でタップしてコマンドを選ぶことも出来ます。

技術レベルで、それぞれの提案音声コマンドは特有のIntentタイプをアクティベートします。開発者はそれらのIntentにアプリケーションを対応付けることでユーザーは音声コマンドを使ってタスクを完了できるようになります。複数のアプリケーションが1つのIntentに登録されている場合、ユーザーは使用前にアプリケーションを選ぶことになります。

アプリケーションはStream cardを追加あるいは更新したり、フルスクリーンのアプリケーションを起動することで、通常のストリーム上のアクションボタンをタップした時と同様に音声コマンドに応答することが出来ます。いくつかの音声入力は「通知を設定、牛乳を買ってくる」のようなコマンドの形式をとることがあります。そのような場合、自動的にContext Streamに戻る前に確認アニメーションを表示するだけで十分です。

その他UIの機能


・ホームスクリーンはデバイスの標準的な状態で以下の機能を持ちます。

○背景には最初のカードに関する情報か、ユーザーが選んだカスタムの文字盤が表示されます。背景をタップするか「 OK Google」といえばいつでも音声問い合わせを始めます。

○ステータスの状態は切持続状態や充電状態、機内モード、いくつかのwatch faceでは読まれていないアイテムの数を表示します。

○もっともランクが高いContext Streamがスクリーンの下から顔を覗かせます。覗かせるカードの数は文字盤の種類によります。
ホームスクリーンの背景にユーザーが選んだ文字盤が表示されます。文字盤には時間とトップランクのカードが顔をのぞかせます。ユーザーは長押しすることで異なる文字盤を選ぶことが出来ます。

・いくつかのデバイスでは未使用時に低電力なAmbient Modeに入ることがあります。この状態になると、通常画面は暗くなります。顔を覗かしているカードの内容はこの状態での表示に自動的に最適化されます。ユーザーが画面をタップするか、自分の方に画面を傾けるか、もし存在するならハードウェアのボタンを押せばambient modeを終了します。

・ホームスクリーンを下方向にスワイプすると、日付とバッテリーが表示されます。更に下方向にスワイプするとMute modeとなりNotificationによってバイブレーションしたり画面が光ったりしなくなります。

・設定画面はCue cardあるいはいくつかのデバイスではハードウェアボタンを使用して開くことが出来ます。ここではデバイスの電源を切ったり再起動したり画面の明るさの調整や、機内モードの切り替え、デバイスの詳細にアクセスできます。

・フルスクリーンアプリはメインストリーム上で実行され、より幅広い応答性を持たせることが出来ます。スタイルはコンテキストストリームパターンに限定されませんが、アプリは他のシステムのデザイン原則を尊重する必要があります。より詳細はアプリ構造を参照してください。


Except as noted, this content is licensed under Creative Commons Attribution 2.5. For details and restrictions, see the Content License.

前:データレイヤーイベントを取り扱う 次:Android Wearの設計思想

関連キーワード

[Android][モバイル][IT][翻訳][ウェアラブル]

コメントを投稿する

名前URI
コメント