Bluetooth経由のデバッグ

2014/8/5 5334hit

ウェアラブル向けアプリを作る 目次
原文
開発マシンに接続された携帯端末からデバッグを出力するルーティングによりウェアラブルはBluetooth経由でデバッグが出来ます。

これも見てください

デザインガイドライン

デバッグのためにデバイスをセットアップする

1.携帯端末でUSBデバッグを有効にする。
○設定アプリを開いて一番下までスクロールする
○もし開発者向けオプションが表示されていなければ端末情報(あるいはタブレット情報)を開いてビルド番号を7回タップする。
○戻って開発者オプションをタップする
○USBデバッグにチェックする
2.ウェアラブル上のBlutoothデバッグを有効にする。
 1.ホームスクリーンを2回タップしWearメニューを表示させる。
 2.下までスクロールし設定をタップする
 3.もし開発者向けオプションが表示されていなければ端末情報をタップし、ビルド番号を7回タップする。
 4.開発者向けオプションをタップする。
 5.Bluetooth経由でデバッグを有効にする。

デバッギングセッションのセットアップ

1.携帯端末のAndroid Wearコンパニオンアプリを開く
2.上の右側にあるメニューの設定を選ぶ
3.Bluetooth経由のデバッグにチェックを入れる。オプションの下の小さなステータスサマリーに以下のように表示されるはずです。
ホスト:未接続
ターゲット:接続済み

4.携帯端末をUSB経由で開発マシンに接続し以下を実行します。
メモ:使用可能なポートならどれでも使えます。
Android Wearコンパニオンアプリではステータスが以下のように変わるはずです。
ホスト:接続済み
ターゲット:接続済み

アプリをデバッグする
adbデバイスが実行中ウェアラブルはlocalhost:4444として表示されます。adbコマンドを実行するときは以下のフォーマットを使用します。
adb -s localhost:4444 <command>

もし、TCP/IP経由(すなわちエミュレータ)で他のデバイスが接続されていなければコマンドを以下のように短縮できます。
adb -e <command>

例えば
adb -e logcat
adb -e shell
adb -e bugreport



Except as noted, this content is licensed under Creative Commons Attribution 2.5. For details and restrictions, see the Content License.

前:パッケージングウェアラブルアプリ 次:データの送信と同期

関連キーワード

[Android][Java][モバイル][IT][翻訳][ウェアラブル]

コメントを投稿する

名前URI
コメント