ウェアラブルアプリを作る

2014/8/3 4329hit

ウェアラブル向けアプリを作る 目次
原文
ウェアラブルアプリはデバイス上で直接動き、センサーやGPSなどのハードウェアにアクセスできます。それは基本的に他のAndroid SDKを使ったデバイス向けに作られたアプリと同様ですが、デザインとユーザビリティが大いに異なり、加えていくつか提供される機能が異なります。
携帯端末とウェアラブルアプリの主な違いは:

・Activityを表示して、ユーザーが操作を行わずシステムがタイムアウトを実行してデバイスがスリープになった時にスリープを解除すると、あなたのActivityの代わりにウェアのホームスクリーンが表示されます。継続的になにかを表示させ続けたいと思うのであれば、コンテキストストリーム内にNotificationを作ってください。

・ウェアラブルアプリは携帯端末のアプリに比べてサイズも機能も少ないです。ウェアラブルアプリはウェアラブル上で動かす意義があるものだけを含みます。通常それは対応した携帯端末向けアプリの小さなサブセットです。一般的に可能な限りにおいて携帯端末上でオペレーションを行い、ウェアラブルに結果を送るようにするべきです。

・ユーザーはウェアラブル上に直接アプリをダウンロードしません。代わりにユーザーが携帯向けアプリをインストールするとシステムは自動的にウェアラブルアプリをインストール出来るように携帯端末向けアプリの中にウェアラブルアプリを付属させるようにします。ただし、開発用途ではウェアラブルへ直接ウェアラブルアプリをインストールすることが出来ます。

・ウェアラブルアプリは標準的なAndroid API群にアクセスできますが、以下のAPI群はサポートしていません。
android.webkit
android.print
android.app.backup
android.appwidget
android.hardware.usb
ウェアラブルでサポートする機能を調べたいときは、APIを試しに使って見る前に、hasSystemFeature()を呼ぶことでチェックできます。

メモ:私達はAndroid Wearの開発にはAndroid Studioを使用することをお勧めしています。Android Studioはプロジェクトのセットアップ、ライブラリの内包、packaging conveniencesというADTでは使用できない機能を提供しています。以降このトレーニングではAndroid Studioを使用していることを前提とします。

ウェアラブルアプリの作成と実行

ウェアラブルと携帯端末向けアプリモジュールの両方を含んだAndroi Studioプロジェクトを作成し、デバイスやエミュレータでの実行方法を学びます。

カスタムレイアウトの作成

NotificationとActivityのためのカスタムレイアウトの作成と表示方法を学びます。

音声入力の機能を追加する

音声アクションでActivityを起動する方法と、システムに自由な形式で喋った音声入力を記録させる方法を学びます。

パッケージングウェアラブルアプリ

ユーザーがGoogle Play storeから関連した携帯端末向けアプリをインストールした時にシステムが自動的にウェアラブルアプリをインストールするように、携帯端末アプリの中にウェアラブルアプリをパッケージする方法を学びます。

Bluetooth経由のデバッグ

USBの代わりにBluetooth経由でデバッグする方法を学びます。


Except as noted, this content is licensed under Creative Commons Attribution 2.5. For details and restrictions, see the Content License.

前:Notificationを積み重ねる 次:ウェアラブルアプリの作成と実行

関連キーワード

[Android][Java][モバイル][IT][翻訳][ウェアラブル]

コメントを投稿する

名前URI
コメント