Google I/Oの参加申し込みについて詳細が発表されました。

2014/3/27 12157hit
このエントリーをはてなブックマークに追加

重要なお知らせ
チケットの申込日が現地時間4月15日〜18日に変更になっています。
チケットの申し込み時間は現地時間 15日(火)午後4:00~18日(金)午後2:00まで
日本時間は+16時間で 16日(水)午前8時~19日(土)午前6時まで

Google I/Oの参加申し込みの詳細が開始され、イベントサイトもオープンされました。
この記事はイベントサイトおよびHave a question?の意訳即訳です。

正確な情報については原文を確認するようにして下さい。
日本特有の問題や持って行くと良い物、必要な金額などはGoogle I/Oに行こうの記事も見て下さい。
GDG JapanによるGoogleI/Oへ参加しようとする人のための情報交換やトラブル解決のためのコミュニティーがGoogle+にあります。
是非ご参加下さい


Google I/O開催日時

開催日 6月25〜26日
開催場所 Moscone Center 747 Howard Street San Francisco, CA 94103

I/Oで行われる物

質問をし、アイデアを交換し、世界最新で最高の技術のギークになる準備をしよう

コーディングハングオン

Google社員の支援を受けて新しいアプリを構築しテストし配布しよう。

サンドボックス

Googleテクノロジーを使ったインタラクティブエクスペリエンスを探して体験しよう

オフィスアワー

技術者、開発者、マーケッターから1対1でフィードバックを受けよう

キーノート

Googleの最新プロダクトと革新的なプラットフォームについて知る。

セッション

業界リーダーが新技術、大成功や大失敗を共有します。

アフターアワー

日が暮れたらライブパフォーマンスとドリンクで楽しみましょう。

登録について

今年はラッシュに合う必要はありません。二日間の間期間中、登録ウィンドウは常に受付され、ランダムに抽選されます。
登録申し込みについての詳細は下記 申し込み詳細についてをみてください。

I/Oオンデマンド

参加できそうにない? リモートで参加するか、地元で開催されるI/O Extendedイベントに参加してください。
◇I/O ライブを通してライブストリームをチェック
◇近くの開発者で集まりHangotを見るI/O Extendedイベント
詳細は後日

準備してください

登録は4月の15日〜18日まで(現地時間)です。
日本時間は+16時間で 16日(水)午前8時~19日(土)午前6時まで


申し込み詳細について


最新情報の取得

セッションやスピーカー、アクティビティーの最新情報を取得するためにGoogleI/O2014 websiteを訪れてください。
Google+ページGoogle Developers Blogを見てください。
加えてI/Oの前に最新情報とチェックインの方法を参加登録された全ての参加者のメールアドレスに送ります。
※訳注:参加時に登録する電子メールには参加に必要な情報が送られます。そのため捨てアカウントなどを使用しないように注意してください。
 また、参加登録に関するメールは直前に送られてくることがあります。海外でも受信できるアドレスを使用すると安心です。

生放送と録画

もしあなたがGoogle I/Oに来ることが出来なくても、この楽しみに参加することが出来ます。GoogleのWebサイトでI/O Liveを通じて、キーノートや主要なセッションを生放送で見ることができます。各地域で開催されるI/O Extendedに参加するのも良いでしょう。もし生放送で見ることができなくても全てのセッションはI/O終了後にしばらくしてから録画出見ることができます。

登録

一般チケット:900ドル
学生チケット:300ドル
今年は登録方法に多くの変更があります。
登録するためのウィンドウは4月8日 午前5時から 4月10日 午後5時(日本時間 4月8日午後9時から4月11日午前9時)
現地時間4月15日から4月18日に日付が変更になりました。現状まだ詳細が不安定なためしばらく新着情報に注意して下さい

18日に登録が終了した後にランダムで抽選を行い、翌週電子メールで選ばれたチケット購入者に購入確認が通知されます。
チケットの登録はランダムで行われます。登録順は当選結果に関係しません。

登録画面は以下のようになるでしょう

・登録を行う前に、Gooogle+へのサインインが必要です。

・その後、必要な登録フィールドへの入力を完了するとGoogle Walletを通じてチケットの購入確認へと続きます。

・この時はまだGoogle Walletの課金は行われません。しかし、事前承認により購入するための手段が有効であることの確認が行われます

・チケットが割り当てられた場合のみ、クレジットカードに課金が行われます。
 登録を完了した時点で、チケットを割り当てられたとき、Google Walletが課金を完了させる許可を与えておくことになります。

・チケットはオリジナルの登録者のみが使用可能です。他人に譲渡したり販売することは出来ません。

・チケットの払い戻しは6月1日までです。

・チェックインを行い、GoogleI/Oバッジを取得するために写真付きのID(※訳注 チェックインは例年通りなら前日および当日に会場で行われます。写真付きIDについて日本人はパスポートを用意してください。)が必要です。

Google Wallet Proチップス

登録を行う前に、Google+のアカウントと支払いを行うGoogle Walletのアカウントへのサインインが必要です。
・もし、Google Playで購入経験があるなら、あなたは既にGoogle Walletを使用できます。

GoogleWalletの設定を確認し支払い方法が正しく、最新であり、住所登録が完了していることを確認してください。

・もし、初めてGoogle Walletを通じて多額の決済を行うのであれば、支払いプロセスを確実にするために、銀行あるいはクレジットカード会社にGOOGLE*IO Ticketsという名目で900ドルあるいは300ドル(学生チケット)の課金が行われることを通知しておいたほうが良いかもしれません。

登録の契約条件

・それぞれのチケットは1枚のみ購入可能で、二日間通しのチケットのみです。1日のみのチケットはありません。

・あなた自身のGoogle+のアカウントを使用して登録し、全てのチケットはGoogle Walletを使用して購入する必要があります

・登録画面を完了したことでGoogleWalletに課金を完了させる許可を与えることになります。チケットはランダムで受け取ります。

・Google I/Oのチケットは登録者によって使用されないと行けません。譲渡することは出来ません。

・チケットは販売されたり、物々交換したり、オークションに出されたり、あるいはどんな方法であっても他人に渡されてはいけません。そのようなチケットはGoogleによって無効とされることがあります。

・チェックイン時にGoogle I/Oバッジを割り当てる前に写真付きのIDをチェックします。政府支給のライセンスやパスポートなどでOKです。(※訳注 とはいえ運転免許証などは英語が書いていないので現地でもめる可能性有り パスポートが安心です)
適切なIDが無い場合、バッジを受け取ることが出来ず、I/Oに参加できなくなります。

・もし、学生チケットを購入している場合、学生証を提示できないと、会場にはいることは出来ません。払い戻しもありませんし、通常のチケットへ切り替えることも出来ません。(※訳注 パスポートと違って途中の旅程で必要ではないので忘れないように注意しましょう。 これもまた英語版を学校からもらってください。国際学生証(http://www.isic.jp/)でもいけます。)
 カンファレンスにチェックインするときはかならず現在所属する学生証、あるいはアカデミック料金で参加できることを証明できる証拠を持つようにしてください。

・もし、イベントに参加できなくなった場合は6月1日までにgoogleio2014@google.comに返金要求を連絡してください。それ以降はいかなる理由によっても返金されません。

・Google I/Oに参加する参加者は15歳以上である必要があります。
15〜17歳であっても大人の同伴は必要ではありません。しかし、事前あるいは現地のチェックインで保護者が署名した同意書を提供しないと行けません。Googleは親が同伴するためのチケットを提供することはありません。同意書のフォーマットはgoogleio2014@google.comに電子メールを送り受け取ってください。

・Google I/Oやアフターパーティーに他の招待客を呼ぶことは許されません。もしあなたが誰かと共に旅行してくるなら、その人も自分自身でチケットを購入する必要があります。(※訳注:入館時にバッジを確認されるので入ろうにも入れません。)

・Googleやその他の人が撮影した写真やビデオには、あなたの画像や外観が写るかも知れません。
Googleがこれらの写真やビデオを補償なしで使用する可能性があることに同意します。

・登録時の情報は、あなたが知る限り最大限正確で無くてはいけません。全ての情報は英語で入力されないと行けません。情報の一部(名前や会社など)はGoogle+のプロファイル写真に加えて参加者バッジに表示されます。

・GoogleI/Oのバッジには出演者を支援してセッションやアクティビティーへの参加を決めるためにNFCやBLEなどのRFID技術を含むかも知れません。

・全ての登録された参加者は、Googleが登録とイベントへの参加についての連絡を行うことに同意します。
チケットの購入により、Googleがイベントに関する情報を電子メールであなたと交換することに同意します。

・Google I/Oへの出席は以下の場合許可されません。
◇通商禁止となっている国の居住者
◇通商禁止となっている国に日常住んでいる個人
◇輸出管理と制裁プログラムが適用されている個人

登録についての詳細

・登録完了後、Google+にログインして、GoogleI/O登録ページに戻ることにより登録情報の大部分を見直して編集できます。登録完了後、名前を変えることは出来ません。I/Oにチェックインするときに使用する写真付きIDと一致する名前を登録する必要があります。

・Google I/Oの登録には、2日間のセッション、製品デモ、アフターアワーレセプション、キーノートへの参加を含みます。二日間の朝食と昼食、軽食、アフターアワーでの食べ物と飲み物を提供します。参加者はカンファレンスバッジとTシャツ、そして追加のお土産があるかも知れません。あなたが、学校や大学や、政府組織などによりこれらのアイテムを受け取ることが出来ないかも知れない場合はイベント前におのおのの担当までお問い合わせ下さい。食べ物やお土産はオプションであるため、それらを一切受け取らずに参加することが可能かも知れません。

・登録料には宿泊費は含まれていません。

・サンフランシスコ市はGoogle I/O参加者が所在していそうな場所についての情報をGoogleに求めます。 イベント前にこれらの情報を提示できない場合はチェックイン時に要求されます。

・これらの情報は通常、匿名かつ統計の形でサンフランシスコ市と共有されます。ホテルのシティーポストイベント監査のために、一部の参加者の姓名の提供を要求されるかも知れません。

・Google I/Oへの移動方法は提供されません。会場であるMoscone West Convention CenterへはBARTやMUNI メトロ、カルトレインが便利です。(※訳注 サンフランシスコ国際空港からはBARTが便利です 片道$5 乗り換えなしで市街地まで行くことが出来ます。時間はおおよそ1時間です)

・米国市民以外は米国まで行くために必要な書類と手段を各政府に確認してください。(※訳注 日本なら通常ESTAとパスポートでOKです。)入国ビザが必要な人はgoogleio2014@google.comに相談してください。
Googleが大使館へ連絡することは出来ません。

学生チケット

Googleは学生のために限られた数の$300の割引チケットを提供します。
資格を得るには、高校以上のフルタイムの学生、教授、あるいは学部、スタッフである必要があります。
2014年、イベントの前に卒業した人も含みます。
チェックイン時、現在の学校のIDコピーや成績証明書、学業成績証明書などのドキュメントで割引料金を受けることを証明できる書類などを所持する必要があります。

・購入後、通常のチケットを学生チケットに変えたり、その逆を行うことは出来ません。

・学生チケットを購入し、GoogleI/Oに到着して、割引料金を証明するドキュメントがない場合、会場に入ることは出来ず、払い戻しもなく、通常の入場券を買うことも出来ません。

報道

我々は◇があるメディアのメンバーのために限られた数のプレスパスをオファーします。
リクエストするにはこの書式に記入してください。
より詳細な質問はemailをgoogleiopress@google.comへ送って下さい。

限られた数のプレスパスを提供するために、Googleがリクエストを調査することに注意して下さい。書式に記載することはプレスパスを保証することを意味しません。リクエストが認められたらGoogleのチームがあなたに連絡を取ります。

出席の詳細

GoogleI/Oでの全てのプレゼンテーションは英語で行われます。
GoogleI/Oでの全てのセッション、コードラボは原則早い者順です。

バッジ

バッジと会議の資料は現地でのチェックインで使用可能になります。全ての参加者はバッジを取得し、GoogleI/O二はいる前にパスポートあるいは政府が発行した写真付きのIDを提示することを要求されます。バッジは誰とも共有したり渡すことは出来ません。バッジは再発行できないので無くさないで下さい。再入場できなくなります。I/Oへ入場し、セッションやサンドボックス、アフターアワーにはいるときにバッジを付けなくてはいけません。安全確認のために要求された時はさらなるIDなどを提示、提供して下さい。バッジには名前と会社あるいは組織(入力されている場合)Google+のIDと写真を含みます。

アフターアワーパーティー

全ての登録された出席者はアフターアワーパーティーに招待されます。Conference credentialsが入場の時に必要です。
食べ物、飲み物、音楽、ゲームなどに参加して下さい。
アルコール飲料は21歳以上のひとだけが使用可能です。(※ カリフォルニア州の条例で飲酒は21歳からです。 20歳の人は飲めないので注意して下さい 年齢確認があります)

服装

Google I/Oは開発者のためのカンファレンスですから、堅苦しくないカジュアルな格好をして下さい。ドレスコードはありません。
(※訳注ドレスコードがないとはいえスーツはやめといた方が良いでしょう)

アクセシビリティ

Googleは基調講演のいくつかとセッションにリアルタイム筆記を提供しています。(※訳注 これでヒヤリング出来なくてもOK と思ったけれど去年、一昨年は大文字で読み辛かった 今年は小文字にして欲しい)部屋の先頭に表示されるスクリーンに表示され、全ての参加者にとって使いやすいです。キャプションはセッションのYouTubeでも使用されます。それらはイベントの後にポストされます。
その他支援が必要な場合は事前にgoogleio2014@google.comへ連絡して下さい。

GoogleはGoogle I/OのセッションでASL(手話)通訳を提供したい願っています。我々は技術的なことをよく知っている翻訳者を見付けるために最善を尽くします。しかし、通訳は事前に話し手と会うことが出来ないだろうことに注意して下さい。
ASLが必要な人は登録時事前に連絡をして下さい。Moscone Westは完全にADAを準拠しています。
その他設備に対して事前に知りたい言葉ある場合googleio2014@google.comへ連絡して下さい。

アンチハラスメントポリシー

GoogleはGoogle I/O(将来的なイベントを含む)からいつでも自由に誰でも退場させたり、入場拒否する権利を有します。
これは、乱暴なマナーや下記条件を満たしていない人を含みますが、それに限定される者ではありません。

喫煙

Moscone Center West内は完全禁煙です。喫煙は屋外の指定された場所で行って下さい。

販売

GoogleI/O内で商品やサービスを販売してはいけません。
これらの活動を運営している全ての出席者が会議から退場となる可能性があります。

チャイルドケア

Googleは今年も会議出席者にMoscone West近くのグループ育児所を無料で提供します。6ヶ月から12歳までの子供が使用可能です。登録を行うときにチャイルドケアに興味があるかを記載して下さい。登録完了後、Googleは詳細な情報を集めて、チャイルドケアに関する詳細な情報をあなたに連絡します。

前:スマートフォンホルダーEC-148が良い感じ 次:GoogleI/O写真蔵

関連キーワード

[旅行][IT][イベント][翻訳]

コメントを投稿する

名前URI
コメント