Android Wear デザイン原則

2014/3/20 5262hit

お知らせ
このセッションは開発者プレビューのための古い情報です。正式版については
ウェアラブル向けアプリを作る 目次を見てください

目次

Android Wear
Android Wear Developer Previewを始めよう
Android Wear UI概要
>Android Wear デザイン原則
Android WearのためのNotificationを作る
Android Wear Notificationから音声入力を受信する
Android Wear NotificationにPagesを追加する
Android Wear NotificationをStackする
Android Wear Notificationリファレンス(英語)
ライセンス規約(英語)

原文

Android Wearのデザイン原則

Android Wearデバイスはあなたにネット世界と現実世界を接続させ。ちょうど良い時間にちょうど良い情報を提供します。

ここにはAndroid Wearプラットフォーム上で素晴らしいユーザーエクスペリエンスをデザインするための複数のガイドラインがあります。Android Wearのためのデザインは根本的に電話やタブレットとは異なります。そのためあなたのコンテキストがAndroid Wearの考え方の上でどのように働くかについてから説明します。

Android Wearエクスペリエンスは

状況を理解して賢い

デバイスは新レベルの状況認識をコンピュータにもたらします。
ユーザーの注意や入力を必要とするのではなく、Android Wearデバイスが彼らの状況と場所を認識し、必要な時に必要な情報を表示します。
タイムリーで、関連性があり、明確である。

すぐに見ることができる

ウェアラブルデバイスは視界の隅にある時を含めて、一日中使用されます。
優れたアプリケーションはユーザーが最小の注意を払うだけで最大の情報を受け取ることが出来ます。そして、一日を通じて、関連情報の、適切なsnippetsを提供するよう最適化されます。
短く、明確で、差し迫っている。

皆無/最小の対話性

とても小さいデバイスであることの強みを活かすために、Android Wearはシンプルな対話性にフォーカスします。どうしても必要なときだけしかユーザーによる入力を要求しません。殆どの入力はタッチ、スワイプ、音声で行われるため、きめ細かい操作技術を要求しません。
ジェスチャーで、シンプルかつ、素早い操作が可能。

役立つ

Android Wearは素晴らしいアシスタントのようです。あなたのことと、あなたの好きな物を理解して、とても重要なときだけ口を挟み、いつでもあなたの手の上で答えを返す準備をしています。
効率的で、礼儀正しく、応答性がある。

ユーザーの注意を尊重しながら、スマートに世界との繋がりを提供することで、Android Wearは個人的でありながら世界的であり、シンプルで賢く、控えめでいつも準備が出来ているように感じさせます。
これらの主義を尊重しているNotificationはAndroiew Wearエクスペリエンスの中でもっともアットホームであるように感じさせます。

Notification UIパターン

Android notificationはメインストリーム内でcardとして表示され、Android Wearエクスペリエンスの中心を作ります。
多くのmain Android Design guidline for notiricationsはAndroid Wearでも当てはまります。ユーザーの注意を尊重してください。不必要にユーザーを中断させることはアプリケーションの評判を落とします。

不必要なテキストをNotificationから外してください。文字を読まずにチラ見できるデザインを行ってください。単語とフレーズを使い、文を使わないでください。シンプルなアイコンや絵文字を使い、言葉を使わずに視覚的にメッセージを伝えて下さい。

メッセージアプリケーションなどでは特に、動的な内容が1つのスクリーンで収まらないかも知れません。
この場合、内容は自動的にCardに収まるように切り取られます。ユーザーがタップして全文を見るかも知れないので全文を提供する必要があります。

Notificationの優先度はNotificationの緊急性に従い、緊急性のある場合以外はhigh priorityを選んではしけません。
アクティブなNotification(ユーザーのデバイスを振動させます)は緊急の注意またはアクションを必要とする場合だけ使用してください。(時間に基づくリマインダーや友人からのメッセージなど)
緊急性が低いNotification(タイムカードの通過や、万歩計の日別カウント、ソーシャルネットワークの更新等)は音を立てずにcardストリームに加えられる必要があります。


Action

ActionはあなたのNotificationの右側に表示され、Notification上でユーザーが応答出来るようにします。
最大3つまでのActionが許可されます。
もっともよく使われているActionが最初に置かれます。それはcontentから1度のスワイプで表示されます。

Actionはアイコンと見出しからなります。アイコンはPNGファイルを使用し64x64DPで背景が透過されている白の画像である必要があります。
見出しは短い動詞を使ってください。長い見出しは自動的に1行に切り取られます。

Actionはオプションです。多くの便利なNotificationでActionを一切含める必要はないでしょう。

Actionボタンについての開発者向け詳細はAndroid WearのためのNotificationを作るを読んでください。


画像

画像はストリームのCard間で表示されコンテンツとさらなる可読性を提供します。画像はNotificationのメッセージをサポートする物である必要があります。例えば、スポーツチームに関するCardであれば、チームカラーとロゴ、連絡先にある人からのメッセージなら、プロファイル写真を表示する等です。

Cardが画像の下部分を隠すことを忘れないでください。画像はhdpiで320px x 320px以上でなくてはいけません。Bakcgroud画像はページやアクションを含むNotificationで水平にスワイプすると、水平に移動するため、横長の画像の方がより適切です。

large imageを加えるためにsetLargeIcon()を各notificationで使用します。Android WearのためのNotificationを作るも見てください。


アプリケーションアイコン

Notificationを識別できるように、アプリのランチャーアイコンが自動的にcard上に置かれます。
アイコンが識別に使われるので、アプリの識別やブランドイメージのためにNotificationタイトルや背景画像は使用しないでください。
そして、Cardと画像は明確で簡潔なメッセージを提供することに専念してください。
setHintHideIcon()を使用してアイコンを表示しないことも出来ます。


Pages

Pagesはストリーム内のメインCardの右側に表示される追加Cardです。もし、あなたのメッセージの中心が短いsnippetより長いとき、Primary Notificationに多くの情報を詰め込んで直感的な可読性を犠牲にしないで下さい。
代わりに追加情報を提供するためのPagesを使用してください。

Pagesはメイン Notification cardのすぐ右隣に表示されます。
それらは通常、Main Cardのコンテンツに代わり詳細または代替ビューとして表示されます:
例えば
・現在の天気を表示するCardで、追加Pagesに3日間の天気予報を提供する。
・次の電車の発車時間を表示するCardで、それ以降の出発時間を提供示する。
・万歩計Cardの場合、消費カロリーや距離を提供する。

Pagesを追加する枚数に制限はありません。
しかし、Actionを提供するNotificationはアクセシビリティの観点から3ページより多くのPagesを表示してはいけません。

Pagesはオプションです。多くの便利なNotificationでActionを一切含める必要はないでしょう。

Pagesについての開発者向け詳細はAndroid Wear NotificationにPagesを追加するを読んでください。

Notification Stacks

Stackで同一アプリケーションからの複数Notificationを1つにまとめる事が出来ます。Pagesが1つのNotificationのさらなる詳細を提供するのに対して、Stackは複数の兄弟関係のNotificationを一つにまとめます。ユーザーが各CardsにアクセスするためにStackを広げることが出来ます。

StackによりユーザーのStreamを大量に押し流すことなく複数の役に立つNotificationを加えることが出来ます。
もし、あなたのアプリケーションが複数のNotificationを並行に作るかも知れないのであれば、それらをStackに結合することを検討してください。

各NotificationはそれぞれのNotificationに特化した別々のPagesとActionを持つことが出来ます。ユーザーはStack内にあるNotificationのCardを広げてから、それらのActionにアクセスできます。

Stackについての開発者向け詳細はAndroid Wear NotificationをStackするを読んでください。


Voice Replies

Voice Repliesは主にメッセージアプリケーションでハンズフリーでショートメッセージを記載するのに用いられる方法です。あなたは様々なケースで5つ以内で返答の提案をしたり、「事前に定義した応答」を使用することが出来ます。「事前に定義した応答」をユーザーがタップすることで、喋ることがふさわしくない場面でも素早い応答を可能にします。

選択肢にはシンプルである必要があり、どちらとも決めきれない中立の状態にも対応しないと行けません。
長すぎる返事はVoice reply UIで自動的に切り取られるかも知れません。
Voice Repliesについての開発者向け詳細はAndroid Wear Notificationから音声入力を受信するを読んでください。





Except as noted, this content is licensed under Creative Commons Attribution 2.5. For details and restrictions, see the Content License

前:Android Wear UI概要 次:Android WearのためのNotificationを作る

関連キーワード

[Android][Java][モバイル][IT][翻訳][ウェアラブル]

コメントを投稿する

名前URI
コメント