Android Wear Developer Previewを始めよう

2014/3/19 6288hit

お知らせ
このセッションは開発者プレビューのための古い情報です。正式版については
ウェアラブル向けアプリを作る 目次を見てください

目次

Android Wear
>Android Wear Developer Previewを始めよう
Android Wear UI概要
Android Wear デザイン原則
Android WearのためのNotificationを作る
Android Wear Notificationから音声入力を受信する
Android Wear NotificationにPagesを追加する
Android Wear NotificationをStackする
Android Wear Notificationリファレンス(英語)
ライセンス規約(英語)

原文

Android Developer Previewを始めよう

Android Wear Developer PreviewはあなたのアプリのNotificationを強化してAndroid Wear上でのユーザーエクスペリエンスを最適化させる事が出来るツールとAPIを提供します。

Android Wear Developer Previewを使って以下のことが出来ます。
・Androidエミュレーター内でAndroid Platformを実行する。
・あなたのAndroidデバイスをエミュレータに接続し、Android Wear上でデバイスからカードとして送られるNotificationを見る
・Preview support libraryで音声応答やNotification Pageなどの機能を使ってあなたのアプリのNotificationを強化する新しいAPIを試す。

Developer Preview toolsにアクセスするために、下のサインアップをクリックし、下記セットアップマニュアルに従ってください。
Developer Previewへのサインアップ
サインアップにより以下にアクセスが出来るようになります。
・preview supoprt libraryでの新しいNotification API
・新しいNotification APIを使ったサンプルアプリ
・Android Wearエミュレータと接続するモバイルデバイスのためのAndroid Wear Preview アプリ

注意:現在のAndroid Wear Developer Previewは開発とテスト目的のみでの使用を意図しています。製品アプリでは使用しないでください。GoogleはAndroid Wear SDKの公式なリリースに置いて大幅な変更を行う可能性があります。あなたはこのDeveloper Previewを使用したいかなるアプリケーションも配布したり出荷してはいけません。Developer Previewは公式SDKがリリースされたらもうサポートされることはありません。(Developer Previewのみで動くアプリは壊れてしまうでしょう)

必須条件

セットアップを開始する前に以下の物を用意して下さい。
1.Android SDKのインストール
 Android SDKにはAndroidアプリをビルドするのに必要なツールが全て含まれています。(オプションでIDEもダウンロード可能です)
2.Android Wear Developer Previewへのサインアップ
 preview support libraryのダウンロードを要求するのと、Google Play Store上でAndroid Wear Preview betaアプリを受け取るために、Gmailかその他Googleアカウントを使ってサインアップが必要です。

memo:もし、既にEclipse向けADTプラグインを使用している場合は22.6.1以上へのアップデートが必要です。Eclipseのツールバーにある Help>updateで最新版のチェックを行ってください

1.Android Wearシステムイメージのインストール

1.Android SDK Managerを実行する
 ◇Eclipseの場合、Window>Android SDK Manager
 ◇Android Studioの場合 Tools>Android>SDK Manager
2.ToolsにあるAndroid SDK Toolsがリビジョン22.6以上であることを確認する。もし22.6未満だったら以下の手順でアップデートが必要です。
 1.Android SDK Toolsを選ぶ。
 2.Install packageをクリックする。
 3.ライセンスに許諾し、Installをクリックする。
 4.インストールが完了したらAndroid SDK Managerを再起動する。
3.Android 4.4.2の中にあるAndroid Wear ARM EABI v7a System Imageを選ぶ。
4.更新可能であればExtra内にある最新バージョンのAndroid Support Libraryに更新しておく。Android Studioを使っているならAndroid Supoprt Repositoryも選択する。
5.Install packagesをクリックする。
6.ライセンスに許諾し、Installをクリックする。

2.Android Wear Emulaterのセットアップ

1.Android Virtual Device Managerを実行する
 ◇Eclipseの場合、Window>Android Viratual Device Manager
 ◇Android Studioの場合 Tools>Android>AVD Manager
2.Newをクリック
3.AVD Nameにデバイスを矩形にするか、円形にするかに応じて、それぞれを区別できるように”AndroidWearSquare”や"AndroidWearRoud"のように入力する。
4.DeviceにAndroid Wear SquareまたはAndroid Wear Roundを選択する
5.TargetにAndroid 4.4.2- API Level19 (またはそれ以上)を選択する
6.CPU/ABIにAndroid Wear ARM(armebi-v7a)を選択する
7.SkinにAndroidWearSquareかAndroidWearRoundを選択する。
8.それ以外のオプションはデフォルトとしOKをクリックする。
実際のAndroid Wearデバイスでは入力機器としてキーボードは提供されませんが、音声入力によるスクリーン上の文字入力を行う代わりとしてキーボードで入力するためHardware keyboard presentはチェックされたしたままにしておかなくてはいけません。
9.AVDsのリストから今作ったデバイスを選び、Startをクリックし、following window内でLauchをクリックする。

Android Wearエミュレータが開始されます。アプリのNotificationをテストするために、エミュレータとペアになるAndroid Wear Previewアプリがインストールされたデバイスが必要です。

Tips エミュレータの起動時間を改善するために、AVDのEmulater OptionsのSnapshotを有効にし、エミュレータを開始するときにSave to snapshotにチェックを入れてLaunchをクリックします。一度エミュレータが開始されると、終了時にシステムのSnapshotが保存されます。次にシステムを起動するときはSave to Snapshotのチェックを外しLaunch from Snapshotにチェックを入れます。
警告:Android Wearエミュレーターにはアプリをインストールしてはいけません。システムは既存のAndroidアプリをサポートしておらずその結果は予測不能です。

3.Android Wear Preview Appのセットアップ

Android Wear Preview AppはAndroid WearエミュレーターにアプリのNotificationを送るアプリで、あなたのAndroidデバイス(電話またはタブレット)にインストールする必要があります。

Android Wear Preview appを受け取るにはGoogle Play Storeで使用しているのと同じGmailまたは、GoogleAccountを使用してDeveloper Previewへのサインアップが必要です。

メモ:Android Wear Preview AppはAndroid4.3以上で使用可能です。Android emulatorでは使用できません。

Developer PreviewにサインアップしたらAndroid Wear Preview app betaへのリンクが含まれたメールを受け取るはずです。Google Play Storeで使用可能になるのに24時間程度かかることが有ります。

Android Wear Preview appをインストールしたら、デバイスをAndroid Wear emulatorと接続するためのセットアップが可能となります。

1. Android Wear Preview appを実行し、現在notification listenerが有効ではないというNotificationをみることになります。メッセージをタップし、システム設定を開きAndroid Wear Preview to grant it notification accessを選択して下さい。
2.USBであなたのデバイスと開発PCを接続します。開発PCにはそれ以外のデバイスを接続しないで下さい。
3.(前章)で作ったAndroid Wearエミュレータが実行されていることを確認して下さい。
エミュレータは自国とデバイスが接続されていないことを示すアイコンが表示されています。
4.コマンドラインターミナルを開きAndroid SDKのplatform-toolsディレクトリにナビゲートして、以下を実行します。

adb -d forward tcp:5601 tcp:5601

5.Android Wear Previewアプリに戻り、エミュレータと接続されているインジケーターがでていることを確認して下さい。
Android Wear エミュレーターにはデバイスと接続されていることを示す「g」ord アイコンが表示されているはずです。
デバイスからのNotificationはAndroid Wearエミュレーター上でも表示されるようになっています。

4.あなたのプロジェクトにSupport Libraryを追加する

Android Wear preview support libraryにはAndroid Wearユーザーエクスペリエンスを改善するためにあなたのアプリのNotificationを最適化するいくつかのAPIが含まれています。

preview support libraryを受け取るためにはDeveloper Previewへのサインアップが必要です。
サインアップし確認メールを受け取ったら、中に含まれているリンクからZIPファイル
をダウンロードして下さい。中にはpreview support libraryといくつかのサンプルアプリが含まれています。

ダウンロードしたZIPファイルを解答したら、あなたのAndroid projectにpreview support libraryを追加します:

Eclipseを使っている場合
1.プロジェクトのルートにlibs/ディレクトリーを作ります。(AndroidManifest.xmlファイルと同じ場所です)
2.v4サポートライブラリ JARをAndroid SDK directory(例/extras/android/support/v4/android-support-v4.jar)からlibs/ディレクトリにコピーします。
3.wearable-preview-support.jarファイルもlibsディレクトリに保存する。
4.各JARファイルを右クリックしBuildPath>Add to Build Pathを選ぶ。

Android Studioを使用している場合
1.プロジェクトのルートにlibs/ディレクトリーを作ります。(AndroidManifest.xmlファイルと同じ場所です)
2.wearable-preview-support.jarファイルをlibsディレクトリに保存する。
3.あなたのapp module内にあるbuild.gradleファイルを開く。
4.v4 support libraryとAndroid Wear preview support libraryへの依存ルールを追加する。

dependencies {
compile "com.android.support:support-v4:18.0.+"
compile files('../libs/wearable-preview-support.jar')
}

5.ツールバーから Sync Project with Gradle Filesをクリックする。

Android WearのためのNotificationを作るを読んでAndroid WearのためのNotificationの最適化を始める。

Except as noted, this content is licensed under Creative Commons Attribution 2.5. For details and restrictions, see the Content License

前:Android Wear開発者プレビュー 次:Android Wear UI概要

関連キーワード

[Android][Java][モバイル][IT][翻訳][ウェアラブル]

コメントを投稿する

名前URI
コメント