2013年11月版 Firespeedアクセス結果

2013/12/2 9502hit

久しぶりにFirespeedのアクセス結果を見たらこの2年間で激動を見せていました。
2年前の記事と合わせてご覧下さい
2011年12月のFirespeedアクセス結果

アクセス数トップ10

1. Android KitKatで何が新しくなったか
2. MacBookPro retinaモデルを返品しました
3. iOS7で真っ白な壁紙を設定してみた
4. 日産JUKEを見てきました
5. Android4.3で何が新しくなったか
6. Nexus5短期レビュー
7. トップページ
8. 1分で作るAndroidアプリ HelloWorld!を作る
9. Android デザインを訳してみた
10. Windows7でメイリオの滲み解消
相変わらずJUKEの記事が強いのが目立ちます。
retinaモデルは新型が出たからか最近アクセス数がまた伸びています。

検索エンジントップ10

1. google 76.5%
2. yahoo 19.4%
3. bing 3.2%
4. rakuten 0.3%
5. goo.ne 0.2%
6. biglobe 0.2%
7. ask 0.1%
8. babylon 0.1%未満
9. avg 0.1%未満
10. conduit 0.1%未満
googleは微増、yahooは微減bingが地味ながら上がっていますね

検索キーワードトップ10

1. android4.3
2. nexus5 レビュー
3. android4.1
4. android4.3
5. iphone5s 壁紙 白
6. 惑星の旅
7. fragmenttransaction fragment 複数追加
8. nexus5
9. android helloworld
10. ジューク 後部座席
ヘッドライト黄ばみ記事は完全にランクに入らなくなり代わりにモバイル関連の話題がトップを占めるようになりました。
惑星の旅が今ランクインしていたことは驚きました。
とても美しく良いサイトです。

ブラウザトップ10(括弧内は2011年12月)

1 .Chrome 32.3% (22.5%)
2 .Safari 20.9% (8.3%)
3 .IE 17.6% (34.3%)
4 .Firefox 11.2% (18.8%)
5 .Android Browser 10.0% (10.4%)
6 .Safari(in-app) 4.8% (0%)
7 .Mozilla 1.2% (2.2%)
8 .Opera 0.1% (2.3%)
9 .Lunascape 0.2% (0.4%)
10.Opera mini 0.2% (0.1%)
なんとIEが3位にまで落ちていました。
IEがトップを陥落したあたりまでは把握していたのですがもはやその差は歴然
ChromeとAndroid Browserを合わせると42.3%でここでもGoogle強いなという感じ。
しかし、それ以上に伸びているのがSafariでIEを追い越し2位に。
アプリ内ブラウザと合わせれば25%を占めかなりの存在感を見せています。
その立役者はもちろんあのデバイスです。

OS Top10 (括弧内は2011年12月)


1 .Windows 48.9% (76.6%)
2 .iOS 21.3% (5.5%)
3 .Android 16.3% (9.4%)
4 .Macintosh 11.9% (7.7%)
5 .Linux 1.3% (1.3%)
6 .Chrome OS 0.2% (-)
7 .FreeBSD 0.1%未満 (-)
8. Playstation Portable 0.1%未満 (0.1%未満)
9. Nintendo Wii 0.1%未満 (-)
10 .WindowsPhone (-)
なんとiOSが20%を占めるまでになっています。
Firespeedはここ最近Android関連の記事が多いのですがそれでもiOSが強い。
iOS端末ユーザーが見ていたコンテンツの順位は全体と少し違っています。

iOSユーザーの場合

1. iOS7で真っ白な壁紙を設定してみた
2. Android KitKatで何が新しくなったか
3. MacBookPro retinaモデルを返品しました
4. 日産JUKEを見てきました
5. 日産JUKE試乗してきました
6. MacBookPro retina13インチレビュー
7. Chrome+Mac+Google日本語入力でフリーズする件
8. Nexus5短期レビュー
9. 黄ばんだヘッドライトを綺麗にする
10. テスラモデルS試乗してきました
意外とAndroid関連の記事を見ている人が多いなというのが正直な印象。
あと、全体ランクでランクインしなかった黄ばんだヘッドライトを綺麗にするがランクインしているのが印象的
これって、Googleでは検索にヒットしなくなったけれどBingでは検索トップにくるコンテンツでiPhoneでBingが標準検索エンジンとして扱われたことと無関係ではない気がします。

Androidユーザーの場合

1. Android KitKatで何が新しくなったか
2. Android4.3で何が新しくなったか
3. 開発者にとってAndroid4.2は何が新しくなったか
4. 日産JUKEを見てきました
5. Nexus5短期レビュー
6. Android4.1で何が新しくなったか
7. USBキーボードをAndroidと繋いでみた
8. 日産JUKE試乗してきました
9. 黄ばんだヘッドライトを綺麗にする
10. MacBookPro retinaモデルを返品しました
と思ってたけれど、どうやら気のせいで、Androidユーザーでも黄ばんだヘッドライトを綺麗にするがランクインしていました。
外で作業する内容なので携帯が強かっただけかな
あと、AndroidユーザーはAndroidの最新情報を読みたがる傾向にあるのがよく分かります。

統括

一番強烈だったのはiOSの躍進とWindowsの凋落。
2年前から強いと言う印象はあったけれど、このまま行けばトップも狙えそうな気がします。見ているページも幅広く、幅広いユーザー層が使っているのを感じさせます。
Androidの伸びも強くて1〜8月まではWindowsに次ぐ2位でした。iOSと入れ替わったのは9月からでiOS7で真っ白な壁紙を設定してみた効果が強いことが分かります。
真っ白の壁紙は実際に設定してみると、Appleのデザイナーは壁紙白の状態でiOS7をデザインしたんだろうなと思えるほどしっくり来ます。是非おためしあれ

前:SONY スマートウォッチ2の人柱になった 次:本気でAndroid用のアイコンを作る

コメントを投稿する

名前URI
コメント