Google Glass API使用ストーリー

2013/4/16 5780hit

Google Glass API Usage Storiesを訳しました
Google Glass Google Mirror API概要Google Glass クイックスタート
目次
原文

Google Glass API使用ストーリー

Glassのサービスを作るために使用できる一つの固まりをMirror APIは提供します。
あなたが構築するソフトウェアは他のソフトウェアとは異なる十mをあれるため、
どのようにMirrorAPIの機能を組み合わせて使用するかは明かではない可能性があり得ます。

多くのサービスはAPI伸しようについていくつかのカテゴリに分類されます。ここではGlassサービスを作るためにMirror APIの機能を組み合わせるいくつかの例を挙げます。

"猫の真実"

コンテンツをGlassのtimelineに届けるのはシンプルだが強力なGoogle MirrorAPIの使用方法です。
サンプルGlasswareの"猫の真実"は猫にまつわる真実を届けます。このような流れになります。
1.ユーザーはあなたのWebアプリケーションを訪問し、OAuth2.0で認証し予約します。
2.1時間後と、あなたのサービスは新しい猫の真実を各ユーザーのGlassに届けます。

"猫の真実"はTimeline insertメソッドを使用して実装されます。

1.ユーザーはOAuth2.0で認証して購読します
2."猫の真実"はユーザーとその証明書を登録します。
3.毎時"猫の真実"は新しい猫の真実を配信します。
 繰り返し登録された全てのユーザーのTimelineへTimeline itemを挿入します。
グラスがtimelineを同期します。
4.MirrorAPIはユーザーのGlassと同期します

猫をコレに追加して

人間の技術的進歩により猫の写真を配布するもっと改善した方法を提供しました。
Project Glassはなんら変わることがありません。
猫との写真はいつも素晴らしいので、このサービスはランダムな猫の画像とGlassで撮った写真を合成します。

1.ユーザーはあなたのWebアプリケーションを訪れOAuth2.0で認証してインストールして、猫を追加します。
2.サービスは新しいコンタクト「猫をこれに追加して」を作成してユーザーのGlassを呼びます
3.ユーザーは写真を撮り「猫をこれに追加して」と共有します。
4.あなたのサービスは享有された写真の上にランダムな猫のイメージを合成します。
5.最後に、あなたのサービスは猫が入った写真をユーザーのGlassに届けます。
アーキテクチャー的にこのサービスは以下のようなAPIの流れとなります。

1.あなたのユーザーはOAuth2.0で認証し、サービスは証明書を登録します。
2.OAuth2.0のやりとりが完了する直後に、サービスは"猫をコレに追加して"というコンタクトを挿入します
3.Timelineコレクションのためのsubscriptionを挿入することでサービスはこのユーザーのTimelineの更新を購読します。
4.ユーザーがContactを起動します。猫をコレに追加しては完全にセットアップされます。
5.しばらくして、ユーザーは写真を撮ります。
6.ユーザーは写真を”猫をコレに追加して”と共有します。これは写真を取り扱えるあなたのサービスと関連したTimeline cardを作ります。
7.サービスはTimelineの更新を購読しているので通知はあなたのサービスに送られます。この通知は共有した写真を含むtimeline itemとリンクされています。
8.サービスは通知を調べて写真を含むcardを取得するために含まれたidを使用します。
9.次にサービスは写真のデータを取得するために付属したIDを使用します。
10.サービスはランダムに猫の写真を選び、共有された写真と合成します。
11.最後にサービスはユーザーのTimelineに猫の入った写真を添付した新しいTimeline cardを挿入します。

注:さらにくだらないボーナスとしてビルドインの共有menu itemをtimeline cardに追加できます。
これは猫が加わった写真を他のサービスと共有するか、また"猫をコレに追加して"と共有して複数の猫を写真に加えることが出来ます。

近くのペットショップ

ただ一つだけ、"猫の真実"や"猫をコレに追加して"よりも良い物があります。
それは実際の実体のある毛皮で覆われた猫です。
Mirror APIは常にあなたが最も近いペットショップを知っていると確信させることでより簡単にします。

次のようなフローになります。
1.ユーザーはあなたのWebアプリケーションを訪れOAuth2.0で認証します。
2.サービスはユーザーの位置情報を特定します。
3.サービスはその位置情報に近いペットショップを探します。
4.サービスは近くのペットショップのリストを含むカードを時計の左に加えます。
5.Glassがユーザーの場所についてサービスに通知して
6.通知ごとにサービスは繰り返しペットショップを検索し新しい最も近いペットショップのセットを反映するためにカードを更新します。

このサービスは以下のようなAPIフローを実装します。

1.ユーザーはOAuth2.0で認証し、普通のtimeline scopeに加えてアプリケーションはgalss.location scopeへのアクセスを要求します。
2.OAuth2.0でのやりとりの直後、サービスはユーザーの位置情報更新を購読します。
3.次に、サービスは位置情報エンドポイントからユーザーの最新位置情報を取得します。
4.ユーザーの近くのペットショップを検索します。
5.サービスはペットショップの検索結果のタイムラインカードを作りサービスはカードをピン留めして時計画面の右隣をキープします。
6.ユーザーが周囲に移動し、最新の位置情報が更新されます。
7.サービスはユーザーの位置情報更新を購読しているので、通知がサービスに飛びます。この通知には位置情報コレクションを含むアイテムのリンクを含みます。
8.通知に基づき、サービスはユーザーの最新情報を位置情報コレクションから取得します。
9.次にサービスはユーザー近くのペットショップを探します。
10.最後にサービスはpatchメソッドを使用してtimeline itemのボディを更新します。

最終更新日2013年4月12日
Google Glass Google Mirror API概要Google Glass クイックスタート

前:Google Glass Google Mirror API概要 次:Google Glass クイックスタート

関連キーワード

[モバイル][IT][翻訳][Google Glass]

コメントを投稿する