タブレットのためのデザイン?助けるために私たちがここにいるよ

2012/12/2 7596hit

もくもくタブレットを実施するにあたって宿題をもらったのでタブレットのためのデザイン?助けるために私たちがここにいるよ意訳しました。
これはBlogに投稿された内容でAndroidDeveloperにある各種タブレットのための情報の見本市といった感じです。

タブレットのためのデザイン?助けるために私たちがここにいるよ

Roman Nurikによって投稿されました。良くAndroidのデザイン関連の話題をGoogle+に投稿しています。

あなたが素晴らしいAndroidフォンアプリをGooglePlayに提供し、ユーザーに愛されダウンロード数が急上昇したフィードバックを得たとします。

おめでとう

しかし、冒険的な開発者はこう考えるかもしれません。「どうやってアプリをもっと成功させよう?」
その答えはタブレット上でも同様の素晴らしい経験を提供することです。

そのタブレットアプリはユーザーから愛されます。
例えばMint.comはタブレットユーザーが携帯電話より大きな土地に7倍以上の予算を許すことがわかりました。また、TinyCoは平均してタブレットユーザーは携帯電話より35%多く消費する事がわかりました。
今こそあなたのアプリをより大きなスクリーンデバイスでより一般的で日常的なコンピュータのニーズを満たすようにアプリを移植するか考えるべき時です。

この投稿ではユーザーのための素晴らしい経験を作り上げるため有効ないくつかのリソースを付け替えます。
これらのリソースはプロダクトマネージャーからデザイナー、開発者、問い合わせエンジニアまでの一連の開発者達全てに役立ちます。

Android Design Guideline

Androidアプリのデザインや開発は第一にAndroid Design Guidelineから大きく離れてはいけません。
大半は全てのAndroidデバイスに関した中で、タブレット向けに一部の章は特化しています。

デバイスとディスプレイページはdensity - independenceコンセプトを紹介しています。
例えば、Nexus4とNexus7とモトローラXOOMは同じような解像度(それぞれ1280x768、1280x800、1280x800)を持ちます。しかし、それらはとても異なるスクリーンです。
ピクセルで考える代わりにdips(density -independent pixels)で考えます。
それにより、Nexus 4 ( 640x384 dp ) 、 Nexus 7 (960x600dp ) 、 Nexus 10またはMotorola XOOM ( 1280x800 dp ) と違いを概念化することが簡単になります。


測定基準とグリッドで議論される48dpリズムを守ることは特にタブレットでサイズ要素を確定させることを助けます。
水平、垂直のサイズ要素が不確定な場合は48dp(またはfiner gridのための16dp)の倍率を使ってください。例えば大きなスクリーン上では、惜しむこと無く96dpか144dpの大きなマージンを使用することを検討してください。
また、10インチタブレットのマスターディテールレイアウトで、マスターパネルがどの程度の幅を持つか決める時、マスターコンテンツが240dpまたは288dpの幅でどのようなルックアンドフィールを備えるか見て下さい。

マルチペインレイアウトガイドは一つのスクリーンで関連したビューを組み合わせて、アプリのナビゲートを改善し同時に利用できるスクリーンサイズを最適に利用するためのユースケースと例を紹介します。
縦画面と横画面のどちらにおいても同等の機能を維持したまま、コンテンツを配置するための戦略も議論します。
タブレットをユーザーが使用する時は縦方向にも横方向にも回転させて楽しむので、きちんと端末向きの変化に正しく反応することは携帯電話より重要です。
最後に、ダウンロード可能なステンシルは忠実度の高いモックアップによってデザイナーにとっての素晴らしいスタート地点を提供します。デバイスのアウトラインを参照し、正しいサイズのアクションバーなどを完備しています。


開発者のためのAndroid Training

Developer siteのTrainingセクションは技術志向のトレーニング教材を提供します。フローダイアグラム、コード例、サンプルプロジェクトなどを完備しています。

いくつかのクラスのギアードツアーでは開発者がどうやってアプリを様々なスクリーンサイズにスケールさせるかを理解するのを助けます。

Designing Effective Navigationクラスでは(アプリ開発工程の最初のデザイン段階向け)は
効果的な計画とタブレットにおけるスクリーンのグループ分けの方法を提供し、この方法論に従ったシンプルなニュースリーダーアプリケーションのためのワイヤフレームの例を紹介します。

Building a Dynamic UI with FragmentsDesigning for Multiple ScreensクラスではAndroidリソースフレームワークに置いてfragments
をどのように使用してつなぎあわせるかをデモします。
choose between tablet and handset layouts at runtimeは簡単にどうやればコードの再利用性を最大化し、 resource aliasesを使用してアプリケーションのサイズを最小化するかを紹介します。
それは adapting UI flows based on the current layout.テクニックのデモも行います。

最後にこれは正確にはトレーニングクラスではありませんが、Tablets and Handsetsドキュメントはこれらキーとなるベストプラクティスのより多くの情報を提供します。
もし、あなたが文書ではなくコードを見るのが好むタイプの開発者であるなら、
Android Developer Tools for Eclipseによって数回のクリックでハンドセットとタブレットをサポートするMaster/Detailフローをアプリに加えることも出来ます。


Android Design in Action Highlights

毎週、開発者関連ノチームが集まって一緒にAndroid Desing in Action HighlightsでAndroidデザインのベストプラクティスを議論する生放送を行っています。
また、オリジナル「リデザイン」モックアップは我々が考えるAndroidアプリがどのようなルックアンドフィールを持つべきかのビジョンをデモンストレーションするのを助けます。

最新のエピソードはresponsive desingにフォーカスしました。

どのようなスクリーンサイズにでも適応できる柔軟なアプリをデザインすること:

このエピソードでは、Androidにおける有名なレスポンシブデザインに成功した例として、
Googleカレンダーでカレンダーイベントを作ることから始まり、壁紙をブラウジングし、パターンとポケットのストーリー、TEDのビデオを再生、最後にあなたのカンファレンススケジュールを管理するオープンソースのGoogle I/O2012アプリに照準を当てました。
私たちはタブレットデザインの基本機能のコンセプトも紹介します(いくつかは下に示します)私たちは隔週のデザインアイデアを見ることを強く推奨します。

タブレットアプリのための多くのインスピレーションを得るためにこれらいくつかのアプリをチェックしてください。
Expadia Hotels & Flights,Pulse News,SeriesGuide,Tasks,Timer

タブレットの品質チェックリスト

developer.android.comのDistributeセクションにおいて、最近公開したTablet App Quality checklistは技術的な側面であなたのアプリがタブレットですぐに使用可能か調べます。
モバイルプロダクトに関係した全員がこのチェックリストにある標準に基づいていることを知っておく必要があります。実際問題、GooglePlayチームがタブレット向けオススメAndroidアプリを選ぶのに大きな位置を占めています。


なにをまっているの?

2013年がもうすぐ来ます。それはAndroidタブレットにとって更に素晴らしい年であるように思えます。
ここで議論されたベストプラクティスや例、その他http://developer.android.com/に従ってあなたのアプリが進化するデバイスの中で成功する位置に居ることを確認してください。

もし、あなたのアプリについて特別な質問があるなら、ぜひGoogle+(Android Developers)とツイッター(@AndroidDev)を知っておきましょう!

+Android Developersのディスカッションに参加する

前:もくもくタブレット 次:ノーパソ買い換え検討中

関連キーワード

[Android][モバイル][IT][イベント][翻訳]

コメントを投稿する