Androidの本を出します。

2012/11/24 7206hit

高見さん、菅野さん、神原さん、茶園さんと合同でAndroid APIプログラミングリファレンスという本を出します。
内容はAPIレベル16(Android4.1 JellyBean)をターゲットにしたAndroidDeveloperAPIリファレンスの和訳です。

Android APIプログラミングリファレンス

全てのAPIを網羅しているわけではありませんが、重要どこはかなり幅広く抑えたため750ページを超える図太い本になってしまいました。(ざっくり言うとやんざむ本2冊分です 重い)
辞書的に使って貰えたらうれしいです。

それとがぶ本こと、Android SDK開発のレシピ 第二版でサンプルアプリケーションのアイコンを描かせて貰いました。
表紙の犬はがぶさんが手書きで描いたがぶ犬をトレースして使っています。
通常アプリのアイコンはピカピカの傷一つオブジェクトがモチーフになるのですが、
本をじっくり読んで貰いたいと言う気持ちからウェザリング(汚し)をいれてちょっとくたびれた感じを出してみました。


サンプルアプリはGooglePlayでダウンロードできます。
アイコンを描いたお礼で見本誌を頂きました。
最初は演算子や変数の説明から入るなどプログラムを知らない人向けの入門書のようです。
プログラムの入門というと今まではPC向けプログラムになるのですが、
他人に見せびらかす事が出来るスマートフォンでプログラムに入るって面白いと思います。


来年は自分で一冊書きたいな

前:FireworksでAndroidデザイン入門 アイコン編 追記 次:9patch2fireをリリースしました

関連キーワード

[Android][書籍][イラスト][IT]

コメントを投稿する