開発者にとってAndroid4.2は何が新しくなったか

2012/11/20 48782hit

Android4.2 JellyBeanがリリースされNexus7を始めとする一部のデバイスにリリースされ始めました。
そこでAndroid4.2で何が新しくなったのか、AndroidDeveloperの JellyBean Android4.2を訳してみました。
主に開発者向けの話です。

ようこそAndroid4.2へ、これはJellyBeanの最新バージョンです。
Android4.2は最適化されたパフォーマンスと、新しくなったシステムUI
そしてユーザーと開発者のための素晴らしい新機能を持っています。
このドキュメントは開発者のために何が新しくなったかの概略を紹介します。

Developer APIの詳細はAndroid 4.2 APIsを見てください。
ユーザーにとってAndroid4.2は何が新しくなったかでユーザーのための新機能を知ってください。

早くスムーズ、もっとレスポンシブに

Android4.2はすでにJellyBeanに含まれているパフォーマンスの改善
を土台に作られています(vsync、トリプルバッファ、レイテンシーの削除、CPU input boost)
そして、Androidをさらに早くする最適化が追加されます。

ハードウェアアクセラレータによる2Dレンダラーの改善はスクロールやスワイプのような一般的なアニメーションをスムーズかつ速くします。
特にレイヤー、クリッピング、特定の形(傾いた四角形、円と楕円)の描画を最適化します。

WebViewレンダリングにおけるいくつもの最適化はWebページのスクロールをスムーズにして引っかかりと遅れを無くします。

AndroidのRenderScriptComputeは携帯機器のGPUで直接動く高速な計算プラットフォームです。
GPU計算が可能な場合は常に自動的に利用します。そして、グラフィックや画像処理のパフォーマンスを劇的に向上させます。
再コンパイルなしにRenderScriptを使ったアプリは対応端末でGPUの恩恵を受けることが出来ます。

洗練され生まれ変わったUI

Android4.2はJellyBeanのUXを洗練し、ステータスバー、システムバーそして通知ウィンドウといった一般的なAndroid UIパターンを全てのタブレットにもたらします。
全てのスクリーンサイズにおいてステータスバーは一番上に表示されるようになり、プルダウンで通知と新しいクイック設定メニューにアクセスできます。
一般的なシステムバーは下に配置され、どちらの手からでも簡単に操作できます。
アプリケーショントレイは全てのスクリーンサイズで利用可能です。


一つのタブレット、複数のユーザー

複数のユーザーが一つのAndroidタブレットを共有できるようになり、それぞれのユーザーは使いやすい専用のユーザースペースにアクセスできます。
ユーザーはロックスクリーンからワンタッチで彼らのスクリーンに変更することが出来ます。

複数ユーザーがいるデバイス上ではAndroidはそれぞれのユーザーにエミュレートされたSDカードのストレージを含む隔離された個別の環境を提供します。
ユーザーはそれぞれ自分のホームスクリーン、ウィジェット、アカウント、設定、ファイル、アプリを持ちシステムはこれらを隔離しておきます。
全てのユーザは中心となるシステムサービスを共有します。しかし、システムはそれぞれのユーザーのアプリケーションとデータを確実に遮断します。
実質的に、複数のユーザー達はそれぞれ自分のAndroidデバイスを持つことになります。

ユーザーはいつでも彼らの環境にアプリをインストール/アンインストールできます。
ストレージサイズを節約するために、他のユーザーがデバイスにアプリケーションを既にインストールしていないときだけGooglePlayからAPKをダウンロードします。
アプリが既にインストールされている場合、Google Playは新しいユーザーに通常の方法でインストールを記録しますが、アプリのコピーは行いません。
システムがそれぞれのユーザーごとにユーザー固有のディレクトリを含むインスタンスを作るので、複数のユーザーは一つのAPKから同じコピーを実行することが出来ます。

開発者にとって、複数ユーザーの対応は見えません。
あなたのアプリは通常複数ユーザー環境で実行するために特別な何かをする必要がありません。
既にリリースされたAPKですら変更が必要有りません。※訳注:パスが変更になっているためパスを直接書き込むようなプログラムに置いてはこの限りではない

システムはアプリをそれぞれのユーザーごとに、ちょうどシングルユーザー環境と同じように管理します。

ユーザーを捉える新しい方法

ロックスクリーンウィジェット

Android4.2のユーザはアンロックすることなく簡単にお気に入りのアプリのコンテンツにアクセスするためにウィジェットを直接ロックスクリーンに置くことが出来ます。
ユーザーは5つのロックスクリーンウィジェットをインストールされたアプリが提供するウィジェットから選ぶことが出来ます。
ロックスクリーンはそれぞれのウィジェットをそれ自身のパネルで表示します。異なるパネルとウィジェットを見るためにユーザーは左右にスワイプします。
全てのウィジェットと同様にロックスクリーンウィジェットはあらゆるコンテンツを表示することが出来、ユーザーからの操作を直接受けることができます。
完全に全てを備えています。例えば音楽を再生するウィジェットはコントローラーを提供したり、必要であればロックを解除してアプリのActivityに直接飛ぶことが出来ます。

開発者にとって、ロックスクリーンウィジェットは、ユーザーを捉える素晴らしく新しい方法を提供します。
ユーザーがよく見る画面の最前列にあなたのコンテンツをおき、アプリに直接ユーザーを連れてくる多くのチャンスを提供します。
新しいウィジェットを作るか、既存のホームスクリーンウィジェットを拡張することで、この新しい能力を使うことが出来ます。
アプリがホームスクリーンウィジェットを既に持っているなら、最小の変更でロックスクリーンへ対応を拡張することが出来ます。
ユーザーが最高の体験をするために、利用可能であればウィジェットをロックスクリーンの全画面を使用するように更新できます。より小さなスクリーン上で動くことが必要な場合は大きさを変更してください。
ロックスクリーンに置いて特に便利と思える機能をウィジェットに追加することも出来ます。


Daydream

Daydreamは対話的なスクリーンセイバーモードです。ユーザーがドックまたは充電したときにシステムはデバイスのスクリーンセイバーとしてDayDream(インストール済みのアプリケーションが提供するリモートコンテンツサービス)を開始します。
ユーザーは設定からDayDreamを有効にして、表示するDayDreamを選ぶ事が出来ます。

DayDreamはライブ壁紙とウィジェットを最高の能力を結合します。そしてさらに強力です。
写真をめくったり、オーディオや動画を再生したり、一回のタッチでアプリへ飛ぶようなユーザーとの対話性を備える完全に新しいコンテキストの中でコンテンツを提供します。

DayDreamはデバイスを充電かドックするときに自動的に始まるので、アプリがLean backや展示モード、デモ、キオスクモード、「attract mode」など(特別なハードウェアを必要とせずに)新しいユーザー経験をサポートする事が出来る素晴らしい方法です。

DayDreamはActivityに似ています。Activityが出来ることは何でもすることが出来ます。
直接キャンバス、openGL、SurfaceTextureなどを使用してリモートビューを使用することなくUI階層を描画できます。
動画や音楽を再生することもユーザーと直接対話することも出来ます。
しかしながら、DayDreamはActivityではないため、バックスタックに入ることはなく、最近使ったアプリにも現れません。また、あなたのアプリから直接起動することは出来ません。
DayDreamの実装は簡単です。アプリの他の部分のために実装済みのUI構成要素とリソースを利用することが出来ます。アプリは複数のDayDreamを提供できます。それぞれに異なったコンテンツと設定を見せることが出来ます。

DayDreamはあらゆる種類のコンテンツを描画できる対話的なスクリーンセイバーを作成できます。

外部ディスプレイのサポート

Android4.2はミラーリングを超える外部ディスプレイに対するサポートを提供します。Androidデバイスに接続可能な一つまたは複数のディスプレイに固有のコンテンツを当てることが出来ます。
アプリはこれにより、ユーザーに新しい対話性とエンターテイメントの経験を与えることが出来ます。

Display Manager

アプリは新しいシステムサービスのディスプレイマネージャーを通じてディスプレイと対話します。
アプリはディスプレイを列挙して、それぞれにサイズ、密度、画面の名前、セキュアなビデオをサポートするかなどの機能をチェックできます。
外部ディスプレイに対してコンテンツを最適に管理出来るようにディスプレイが追加・削除されたり機能が変更されるときは、コールバックを受けることが出来ます。

Presentation window

外部ディスプレイに簡単にコンテンツを表示できるように、フレームワークはPresentation(プレゼンテーション)と呼ばれる新しいUIオブジェクトを提供します。
特定の外部ディスプレイ上におけるアプリのコンテンツのためのウィンドウを表現するダイアログの一種です。
アプリはウィンドウのためのテーマを使ったり、ユニークなコンテンツを描画できます。
プレゼンテーションはインフレートリソースをハンドルし、ターゲットとするディスプレイの特徴に応じてコンテンツを描画します。


Presentationを利用して二つ以上の独立したディスプレイを完全にコントロールできます。

Presentationはキー入力、ジェスチャ、モーションイベントなどユーザー入力イベントを管理してリモートディスプレイのウィンドウとそのコンテンツを完全にコントロールできます。
通常のツールを使ってUIを作り、Presentationに描画するために、SurfaceViewかSurfaceTextureを使ってストリーミングコンテンツやカメラのプレビューをWindowに直接描画する任意の表示階層を構築することが出来ます。

Preferred display selection

ディスプレイにそれぞれ固有のコンテンツを表示するのに必要な量のPresentationを作ることが出来ます。
多くの場合にでは、一つの外部ディスプレイにコンテンツを表示したいだけかもしれません。
コンテンツは常にPresentationのための最高の物です。
システムはアプリが最高のディスプレイを選ぶことを助けます。

使用する最高のディスプレイを探すために、アプリはディスプレイマネージャーに好ましいPresentationディスプレイを問い合わせ、ディスプレイが変更されたときにはコールバックを受けることが出来ます。
あるいは、Android4.2で拡張されたメディアルーターサービスを使うことが出来ます。ビデオルートが変更されたときに通知を受け取ります。
適したPresentationディスプレイがアタッチされるまでは標準でmain Activityの内容を描画できます。アタッチされたときに適したPresentationの描画に切り替わります。
標準的な表示・選択UIを提供する ために、メディアルータのMediaRouteActionProviderとMediaRouteButtonを使う事も出来ます。

保護されたコンテンツ

プロテクトまたは暗号化されたコンテンツを取り扱うために、APIは取り付けられたディスプレイがセキュアなビデオを描画する能力を持っているかレポートします。
アプリはセキュアなビデオ出力をサポートするか、保護されたグラフィックバッファを提供するかをディスプレイに問い合わせて適切なストリームまたはデコードされた内容を選びます。
SurfaceViewオブジェクトにおけるさらなる安全のために、スクリーンショットやミラーを含むセキュアでないディスプレイ出力に表示されることがないようにセキュアフラグをセットすることが出来ます。

ワイヤレスディスプレイ

Android4.2からは、Miracastを使用しWi-Fiを通じて外部ディスプレイに接続することが出来ます。
これはWi-Fiアライアンスによって作られたp2pのワイヤレスディスプレイ標準仕様です。
ワイヤレスディスプレイが繋がるとき、ユーザーは写真・ゲーム・地図など大画面にどんな種類のコンテンツも描画できます。

アプリは特別な作業が必要なく他の外部ディスプレイと同様に、ワイヤレスディスプレイを使用することが出来ます。
システムはネットワーク接続を管理して必要によりワイヤレスディスプレイにあなたのPresentationまたは他のアプリのコンテンツをストリームします。

Native RTL サポート

Android4.2はレイアウトの反転を含む完全にネイティブなRTL(right-to-left 左から右へ)レイアウトのサポートを行います。
RTLのネイティブなサポートにより、ユーザーの言語が右から読むか、左から読むかにかかわらず、全てのユーザーに同様の素晴らしいアプリ体験を与えることが出来ます。

ユーザーがRTLの言語に切り替えると、システムは自動的にアプリのUIレイアウトと全てのViewウィジェットを左右反転させます。
テキストの表示・入力フィールドは左右反転されます。
アプリは最小の努力でRTLレイアウトを利用することが出来ます。

もし、左右反転を望むならば単に新しい属性をmanifestに宣言し、left/rightプロパティを同等のstart / endプロパティに変えます。
システムは適切になるようにUIを反転し表示します。

アプリのUI を正確にコントロールするためにAndroid4.2はレイアウトの方向、テキストの方向、テキストの位置、比重、View要素のローカルな場所を管理する新しいAPIを含みます。
RTLを使用するときに他のディスプレイとは異なるバージョンのレイアウト、drawableとその他リソースを使うことも出来ます。
カスタムRTLレイアウトのデバッグと最適化を支援するために、HierarchyViewerツールは全ての階層の中でstart/endプロパティ、レイアウトの向き、テキストの向き、テキスト位置の値」を見ることができます

改善された国際対応

・WebView内での日本語の縦表示サポートが改善されました。
・韓国ユーザーはNanumゴシック(韓国向けのユニコードフォント)を利用できます。
・インド、タイ、アラビア、ヘブライ語のデフォルトフォント向けに文字間と位置決めが改善されました
標準のAndroidキーボードは辞書の更新されたセットを含みます。
フランス語 ( バイグラム ・サポート ) 、英語、ロシア語の辞書は改善されました
デンマーク語 、 ギリシア語 、 フィンランド語 、 リトアニア語 、 ラトビア語 、 ポーランド語 、 スロベニア語 、 セルビア語 、 スウェーデン語 、 トルコ語 のためのに新しい辞書が追加されました。

美しいUIを作るための新しい方法

入れ子のFragment

UIコンポーネントを超えてコントロール出来て、よりモジュール化するためにAndroid4.2ではFragmentの中にFragmentを入れ子に出来ます。
あらゆるFragmentでも、あたらしいFragmentManagerはView階層内の他のFragmentの子要素としてFragmentを挿入出来ます。
様々な方法で入れ子になったFragmentを使用できますが、動的で再利用可能なUI構成要素の中で、ダイナミックかつ再利用できるUIコンポーネントを実装するのに特に役立ちます。
例えば、左右にスワイプするFragmentを作るためにViewPagerを使用するなら、View pagerのカクFragmentにFragmentを挿入することが出来ます。
広く入れ子のFragmentを使用できるようにこの機能はAndroidサポートライブラリの最新版に追加されます。

アクセシビリティ

touch -explorationモードの間、システムはアクセシビリティサービスがタッチエクスプロレーションかアクセシビリティジェスチャーであるかを区別するのを助けます。
ユーザーがスクリーンに触ると、システムはサービスに通常のタッチ操作が始まったことを通知します。
その後タッチ操作の速度をトラックしてタッチエクスプロレーション(ゆっくり)かアクセシビリティジェスチャー(早いか)を区別し、サービスに通知します。
タッチ操作が終わるとシステムはサービスに通知します。
システムは新しいアクセシビリティのグローバルオプションを提供します。それはユーザーの操作に基づくアクセシビリティサービスのクイック設定メニューを開きます。
点字デバイスのための新しいアクセシビリティフィードバックもAndroid4.2で追加されます。
アクセシビリティサービスがアクセシビリティのためにビューがどのような意味を持っているか分かるようにするためにフレームワークはViewと他のビューのラベルを結びつけるための新しいAPIを提供します。
各ビューのためのラベルはAccessibilityNodeInfoを通じてアクセシビリティサービスを利用できます。

HDRにより改良されたカメラ

Android4.2はパフォーマンスを改良するために新しいカメラハードウェアのインターフェイスとパイプラインを導入します。
デバイスがサポートしている場合、High Dynamic Range映像技術を使用した画像を撮るために、アプリは新しいHDRカメラシーンモードを使用できます。

加えてフレームワークはシャッター音が無効になっているかどうかをアプリがチェックするAPIを提供します。
アプリでユーザーはカメラのシャッター音を無効にしたり他の音に変えたり出来ます。またそれが推奨されます。

Renderscript Computation

Android4.2はRenderscript Computeにおいて計算処理で最高のパフォーマンスを得るために新しいスクリプト機能と新しい最適化、ダイレクトなGPUとの統合を導入します。

Filterscript

Filterscriptはデバイスチップセットの広範囲にわたるイメージ処理に最適化に特化したRenderscriptのサブセットです。
開発者はイメージ処理を標準的なRenderscript runtime APIでFilterscriptを使い画像処理を書くことが出来ますが、より厳格に制限された中では幅広い互換性を確実にしたままCPU,GPU,DSPに渡って改善された最適化を使用することが出来ます。
FilterscriptはOpenGL ESのfragment shadersで使われるようなシンプルなイメージ処理と計算処理のためにハードウェアアクセラレータを使うのに最適です
ハードウェアの制約が緩い位置にあるため、処理は様々なタイプのデバイスチップセットで最適化、高速化されます。

API Level17以上をターゲットにしているあらゆるアプリでFilterscriptを使用することが出来ます。

Script intrinsics

Android4.2はRenderscriptにscript intrinsics(あなたが書く必要があるコードの量を減らしながらアプリが最大のパフォーマンス向上を可能とするために、予め実装された基本的なフィルター)セットのサポートを追加しました。

intrinsicsはブレンド、ブラー、カラーマトリックス、3x3と5x5のたたみ込み、プレチチャンネルルックアップテーブルとAndroidYUVバッファをRGBに変更するのに利用できます。

Script groups

あなたはRenderscriptのグループを作り、それがまるで一つのスクリプトだったかのように一度の実行で全てを実行することが出来ます。

Scriptが単独で実行されたときには出来ない方法でRenderScriptは実行を最適化します。

進行中の最適化の改善

計算処理のためにRenderscriptを使うとき進行中のRenderscriptエンジン自身によるパフォーマンスと最適化の改善によるの益を得ることが出来ます。
それはコードに影響を与えずに、再コンパイルも不要です。

あなたは一切何もしなくても、最適化の改善により、あなたの計算処理は早く、より多くのチップセットに適合します。

下の図はAndroidプラットフォームのバージョンごとに進行してきたRenderscriptの最適化の改善かによって得られるパフォーマンス向上のハイライトです。

GalaxyNexusデバイスに置いてCPUのみで実行された異なるAndroidプラットフォームごとのRenderscriptによるイメージ処理のベンチマーク。

GPU Compute

Renderscript ComupteはモバイルデバイスのGPU上に転送され実行させる高速な計算プラットフォームです。
パフォーマンスを向上させられるときはGPUの計算リソースを自動的に使用します。
GPU統合はより複雑なグラフィックまたは画像の処理に置いても劇的なパフォーマンスの向上をもたらしました。
サポートされたデバイスではRenderscriptを使ったアプリは再コンパイルすることなく、このGPU統合の利益を得ることが出来ます。
Nexus10タブレットはこの統合をサポートする最初のデバイスです。

同じNexus10上でCPUのみとGPU+CPUによって実行されたRenderscriptの画像処理を比較したベンチマーク。

新しい組み込み済み開発者向けオプション

Android4.2は簡単に素晴らしく見栄えがするアプリを作成できるようにするための新しい種類の開発者向けオプションを含んでいます。
新しいオプションはあらゆるデバイスとエミュレータでデバッグとプロファイル機能を表示します

ユーザーのよりよいエクスペリエンスのためにAndroid4.2を実行しているデバイスでは開発者オプションがデフォルトで非表示です。
Anderoidデバイスと互換性があるあらゆる端末に置いて設定の端末情報にあるビルド番号を7回タップすることによっていつでも開発者オプションを表示することが出来ます。

Android4.2に含まれる新しい開発者向けオプション
・バグレポートを取得
 スクリーンショットとデバイス状態情報のダンプをローカルファイルストレージに格納し、それを新規電子メールに添付します。
・電源メニューのバグレポート
 バグレポート(上記参照)を取得するために、新しいオプションをデバイスの電源メニューとクイック設定に新しいオプションを追加します。
・USB経由のアプリを確認
ブラウザのような異なるソースからのアプリをチェックする時、USB経由のsideloadingを行うためにアプリチェックを無効化できます。
セキュリティ機能を有効にしているときでも、開発プロセスの速度を上げることが出来ます。
・ハードウェア層情報を取得
 ハードウェアレイヤーが更新されたときグリーンに光ります
・GPUオーバードローを表示
 GPUが上書きする領域をハイライトします。
・4xMSAAを適用
 Open GL ES2.0アプリに置いて4x MSAAを有効にします。
・2次画面シミュレート
 リモートディスプレイをシミュレートするために現在のスクリーンに一つまたは複数のセキュアでないオーバーレイウィンドウを作成します。
シミュレートされたディスプレイのサイズと密度をコントロールできます
・OpenGLトレースを有効化
 Logcat、SystraceまたはglGetErrorのcallstackを使ってOpenGLのトレースを実行できます。

新しい開発者向けオプションはデバイスでのプロファイルとデバッグのための新しい方法を提供します。

新しいプラットフォームテクノロジー

Android4.2は幅広いデバイスにわたって、革新的な通信使用事例をサポートするために、様々な新しく強化されたプラットフォームテクノロジーを含みます。
多くの場合、新しいプラットフォームテクノロジーと強化はあなたのアプリに直截な影響を及ぼさないため、修正を行うことなくそれらの利益を得ることが出来ます。

セキュリティ強化

あらゆるAndroidリリースはユーザーを保護するために何十ものセキュリティ強化を含みます。
Android4.2における強化の一部は以下の通りです:
・アプリケーション確認
 ユーザーは「アプリを確認する」を有効に選択して、インストール前に application verifierによってアプリケーションをインストール前にスクリーン出来ます。
有害かもしれないアプリケーションをインストールしようとしているとき、application verifierはユーザーにアラートを表示出来ます。
アプリケーションが著しく危険な場合アプリケーションのインストールをブロックできます。
・追加料金が必要なSMSをよりコントロールする。
アプリケーションが追加料金を引き起こすサービスを使用するSMSを送信しようとした場合Androidは通知を行います。
アプリケーションがメッセージを送るのを許可するかどうかユーザーが選択できます。
・常にVPNを使用する
VPNが接続されるまでアプリケーションがネットワークにアクセスできないようにVPNを設定できます。
これによりアプリケーションがネットワークを超えてデータを送るのを防ぐことが出来ます。
・Certificate Pinning
libcore SSLはCertificate Pinningのサポートを実装します。
証明書がセットの証明書とチェーンされないならば、Pinnedドメインは証明書確認の失敗を受信します。
これは認証局のpossible compromiseから保護します。
・改善されたAndroidパーミッションの表示
パーミッションはユーザーにより簡単に理解しやすい様にグループに組織化されました。
許可をレビューする間、許可のより詳細な情報を見るためにユーザーは許可をクリックできます。
・強固になったインストール
インストールデーモンはルートユーザーで実行されません。ルートへの昇格による攻撃の可能性を軽減します。
・強固になったスクリプトの初期化
初期化スクリプトはsymlink関連の攻撃を避けるためにO_NOFOLLOWを適用します。
・FORTIFY_SOURCE
AndroidはFORTIFY_SOURCEを実装します。
メモリ汚染を防ぎたいシステムライブラリとアプリケーションによって使用されます。
・ContentProvider デフォルトの 構成
API level17をターゲットにするアプリケーションはContentProviderによるエクスポートのデフォルトをfalseに設定します。そしてアプリケーションのデフォルト攻撃を減らします。
・暗号
OpenSSLを使用するために、SecureRandomとCipher.RSAのデフォルト実装を修正しました。
OpenSSL1.0.1を使用したTLSv1.1とTLSv1.2のためのSSLSocketサポートを追加しました。
・セキュリティの修正
Webkit、libping、OpneSSLとLibXMLを含むオープンソースライブラリーのセキュリティの修正による更新が行われました。
Android特有の脆弱性の修正も含みます。
これら脆弱性の情報はOpen Handset Allianceに提供されました。
修正はAndroidオープンソースのプロジェクトで利用可能です。
セキュリティを改善するためにいくつかのデバイスは以前のバージョンのAndroidでこれらのフィックスを含むかもしれません。

新しいBluetoothStack

Android4.2はAndroidデバイス用に最適化される新しいBluetoothStackを導入します。
新しいBluetooth stackはGoogleと Bradcomのコラボレーションによって作られBlueZに基づくスタックにかわって互換性と信頼性の向上を提供します

Low-latency audio

Android4.2はAndroid4.1リリースで作られた改善より始まったOpenSL ESやサウンドプール、トーンジェネレータAPIを使用した遅延の少ないオーディオプレイバックを改善します。
これらの改善はハードウェアのサポートに基づきます。
遅延の少ない音声機能を提供する装置はhardware feature constant を通じてアプリにサポートしていることを伝えることが出来ます。
この特徴を要求するデバイスを使用するために、ネイティブなオーディオサンプルレートとバッファーサイズを問い合わせる新しいAudioManager APIが提供されます

新しいカメラハードウェアインターフェイス

Android4.2は新しく実装されたカメラスタックを導入します。
カメラサブシステムは処理をコントロールするバーストモード撮影のようなカメラパイプラインで構成要素のための実装を含みます。

新しいNFCハードウェアインターフェイスとコントローラーインターフェイス

Android4.2はNFCフォーラムによるNCI標準に基づくコントロールのサポートを導入しました。
NCIはNFC Controller(NFCC)とデバイスホスト感で標準的な通信プロトコルを提供します。
新しいNFCスタックはGoogleとBradcomのサポートによって開発されました。

Dalvikランタイムの改善

Dalvikランタイムはアーキテクチャの幅広い範囲庭たるパフォーマンスとセキュリティの改善を含みます。
・Intelによるx86JITサポートとMIPSによるMIPS JITのサポート
・512MB以上のデバイスにおけるガベージコレクションのパフォーマンスの改善
・SecureRandomとCipher.RSAはデフォルでOpenSSL を使用
・TLSv1.1とTLSv1.2 via OpenSSL 1.0.1のためのSSLsocketサポート
・新しいStrictMathメソッドのサポート(平均、最小、最大、平方根)
・BouncyCastleを1.47にアップデート
・zlibを1.27にアップデート
・dlmallocを2.8.6にアップデート

 Except as noted, this content is licensed underCreative Commons Attribution 2.5. For details and restrictions, see the Content License.

前:StartupWeekend Fukuokaに参加してきました 次:ユーザーにとってAndroid4.2は何が新しくなったか

関連キーワード

[Android][Java][モバイル][IT][翻訳]

コメントを投稿する

名前URI
コメント