デュアリスで都市高一周

2012/8/4 6589hit

福岡に全国2番目となる双方向環状有料道路が出来ました。
こうなりゃやるしか無いでしょ都市高バトル

都市高バトルって言っても、スピードバトルじゃなくて燃費バトル。
いかに燃料を少なく一周回れるかチャレンジしてみました。

燃費を良くする最大の要素は、
いかにブレーキを使わないか。

ブレーキとはフットブレーキはもちろんのことエンジンブレーキやエアブレーキも含む、
言い換えればブレーキとは運動エネルギーを熱や空気の運動エネルギーとして発散する行為です。

そのためには、いかに無駄な加速をしないかが重要で、例えばその先に下り坂が有るとわかっていれば上り坂で無理にアクセル踏まなくてもその後の下りで取り戻せるし、逆に先に上りがあると分かっていれば下りでエンブレを使わずに勢いをつければ燃料を節約できます。

実験場ではなく公道なので、他の車との関係性も考えないといけない。
スリップストリームは燃費を上げるのに効果的ですが、公道で使うと事故の元なので今回は使っていません。
出来るだけ車間距離を保ち、自分のペースで走れる環境を作っておくのが大事。
スピードを上げ過ぎると空気抵抗(エアブレーキ)が増してしまうので60km/h〜80km/hをキープ。
基本は左車線だけれど、左車線で流れに乗れていない人を追い越すために追い越し車線へ移らないといけない時もあります。

この時に他の車が追い越し車線にいると、流れを邪魔しないように加速しないといけなくなるので、
できるだけ他のクルマがいない時にゆっくり追い越せるように調整が必要で、そのためのバッファとしても車間距離は有効。

そうして一周回った上での平均燃費は24.1km/Lでした。
デュアリスの10・15モードは15km/Lなので、カタログスペックを大幅に上回ることが出来ました。


鬼門だったのは天神周辺で登り降りや曲がりくねっているので、速度調整が難しい上に、他の車がいるので理想のペースでは走れない。
登りでは加速しないといけないし、下りはエンブレ使わないといけないし
瞬間燃費計が20km/lを切ることも多かったです。

逆に車両が少なく平坦な南側は燃費を稼ぐ最適な場所。
このあたりでは瞬間燃費が30km/Lを張り付くことも多く常時25km/lを切らずに走ることが出来ました。

デュアリスで燃費を稼ぐのに便利なのがエコモード。
ノーマルモードだと反応がリニアすぎて無駄にアクセルを踏まないように神経を使いますが、エコモードなら
シビアなアクセルワークをしなくても、割と良い位置を見つけてくれます。
ギアもハイギアーを使ってくれるので、燃費だけでなく、静かに乗りたいって時も効果的。

デュアリス、なかなかに優秀です。

前:好きな音楽いろいろ 次:クリーンディーゼル CX-5試乗してきました

関連キーワード

[]

コメントを投稿する