Android用画像素材を作るためのスクリプトを公開しました

2012/3/28 11755hit

Androidデザイン アイコンデザインにて、アイコンのサイズがdpで指定されていて
それってデザイナーさんに通じるの?と言う話になりました。


dpとはおおよそ1/160インチのことを指します。
なので、ランチャーアイコンの48dpとは0.3インチを意味します。
イラストレータの場合、以下のような設定になります
Android用ランチャーアイコンを作るためのイラストレータの設定:
単位にインチを指定して幅と高さに0.3(48/160)を指定します。
カラーモードはRGBにしましょう。

出力時はファイルで書き出しを選び、ファイルの種類をpngにして、解像度に
Android用ランチャーアイコンを作るためのイラストレータの出力PPI:
120ppi,160ppi,240ppi,320ppiをそれぞれ作るだけです。

面倒ですね
Android(というかWindowsやiOSでもそうですね)は画面の密度によっていろんなサイズの画像を用意しないといけないのですが、意外と面倒です。
プログラマーは本気で怠けるのが本職なので、AIファイルから画像を生成するイラストレータスクリプトを書いてみました。
動作確認はillustrator CS4 for Windowsにて行っています。 というかそれ以外持ってないです。

実行するとフォルダを聞かれるのでAIファイルが入ったフォルダを指定してください。
そのフォルダ内にldpi,mdpi,hdpi,xhdpiの各フォルダが作られ、それぞれ120dpi,160dpi,240dpi,320dpiのpngファイルが生成されます。
複数ファイルがある時も複数のpngを生成するようになっています。
toAndroidのダウンロード

github


前:Androidトレーニング 必要に応じてブロードキャストのレシーバーを操作する 次:なぜデザイナーとのコラボイベントは失敗するのか

関連キーワード

[Android][イラスト][簡易言語][IT][JavaScript]

コメント

名前:kenz|投稿日:2012/03/28 23:11

ちなみに、冒頭のアイコンは別に作成中のNFCミュージックップレーヤーの仮アイコンです。
イラストレーターの話なのにInkScapeで描いちゃったアイコンなんだな・・・
イラストレータの使い方が一向に慣れないので誰か教えてください
インナーシャドーとか皆どうしてるんだろう。

あと、SVGから各PNG画像を作るツールも考えたけれど、Google I/OにてAndroidの開発者見つけてSVGアイコンをサポートしろって詰め寄る予定なので作らないでおきます。

コメントを投稿する

名前URI
コメント