Androidデザイン セレクション

2012/1/22 9716hit

セレクション

Android3.0は長押し(しばらく同じ場所を押さえ続ける)でデータを選択するグローバルジェスチャーを導入しました。
これはアプリで複数選択しコンテキストアクションを行う場合に影響します。

何がかわった?

Androidの以前のバージョンでは長押しジェスチャーはコンテキストメニューで指定のアイテムのためにコンテキストアクションをヒュジするのに使われていました。
このパターンは、Android3.0で変更されました。
長押しジェスチャーは今ではデータを選択するのに使われ、コンテキストアクションバー(CAB)と呼ばれる新しい要素の中でコンテキストアクションと選択したデータのための管理機能を統合します。

ロングプレスジェスチャーはコンテキストメニューを表示するのに使われていました。

コンテキストアクションバー(CAB)を使う

セレクションCABはデータを選択したときアプリのアクションバーを上書きする一時的なアクションバーです。
それは選択したデータアイテムを長押しした後表示されます。

ユーザーはここで操作を実行できます。
・タッチする事で追加のデータ項目を選択する。
・選択されたデータ項目に適用されるアクションを実行する。同時にCABは自動的に自分自身を非表示にする。
・ナビゲーションの戻るボタンまたはチェックマークボタンによりCABを閉じる。全ての選択されたハイライトとCABがなくなります。

CABのアクションを選ぶ

どのアクションと要素がCABに現れるか決める事が出来ます。
トップレベルかアクションオーバーフローへ移すか決めるためにアクションバーパターンのガイドラインを使ってください。

動的にCABのアクションをあわせる

多くの場合ユーザーが多くのアイテムを選択に加えるとき、あなたは動的にCABのアクションを調整する必要がある。
一つのデータアイテムが選ばれたときのアクションが複数のデータアイテムが選ばれたときにも当てはまるとは限りません。

アイテムの選択を増やしたときにCABのアクションを調整する。

チェックリスト

・アプリが複数のデータ項目を選択できる那波、いつでもコンテキストアクションバー(CAB)を使ってください。
・長押しジェスチャーを選択のためだけに使ってください。
 従来のコンテキストメニューを表示するためには使わないでください。
・リスト内で複数の選択をサポートしないなら長押しは何もしては行けません。
・アプリ内のアクションバーと同じ方法でCABの中に表示するアクションを決めてください。

次へ
前へ
目次に戻る

Except as noted, this content is licensed under Creative Commons Attribution 2.5.

前:Androidデザイン スワイプビュー 次:Androidデザイン 通知

関連キーワード

[Android][モバイル][IT][翻訳]

コメント

名前:ひさねこ|投稿日:2012/01/24 13:42

こんにちはです。


●Android3.0は長押し(しばらく同じ場所を押さえ続ける)でデータを選択するグローバルジェスチャーを導入しました。

Android3.0 では、データを選択するためのグローバルジェスチャーとして、
長押しジェスチャー(しばらく同じ場所を押さえ続ける)が導入されました。

Android 3.0 introduced the long press gesture
-that is, a touch that's held in the same position for a moment-
as the global gesture to select data.

※as(・・・として)が翻訳されていません。また、the long press gestureのgestureが翻訳漏れになっています。

名前:ひさねこ|投稿日:2012/01/24 13:44

コンテキストアクションをヒュジする

コンテキストアクションを表示する

※タイプミスと思われます。

名前:ひさねこ|投稿日:2012/01/24 14:02

●長押しジェスチャーは今ではデータを選択するのに使われ、
コンテキストアクションバー(CAB)と呼ばれる新しい要素の中でコンテキストアクションと
選択したデータのための管理機能を統合します。


現在、長押しジェスチャーはデータを選択するのに使われるようになりました。
コンテキストアクションと選択されたデータの管理機能は統合され、
コンテキストアクションバー(CAB)と呼ばれる新しい要素になりました。

The long press gesture is now used to select data, combining contextual actions
and selection management functions for selected data
into a new element called the contextual action bar (CAB).

※combine A and B into C : A と B を結合して C にする

名前:ひさねこ|投稿日:2012/01/24 14:05

●それは選択したデータアイテムを長押しした後表示されます。

それは選択可能なデータアイテムを長押しした後に表示されます。

It appears after the user long presses on a selectable data item.

※翻訳が正確でありません。
selectable:選択可能な

名前:ひさねこ|投稿日:2012/01/24 14:07

ナビゲーションの戻るボタン

ナビゲーションバーの戻るボタン

the navigation bar's Back button

※barが翻訳漏れです。

名前:ひさねこ|投稿日:2012/01/24 14:14


●アプリが複数のデータ項目を選択できる那波、

アプリが複数のデータ項目選択をサポートするときはいつも、

Whenever your app supports the selection of multiple data items,

※「選択できる那波」が『?』です。

コメントを投稿する

名前URI
コメント