Androidデザイン ジェスチャー

2012/1/22 9043hit

ジェスチャー

ジェスチャーはユーザーがアプリで会話的にスクリーンのオブジェクトを操作出来るようにします。
この一覧はAndroidでサポートされる主要なジェスチャーのセットを表示します。

タッチ


アイテムの標準的な機能を開始します。
操作
押す、離す

ロングプレス


データ選択モードに入ります。
ビューの一つ以上のアイテムを選択し、コンテキストアクションバーを使い、データに関するアクションを行う事が出来ます。
コンテキストメニューを表示するためにロングプレスを使わないでください。
操作
押す、待つ、離す

スワイプ


コンテンツをスクロールしたり同一階層のビュー間を移動します。
操作
押す、動かす、離す

ドラッグ


1つのビュー内でデータ整理したりコンテナーにデータを入れます。
(例:ホームスクリーンのフォルダ)
操作
ロングプレス、動かす、離す

ダブルタッチ


コンテンツへのズーム。
テキストを選ぶためのもう一つのジェスチャーとしても使われます
操作
素早く連続して2回タッチ

ピンチオープン


コンテンツへのズーム。
操作
2本の指で押す、外側に動かす、離す

ピンチクローズ


コンテンツへのズームアウト。
操作
2本の指で押す、内側に動かす、離す
次へ
前へ
目次に戻る

原文
Except as noted, this content is licensed under Creative Commons Attribution 2.5.

前:Androidデザイン Androidでの新しい事 次:Androidデザイン アプリの構造

関連キーワード

[Android][モバイル][IT][翻訳]

コメント

名前:ひさねこ|投稿日:2012/01/23 10:56

こんにちはです。

●コンテキストアクションバーを使い、データに関するアクションを行う事

コンテキストアクションバーを使い、そのデータに関するアクションを行う事

「the data」であり、このデータは「one or more items in a view」をあらわしていると思います。


●コンテンツを超えてスクロールしたり

Scrolls overflowing content
なので、「画面に収まらないコンテントをスクロールする」という意味と思います。

コンテントが画面内に収まらなくて、収まらない部分を見るためにスクロールするという意味だと思います。

コメントを投稿する

名前URI
コメント