Androidデザイン Androidでの新しい事

2012/1/22 10316hit

Androidでの新しい事

JellyBean - Android4.1

通知


Android4.1では通知に対していくつかの顕著な強化が行われました。
・ユーザーはドロワーで引き出した通知の上で直ちにアクションを行うことが出来ます。
・サイズとレイアウトがより柔軟になりました。
・プライオリティフラグにより優先度に応じて通知を並べ変えることを助けします。
・通知は縮小したり拡大できます。
基本的な通知エリアのレイアウトはAndroid4.0以前から変更されていないため、以前のバージョンの通知もそのまま観て使うことが出来ます。
詳細は更新された通知(翻訳中)を参照してください。

可変サイズのアプリケーションウィジェット


ウィジェットはホームスクリーンをカスタマイズする重要な要素で、アプリの最も重要な情報と機能を一目で見ることが出来るホームスクリーンに提供します。
Android4.1は以下の複数の要素に基づき自動的にリサイズする改善されたウィジェットを導入します。
・ホームスクリーンのどこに置くか
・ユーザーによるウィジェットの拡大
・ホームスクリーンで使用可能な領域
縦方向と横方向で異なるレイアウトを適用可能です。
システムは画面の向きが変わったときに自動的に最適なレイアウトをインフレートします。
アプリケーションウィジェット(翻訳中)はウィジェットタイプの便利な詳細、制限、デザインの問題があります。

アクセシビリティ


Androidの重要な目的は世界中の情報を組織し、それをどこでも便利にアクセスできるようにすることです。
私たちの目的には全てのユーザーが含まれます。それは視覚障害者や聴覚障害者、細かな操作ができない人など身体的に不自由な人たちを含みます。
新しいアクセシビリティページ(翻訳中)は以下のようにアプリケーションをアクセシビリティにデザインする方法を提供します。
・ナビゲーションを直感的にする
・推奨されるタッチターゲットサイズを使用する
・UIエレメントにその意味のラベルを付ける
・タイムアウトの選択肢を提供する
・標準のUIを使用するか、カスタムコントロールのためのトークバックを使用する。
・あなた自身でそれを試す

Ice Cream Sandwich - Android 4.0

ナビゲーションバー


戻る、ホーム、リーセントボタンを持つバーチャルナビゲーションバーで
代替する事でAndroid4.0は電話において従来の物理ボタンの必要を無くしました。
OSがどのようにハードウェアボタンがある電話機にあわせるか、そしてメニューキーを使うAndroid3.0より前向けのアプリをサポートするか学ぶためにCompatibilityパターンを読んでください。

アクションバー


アクションバーはAndroidアプリで最も重要な構造要素です。
それはプラットフォームを通じて一貫したナビゲーションを提供し、アプリはアクションのインターフェースを提供できます

マルチペインレイアウト


Androidの世界では異なるフォームファクター(形状)やスクリーンサイズが違ってもうまくスケールする事は大切です。
マルチペインレイアウトは小さなデバイスで別のアクティビティに分けられるビューをタブレットではリッチな複合ビューにする事が出来ます。

セレクション


オブジェクトに関連するアクションを表示するのに使われていたロングプレスジェスチャーは現在、データを選択するために使われます。
コンテキストアクションバーでは、データを選ぶと、アクションが起動します。
次へ
前へ
目次に戻る

原文
Except as noted, this content is licensed under Creative Commons Attribution 2.5.

前:Androidデザイン パターン 次:Androidデザイン ジェスチャー

関連キーワード

[Android][モバイル][IT][翻訳]

コメント

名前:ひさねこ|投稿日:2012/01/23 10:01

こんにちはです。

●「アプリの表面的な動きを与えます」の意味がよくわかりません。

アプリの表面的な動きを与えます

It(=The action bar) ・・・ allows your app to surface actions.

surfaceは「舗装する」という意味なので、「アクションを舗装する」、つまり、「アクションのインターフェースを作る」という感じでは?

「アプリはアクションのインターフェースを提供できます」

名前:ひさねこ|投稿日:2012/01/23 10:12

こんにちはです。

●「異なるスクリーンサイズを持つフォームファクター全体でスケールする事」の意味がよくわかりません。

scale well across different form factors and screen sizes

フォームファクター(形状)やスクリーンサイズが違ってもうまくスケールする

名前:ひさねこ|投稿日:2012/01/23 10:21

●”for tablets”が翻訳されていません。

(元)マルチペインレイアウトは小さなデバイスで別のアクティビティに分けられるビューをリッチな複合ビューに結合する事が出来ます。

Multi-pane layouts allow you to combine different activities that show separately on smaller devices into richer compound views for tablets.

マルチペインレイアウトにより、
タブレットでは小さなデバイスで別々に表示していた複数のアクティビティを結合してよりリッチな複合ビューにできます。

名前:ひさねこ|投稿日:2012/01/23 10:35

●「データを選ぶと、コンテキストアクションバーが表面的な動きを提供します」の意味がわかりにくいです。

When selecting data, contextual action bars allow you to surface actions.

コンテキストアクションバーでは、データを選ぶと、アクションが起動します。

名前:ひさねこ|投稿日:2012/01/23 10:37

上の「アプリはアクションのインターフェースを提供できます」ですが、

「アクションバーはアプリのアクションを起動するためのインターフェースを提供します」の方が良いかも・・・

コメントを投稿する

名前URI
コメント