胡散臭すぎるタイムドメインへ

2011/11/19 26050hit

オーディオは感性の部分もあってか、やたら胡散臭い商品が多い
やたら太いスピーカーケーブルだったり、ノイズが少ないLANケーブルだったり

私は耳が鈍感なのか、この手のもので聞き分けられたことが殆どありません。
例えば左右のスピーカーのケーブル長を合わせれば波長が合うので音質が良くなるというのは理屈なんですが全く体感できません。
耳の位置をミクロで管理できる人なら分かるのかもしれません。

同様にやたらと高いCDプレーヤーというのもよく分からない。
曰く、ノイズが減って音がクリアになるそうですが、CDのエラーを聞き分けられる人がいるんでしょうか
ちなみに、私が今まで知っている中で最も音楽に向いていると思うCDドライバはパイオニアのDVR-S17J-BK理由は単純、ドライブの動作音が静かで音楽を聞いているときに邪魔をしないからです。
誰でも聞き分けができる話です。

良い音を聞くと心地良いのも事実で、
お金を程良くかけずに音楽を最大限楽しみたいと思っています。
そんな場合に向いているのがスピーカー。
スピーカーは最終出力機器だけあって、どんなに安物でもそろぞれ違う音がします。
1万円のCDプレーヤーと100万円のCDプレーヤー以上の差が1000円のスピーカーと2000円のスピーカーにはあります

そんなスピーカーの列にまれにとんでもない形のスピーカーが置いてあることがある。
以前書いたタイムドメインもそのひとつ。
目玉の親父を引き伸ばしたような独特なルックス。サイズや値段の割に小さな出力
他のスピーカーとは圧倒的に存在感が違います。
視聴してみると凄く良くて、欲しいなぁと思っていたら。なんと京からスピーカーを譲ってもらいました。


TIMEDOMAIN lightという、アンプ内蔵のPCで使われることを前提としたタイムドメインの中でもかなり小さいモデル。
卵ルックスが素敵です。

暫く使ってこれがなかなか良いのでレビューしてみます。
これまで使っていたのはONKYO WAVIO ル・シータ GX-R3Xです。
スイッチ類は電源と音量だけ
GX-R3Xに付いていた低音調整などは一切付いていません。
入出力もシンプルそのもの
3本のケーブルは3.5入力と電源と左スピーカーへの出力。
GX-R3Xが3.5入力、ステレオピンプラグ入力(同時利用可能!)、ヘッドフォン出力、SW出力とてんこ盛りだったのに比べると本当にシンプル。

デザインで面白いのはスピーカーユニットは浮いた状態になっていてアンプは別のボックスに独立していること。
タイムドメインがスピーカーボックスを大事に設計しているのが分かります。

大きさは卓上スピーカーとしては標準的なサイズGX-R3Xと比べると前後方向に短く幅はほぼ同じ、高さはだいぶ小さいです。

音質ですが素晴らしい。
このサイズでもタイムドメインらしさが確実に発揮されていて、高音の再生レベルがほんとうに高い。
よくオーディオのレビューで他のスピーカーでは聞こえない音が聞こえると言いますが、これ事実です。
GX-R3Xでは気付かなかった高音パートを見つけることが多々有ります。
テクノやJazzそしてPerfumeとの相性は最高。

前回は低音弱いと書いていたんですが、TIMEDOMAIN lightもやはり低音は苦手。
けれど、マクセルのMXSP-4000.TDのような明らかにおかしな音になってしまうということはなくなり、低音がまるで響かないものの、それなりに普通に聴けるようになっています。

ということで、音質に関してはもう素晴らしいの一言。
もちろん、これよりもっと音質がいいスピーカーはあるけれど、音楽がフィットしたときのそれはもう値段10倍はするかサイズが10倍はあるかそんなスピーカーレベルです。
GX-R3XはONKYOの中でも音質が飛び抜けて悪いということもあってか、GX-R3Xを使っているときは早くTIMEDOMAINに戻りたいってうずうずします。

けれど、ネックがあって、まずは入出力の少なさ
GX-R3Xは入力2系統を扱えたのでWindowsのメイン機とMacを1つのスピーカーでまかなえたけれどTimedomainではWindows用にGX-R3Xを使わないとけない。
ヘッドフォンを使うためにプラグを差し替えるのも面倒だし、ウーハー出力なんてそれこそタイムドメインに必要な機能でしょこれ

そして、もう一つが見た目のやすさ。
デザインこそ素敵なものの、全体的に作りは荒いように思います。
スイッチはプラスチックそのものだし音量は軽くグラつきもある。 同価格帯のスピーカーに比べると質感はだいぶ劣ります。
もちろん、音質で勝負だというのも分かるし、そこでは同価格帯を圧倒しているので仕方が無いのかもしれませんが、もっと価格帯の高い商品まで含めて質感はイマイチなのはどうにかならんのかなぁと

店頭デモ機をもっと増やして欲しい。
タイムドメインがイマイチ正当に評価されずうさんくさく言われるのも物量考えるとこれで音質がよくなるとは思えないわけで、とにかく実際に聴いてもらわないと説得力に欠ける。

実際聞くとオカルトのボッタクリどころかお買い得感すらあるのに
見た目の質感含めて売り方もう少し工夫したほうがいいのにと思った

前:Chrome for MacでFaviconを復活させる処方箋 次:イベントのお知らせ

関連キーワード

[物欲]

コメント

名前:名無しさん|投稿日:2020/07/20 14:15

このシステム→ビル・ゲイツを唸らせた事実知らなくて書いてるでしょ?

コメントを投稿する