デジ一眼買い替え検討中

2011/9/8 5219hit
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の日記でもちょっと書きましたが、デジ一眼の買い替えを検討しています。
今使っているデジ一はEOS Kiss DNもう結構前の機種です。

買い換えたい理由は二つで、一つはEOS Kiss DNのファインダーはとても小さくMFが全く使いものにならないこと。
それまでMFを多用していて、液晶を介さない一眼ならさらにMFがやりやすくなるだろうと思って買ってたのでこれは想定外でした。
もう一つがボケのある動画をとりたいと思ったため

検討中なのは3台。CanonのEOS 60DとEOS 7D、Sonyのα55
今使っているのがKiss DNなので順当にEOSの上位機種は当然候補で、
KissDNはセカンドカメラとしてキープするのでレンズが使いまわせるのは魅力
レンズの種類が豊富なのもEOSシリーズのいいところ

7Dは上位機種だけあってAFが早く、撮影、AFを繰り返した時のレスポンスがかなり気持ちいい
視点を動かしながらバシャバシャ写真が撮れるのは快感
意外にも持ったときはそれほど重量感は感じなかった。
数値上は60Dより重たいにもかかわらずしっかり持てるおかげか体感的には7Dの方が軽く感じる。
ファインダーも大きくて、トンネルを覗き込んだようなKissDNとは比べものにならない。
けれど、ちょっと暗い気がした。

60Dの魅力は絶対的な重量。持ったときは7Dの方が軽く感じるとはいえ、かばんに入れたときに軽いことはメリットになる。
音声のマニュアル調整機能など、動画に関しては7Dを凌ぐ機能が付いていたりする。
動画が撮れることが買い換えの目的だけに動画が強いのは嬉しい
値段の割に質感がチープなのは気がかりだけれど・・・


最後に異質なのがα55
正直、他の2台と比べると質感は相当落ちる。 KissDNどころかPowerShotレベル。
特にミラーレース故にシャッターを切ったときの音がパチッとコンデジの音がするのが興ざめ
けれどすっげぇ軽い。他の2機種とは比べ物にならず、KissDNのコンデジを持っている感覚で持ち運びできそう。
いくら良いカメラを持ったところで、大事なのは良い被写体に出会ったときにそこにカメラがあるかどうか、
その意味で小さくて軽いことはカメラの重大な性能だと思っている。
(APS-Cな時点で画質を追い求めるより、それなりの軽量性も大事でしょと思う)
電子ファインダーも便利、一眼の魅力といえば光学ファインダーと思っていたけれど、α55は画素数が上がって使いやすくなっていて、7Dより気持よくフォーカスを合わせられた。
それに、露出やホワイトバランスの設定を撮影前に確認できるのも嬉しい。
展示機は何故かホワイトバランスが蛍光灯に設定され、凄い色合いになっていたんだけれど、ファインダーを覗いた瞬間に設定がおかしいことに気づき直すことが出来た。
そして、ボディ内手ぶれ補正とサイバーショットで恩恵に預かりまくっている裏面照射CMOSで手持ち夜景も行けるんじゃないかと
最弱っぽいけど、最強的な魅力が大きい。
けれど、撮影後に液晶がかなり長い時間見えなくなるのは残念。
コンデジの背面液晶ならそこまで気にならないけれど電子ファインダーの場合、その間視界のほとんどを奪われるのでかなり不愉快。
加えて液晶を常に使用するのでバッテリーの消耗が心配。
写真をバシャバシャ撮るのにはむかんなぁと思った。


さてさて、どれにしようかな、 今のところ最有力は60D

前:写真が出揃いました。 次:OooiがStartup Weekend MatsuriTaikaiで優勝しました。

関連キーワード

[写真][物欲]

コメントを投稿する

名前URI
コメント