Windows7でブルースクリーン続報

2010/4/16 11909hit

Windows 7でブルースクリーン 解消か?の続報 定格クロックで安定動作に成功しました
別件の不具合も出てます。

まずは不具合のほう
Ati Tray Toolが起動した状態でだとLive Mailがまったく起動せず、イベントビューアに
障害が発生しているアプリケーション名: wlmail.exe
障害が発生しているモジュール名: ntdll.dll
例外コード: 0xc0000005
が記録される。
原因は謎ですが、とりあえず、Thunderbirdなら問題ないので放置してます。
これ以外のアプリで不具合が出るようならRivaTunerに戻そうかと思います。

ところで、前回はCPUの性能に制限をかけて安定させたのですが
BIOSでCPUへの給電を0.5mv上げたら100%でも安定している感じです。
Windowsでの設定と違い起動時から有効なのでブート途中にフリーズすることもなくなりました。

普通はオーバークロックのときやる方法なんだけれど
マザーの電圧が不安定なのか、CPUがはずれだったのか

思えば通販でCeleron300AのPCを買ってにゃんにゃんしようとしたときも、在庫不足でCeleron333Mhzが来てこれじゃないんだ って叫んだのを覚えてます。
しかも夏場に定格で動かすと熱暴走起こすっていう外れCPUでした。
つくづくCPU運がないのかもしれないです。

渇入れは廃熱が増えたりCPUの寿命を縮めるので今後どうするか未定です。
実際3GHzもいらないし、夏暑いのもいやだし、やっぱりダウンクロックしちゃおうかな

前:新型MacBookProが出ました。 次:Androidウィジェット ParkTimer公開しました

関連キーワード

[Windows][IT]

コメントを投稿する

名前URI
コメント