初めてのプログラム 1日目 SmallBASICでHelloWorld

2010/3/12 11158hit

昨日のブロック崩しに続いて
初めてプログラムを作る人向けにSmallBASICでプログラムを作る方法を紹介していくよ。

1日目はテキストの出力についてを学んでHelloWorldプログラムを作ってみる
ゆっくりやるのでプログラムなんて触ったこと無い 難しいって人も是非挑戦してもらいたい。
一人でも多くの人がプログラムの楽しさに気づいてもらえると嬉しい。

SmallBASICの入手は
http://msdn.microsoft.com/en-us/ff384126.aspxを開いて右側にある青いDownload Small BASICをクリック

SmallBasicを起動すると「無題」と書かれたウィンドウが出てくる。
左の白い部分はプログラムを入力する部分で、右側の青い部分はプログラムの説明が表示される。


保存する。
まだ何も作っていないけれど、とりあえず、プログラムを保存しておこう。
上の青い「保存」を押してファイルをマイドキュメントの「SmallBasic」フォルダに「1_HelloWorld」という名前で保存する。


「無題」の部分が1_HelloWorld.sbになってたら保存成功


画面に文字を表示するには、


TextWindow.WriteLine("表示したい文字")

と言うように表示する。

今回は「HelloWorld!」と表示したいので

TextWindow.WriteLine("HelloWorld!")

と入力する。


プログラムを入力すると、1_HelloWorld.sbが
1_HelloWorld.sb * に変わる。


これは保存した後プログラムが変更されましたよ と言う印
もう一度「保存」ボタンを押すと * が消える。
これで新しい内容が上書きされる。

プログラムの実行

作ったプログラムを実際に動かすには
「実行」ボタンをクリックする。


真っ黒なウインドウが表示されて
HelloWorld!
Press any key to continue...

と表示されたら成功


Press any key to continue...
は何かキーを押すと次の処理に進みますよ という意味で
何かキーを押したらそこでプログラム終了ですよ


Webへ発行すると
作ったプログラムを他の人にも使ってもらうことが出来る
発行ボタンを押すと、Webへ発行できる。


プログラムはWebに発行されました
プログラムをこちらから見ることができます。
の横にあるリンクをクリックすると、作ったプログラムがブラウザに表示される。


画面の下の方にHelloWorld!と表示される

ブラウザで見る

これでHelloWorld!は完了
次回はキー入力について説明する予定
乞うご期待
初めてのプログラム 2日目 SmallBASICで挨拶プログラム

前:Small BASICで簡単ブロック崩しを作ったよ 次:初めてのプログラム 2日目 SmallBASICで挨拶プログラム

関連キーワード

[簡易言語][SmallBasic]

コメント

名前:kenz|投稿日:2010/03/13 19:28

日記の表示件数を1件ごとにしてみたんだけれど、どうだろう?
使いづらそうなら5件ごとに戻しまーす

名前:kensei|投稿日:2010/03/13 19:33

kenzちゃんの日記は1個1個がボリューミーだから1件ごと見やすいけど、オレの薄っぺらい内容は3件位まとめた方が盛ってる効果出るかも。

名前:kenz|投稿日:2010/03/13 19:34

了解☆ とりあえず3件にするね

コメントを投稿する

名前URI
コメント