バーガーキングに行ったのよ

2009/11/29 5162hit

久しぶりにバーガーキングに行った。
新人時代に働いていた職場のすぐ近くにバーガーキングがあって
そのJazzっぽい雰囲気が気になって入ってみたのが9年前
食べてみたらとても美味しくて通い詰めていたのに

いつのまにか日本から撤退してしまった。

一昨年再進出のニュースを聞いた物の店舗がぐっと縮小されて、関東圏のみ・・・
と言うことで、約9年ぶりにバーガーキング食べてきました。

注文していると不安が増してくる。
自分の中で記憶が美化されて行っているんじゃないかとか
当時は存在しなかったクォーターパウンダーや絶品バーガー
を知ってしまったあとだと、普通じゃないのかって・・・
そう言えば経営陣も変わっているし、店の雰囲気も普通になってる。

注文したのはワッパー\430とオニオンリング+ドリンクセット\360
合わせて\790
ワッパーは大きめのハンバーガーで値段はそこそこするけど、
確か記憶ではワッパー以外の普通のハンバーガーはそうでもなかった気がする。

早速写真を撮ろうとバーガーを掴んだ瞬間。重い

(携帯なので、色がおかしくて申し訳ない)
そうそうワッパーってかなり重かった。
重さを感じた瞬間にそれまで感じていた不安が無くなった。
やっぱりワッパーは普通のバーガーじゃない。
かぶりつくと、懐かしい味

しっかりとした肉の味があふれてくる。
やっぱり他のファーストフードとは次元が違う。
モスバーガーもメガマックも絶品バーガーも
どれもそれなりに美味しいけど、ワッパーから見ると、それ以外の食べ物にとどまってる。

ボリュームも凄い
というか、重さを感じたときに思い出したんだけど、
いつもワッパーを頼むときはセットにせずに、ワッパー+ドリンクにしていたのを思い出した。

ということで、食べ続けていくと、
酸味のあるピクルスシャキシャキしたレタス濃いめのドレッシング
が交互に流れてくる。
食べるまでは、記憶が美化されていたんじゃないかって不安だったけれど、食べてみると記憶より旨い。

量があるけどソースに頼りすぎていないし
味に変化が有るからちっとも飽きない。
食い終わった後のゲップすら旨いんだからなんか異常だ
ワッパーを食べ終えた時点でかなりまんぷく。

オニオンリングを頼んだことをかなり後悔。
やっぱり、オニオンリング要らなかった。

ワッパーを食う前につまんだのは美味しかったけど、
ワッパーを完食後は味が単純で美味しくなくなってた。

あぁ、日記書いてたら腹減ってしまった。
また食いに行きたい。

前:オープンwi-fiの危険性 次:さて月曜日 雑談

関連キーワード

[料理]

コメントを投稿する