最近買った本2冊

2009/7/9 9523hit

ゲーム関係の本を2冊
と言っても別にゲーム作家に転向するつもりはないけど

ゲーム作る上で必要なUIやAIの知識って普通のソフト作るのでも活かせそうだと思って
簡単なゲームを作る知識くらいはもっておこうと買ってみた。

Javaゲームプログラミング 第2版 アルゴリズムとフレームワーク [NEXT CREATOR]
はAndroidがJavaなんで買ってみた本。
前提知識とそれを実装する方法で説明が進んでいく
前提知識のところが豆知識のようで面白い。 趣味でゲーム作るにはこういう本もありだと思う。

んで、
本当に紹介したいのはこっち


本屋で立ち読みして、買うしかないと思ったものの、重すぎて断念 結局Amazonで買っちゃった。
800ページオーバーで計ってみたら1.6kg以上あった 下手なノートパソコンより重い

で、この本何が良いかって言うと、普通の本がサンプルを完成させることを目的としているのに対して、
この本はサンプルを作るのはスタートラインで、サンプルの実装方法を工夫することで、実際の開発で必要な基礎知識を身につけて行くスタイルになっていること、
セガの新人教育カリキュラムから生まれたって事らしいけど、確かに人を育てる内容になってる。

例えば最初は倉庫番もどきのサンプルから始まる。
200行ちょっとのシンプルなコマンドラインのサンプルだから作るのは簡単
そしてその倉庫番を元に、1次元配列で多次元配列を実装する方法だとか、参照型と戻り値の問題とか
bit演算を使ってint型に複数のフラグを載せる方法だとか、
知らないでも倉庫番は作れるけど(ゲームに限らず)プログラムをやっていくには知っておきたい知識を説明してる。

加えて嬉しいのが、洋書の本のようなユーモアーがちりばめられていて、読んでいて疲れない。
細部まで凝って作ってあるなぁと思う。
値段は高いし持ち運びは大変だけど、買って良かった本だと思う。

ということで、家ではセガ、外ではJavaで読み分けてる。

前:最近気になる製品 次:意外な犯人

関連キーワード

[Windows][書籍][Java][IT]

コメント

名前:kensei|投稿日:2009/07/09 19:24

セガの方はC言語??

名前:kenz|投稿日:2009/07/09 23:48

C++だよ
でも、アルゴリズム関連の話題が多いし他の言語でも役立ちそうな知識が乗ってるよ

コメントを投稿する