2009春の新型MacBook出ました

2009/6/9 5945hit

まさかWWDCまで待たされるとは思いませんでしたが
噂通りアルミはMacBookProに統合になりました。

WWDCで発表されたことを大まかにまとめると

13インチのアルミMacBook(2GHz、2.4GHz)はともにProに
名前が変わった以外には
2.0GHzが2.26GHzへ
2.4GHzが2.53GHzへクロックアップ

最大メモリ搭載容量が6GBから8GBにアップ
13インチ下位モデルで非搭載だったキーボードのバックライトが全機種標準装備に
液晶の品質向上して色域が60%向上
バッテリーが交換不可能に(だけど持続時間は大幅アップして公称7時間)
SDカードスロット搭載
FireWire800搭載
価格は2.0→2.26で1万円安くなって、\134,800〜
ただ、Appleは前からそうなんだけど、USの値段が$1,199だから相変わらず日本は割高感ある
本当ならアメリカに行く予定だったのでその時買ってこようと思っていたのになぁ
調べたら個人で買って帰る分にはPCに対して関税かからないらしいし

あと、他のサイズのMacBookProも性能がリファインされて本日発売

とりあえず5時現在時点ではAppleStoreでMacBookProの13インチモデル買おうとしても
会計でWell be back soon.になっちゃう。

噂されていたNetBookはなし ちぇ
MoblinインストールされたNetBookがスゲーよさげな感じだし、AppleもいつまでもNetBookを無視し続けられないと思うんだけど

あと、iPhoneも新しくなってます。
といっても、コレも 噂されていたマット地への変更も無いようだし噂より地味
基本的には性能のブラッシュアップのみ 名前はiPhone3G[S] んー微妙なネーミング
JavaScriptで旧iPhone3Gが43秒かかったのが15秒に(この辺りはいつものAplle数字だと思う)
HSDPA対応
3M、AF、AW、AEカメラ搭載(iPhone3Gのカメラはあまりに貧弱だったのでコレは嬉しい人多いかも)
MMS対応(キャリア依存 たぶんソフトバンクはOKだろうから ありがたい)
音声操作対応(うちのNOKIAも出来るが何回か試した後それっきり使ったことはない)
地磁気センサー搭載(Android端末の魅力的なアプリを見たらそりゃつけたくなるでしょう)
バッテリー時間が若干向上
価格は現行据え置き
現行iPhone3Gは廉価モデルとしてそのまま残す(在庫が余っているという噂は本当か?)
あと、現行iPhone含めてOSのアップデートでコピー貼り付けやPCのモデムが変わり機能が搭載される模様

個人的にはMMSに対応してくれたのが嬉しいね
バッテリーになお不満はあるけどこのスペックならiPhoneをメインにしてAndroidをサブで持っても良いかもしれない。

前:Android ブロック崩し パットを作る 次:WWDC基調講演を纏めてみた。

関連キーワード

[Mac][IT]

コメント

名前:kensei|投稿日:2009/06/09 10:59

iPhone完成度上がったねぇ♪噂されてたBluetoothはどうなったの?OS3.0でサポートされるってあったけど、端末に搭載はされてるの?

名前:kensei|投稿日:2009/06/09 18:40

自己レスです。Bluetooth付いてたのね。。。ワイヤレスで音楽聞けないから、付いてないもんと思った、、、

名前:kenz|投稿日:2009/06/09 19:32

うん、OS3.0からはさらにサポートが広がってるよ

コメントを投稿する