新型MacBookを見てきたよ

2008/10/18 4690hit

AppleStoreでアルミ削りだしの新型MacBookを見てきました。
実機を見るまで地味なマイチェンだと思ってたけど
実際触ってみると かなり良い


まず、感じたのが発熱が抑えられていること
Appleのノートはパームレスト周りがかなり熱くなるのが多かったけど、
新型MacBookは低負荷時でほんのり程度、
高負荷時でも我慢できる範囲に収まってる。
一緒に展示してあった新型Airの激熱ぶりと比べると雲泥の差
おそらくMacBook史上一番クールなマシンじゃあるまいか

次に良かったのが液晶
旧MacBookでは液晶の仕組みがMacと合わないのか、小さな文字で偽色が目立ったけど
今回見たのは13インチモデルでは偽色が殆ど発生してなかった。
おかげで文字がめっちゃきれい。
ClearTypeTuneをする前とした後くらいの差がある。
Windowsにもメイリオって言う優秀なフォントがあるけど、ゴシックしかない。
それに対して明朝で文字が綺麗なのはインパクトある、

アルミ削りだしのボディは確かにすばらしい剛性感
片手でもってよがまないどころか、両手でねじってもよがまない

頑丈といえばThinkPadが有名だけど、
ThinkPadは外部の衝撃を受け流して内部を守るって発想で外装は指で押すとたわむぐらい柔らかい。
それに対してMacBookはとにかく堅い。
おそらく実際にタフなのはThinkPadだろうけど
触った時の安心感が有るのはMacBookの方
ビジネスでデータを失わない事を重視した実用性重視のThinkPadと、触ったときの感性を重視したMacの違いがいかにもで面白い。

モバイル性能は持ったときのコンパクト感が素敵。
ThinkPadは衝撃を吸収するためにゴム足が複雑な形で分厚く出来てるんだけど、これが鞄を出すときに引っかかったりする。
MacBookはここも薄っぺらくて鞄への収まりが良い感じ
ただし、サイズの割に重くて重量感はある。

逆に、一番の売りの割にいまいちだったのがタッチパッド
元々、ノートをゲットしたらまず最初にタッチパッドを無効にするってくらいタッチパッド否定派だから、参考にならないかもしれないけど
押してクリックは結構堅くて押そうとしたら指がずれて別のボタンをクリックってのが良くあった。

マルチタッチも、流石に4本も指を使い分けるとなるとどれがどれだか混乱する。
かつて指一本で操作できるってのを売りにして右クリックを否定し続けた会社のOSとは思えない。

混乱するのは機械の方もで
サイトを拡大しようとしたら前のページに戻ったとか
写真を回転させようとしたらスクロールしたとか
別の操作に認識される事も多かった。

加えてマルチタッチは最初にタッチした指と最後に離す指が同じ指じゃないとまずいみたい。
例えば4本の指でタッチするとき、
人差し指から中指、薬指、小指って順でタッチして
手を離すとき人差し指から中指、薬指、小指の順で手を離すと
カーソルが飛んでいくことが多々あった。

やってみるとこれが意外と難しい。
このあたりは設定やソフトウェアの改良でどうにかなると思うのでAppleにはがんばって貰いたいところ


とりあえず、今月は車検だから買えないけど、
思ったより良い出来で凄く欲しくなったよ
特に明朝フォントが綺麗に見えるのが一番でFirespeedを開いても凄く見た目が良かったのが印象的。
これだったら、Webで調べ毎していても苦痛じゃないし
確かに長く使っていても疲れないかも

前:AppleMobileDeviceHelperは動作を停止しました。 次:Firefoxのフォントを変えてみた

関連キーワード

[Mac]

コメントを投稿する