崖の上のポニョを観に行ったよ

2008/8/2 4156hit

スタジオジブリの最新作崖の上のポニョをホークスタウンに見に行った。
ジブリ作品でかなり久しぶりに物足りないと思った。

作品の質が物足りないんじゃなくて、映画が終わった後、もっと観たい と言う意味で物足りない。

となりのトトロを観たときは、結局母親とサツキたちは会えてないし
終わったのが信じられなくて、スタッフロールまでかぶりつくように観てた。
魔女の宅急便は人力自転車が空を飛ぶエンディングが一番好きだった。

ポニョも久しぶりに終わった後に続きが観たいって思った。
起承転結でいう結が手短で、次の展開をいろいろ想像したくなる。

それに対して、ハ○ルの動く城は光がはねた後はもうダラダラで
ゲ○戦記に至っては序盤に町を出るあたりでもう次がどうでも良かった

あと、最近のジブリ作品は押井守の劣化コピー版かって感じでやたら理屈ぽっかったけどポニョは理屈が無い
いろんな事が問答無用に発生するので次の展開を考える余地がなくて何が起きるんだろうって面白かった。

子供の反応が薄いのも納得
手書きの映像は派手さに欠けるし、登場人物も善悪が難しい
全体的にストーリーが難解だし、常識に捕らわれてこそあの破天荒な展開が面白いんだと思う。

妙に明るい日本観とかもトトロっぽいし、子供の頃トトロを観た年代が一番ツボにはまりそう。

ジブリで劇場行ったのは初めてだったけど行って良かったよ
魚でどう展開するの?っておもったけどあんなに話が広がるとは思わなかった。
あらすじとかちっとも知らずに観に行った方が面白いと思う。

次:ウイスキーはお好きでしょ

関連キーワード

[料理]

コメントを投稿する