Windowsのターミナルに最適なフォントを探してみた2

2012/3/19 8397hit

フォント探しの旅はまだまだ続きます。
Winを使うのをやめる日まで。

Ricty


天下のInconsolataに前出のMig系日本語を充てたフォント。
プログラミングフォント1位だけあって綺麗!!

Osaka等幅


MacOS時代のMacシステムフォント。
これはプログラミングフォントじゃないな。

小夏等幅


BeOS用に開発されたらしい。
Osakaと違いが分からん。。。
そしてこれもプログラミングフォントじゃない。

IPAゴシック


綺麗だけど、縦幅がちょっと。。。
でも日本語はすごい綺麗。カタカナの「ウ」をRicyと比較するとよく分かる。

ちなみに今回からMSYSをckw経由で起動しています。
コマンドプロンプト:プロパティのフォント一覧に出てこないフォントがあるため、ckw経由でフォントを適用しています。
http://sourceforge.jp/projects/ckw/
これを使うとGlassUIを使用していなくてもコマンドプロンプトをスケスケにできます。

今はRictyにしています。
"g"の描画が気に入りませんが。

前:Windowsのターミナルに最適なフォントを探してみた 次:Mad用ircクライアントでweechatをスマートに入れるためのたった1行のコマンド

関連キーワード

[Windows][IT]

コメント

名前:名無しさん|投稿日:2013/02/01 09:46

Osaka−等幅と小夏等幅のスクリーンショットにフォントが適用されていないように見えます。
どちらもゼロには棒が入ります。

名前:kensei|投稿日:2013/04/16 23:49

本当ですね。。
ご指摘ありがとうございます!

コメントを投稿する

名前URI
コメント