Python勉強会@福岡

2011/11/16 5265hit
このエントリーをはてなブックマークに追加

に行ってきました。
どこかのTLで見て、弟がPythonで飯食ってることもあって前から気になっていたので。
http://atnd.org/events/21509


読書会形式で進めて行くのですが、最近はこれがお気に入り。
EffectiveJava読書会ではまりました。
福岡で主流のLT+ハンズオンも好きだけど。

主催のgumi@和田さん含め顔見知りが多いかと思いきや、半分は知らない方でした。
世間は狭いようで広い。
沢山のエンジニアと知り合えてよかったです。

会場提供してくださったgumiさん、主催の和田さんありがとうございました。



行くにあたってPythonの環境を構築したのでメモ


バージョンマネージャpythonbrewの使用

Node.jsで言うnvm、Rubyだとrvmにあたる物です。
コマンド一発で使用するPythonのバージョンを帰れます。

仮想環境?の構築

pythonbrewでインストールしたインタプリタ環境を元に、独立したPythonの環境を構築できます。
ライブラリとかも別にできる?
http://d.hatena.ne.jp/pasela/20110704/pythonbrew

ライブラリ管理はeasy_installではなくpipを使う

最近の流行らしいです。なんでかは知らない。
ちなみにライブラリ管理はNode.jsで言うnpm、Rubyだとgemにあたる物です。

Aptanaでdjangoフレームワーク動かす

Eclipseでいいかなと思ったのですが、AptanaにPydev最初から入ってたので。
https://sites.google.com/site/chishikinoyaclldcool/macbook/mac-eclipsede-pydev-wo-shiu



前:Subversionログコンバータを公開しました 次:Redmineにリポジトリ全文検索を組み込む

関連キーワード

[Python][IT]

コメント

名前:kenz|投稿日:2011/11/16 19:13

行く予定だったのに日付間違ってた・・・

名前:kensei|投稿日:2011/11/16 19:29

あららww

名前:kyo|投稿日:2011/11/17 08:50

急遽仕事が炎上して行けなかった・・・

コメントを投稿する