Subversion用Redmineチケット存在チェックAPIをAnonymousにも公開

2010/2/22 8623hit
このエントリーをはてなブックマークに追加

Redmineのセキュリティを上げる為に、プロジェクトの認証必須オプションを設定したら、
リポジトリサーバのフックにも影響してコミットができなくなりました。

取り敢えずissueコントローラにフィルターカットを設定して対応。
LoginPostしてtokenを取得してってのが面倒だったので、、、

skip_before_filter :check_if_login_required, :only => :confirm_repository_path

手抜きだけど、まぁいいか。




前:RedmineとSubversion連携 次:RedmineでイメージNotFound対応

関連キーワード

[Ruby][IT][Redmine]

コメント

名前:kyo|投稿日:2010/03/05 11:02

ケンセー生きてる?

名前:kensei|投稿日:2010/03/09 10:57

生きてるよ♪
休日出勤がちょっと増えてきたぐらい。

コメントを投稿する